2016/07/05 14:10

昨年12月に都内の高校三年生向けに講演をしてくださった方から、メッセージをいただきましたので皆さんと共有させて頂きます。

 

アメリカビバリーヒルズで和食店を経営されている女性実業家の方より

「前回の登壇は、私にとって大変貴重な経験でした。あの頃の生徒は卒業し、今はそれぞれの道を歩んでいますが、今でも何かに迷ったときには、彼らから連絡がきます。

たった1日でも、私の生徒であり、私はいつまでも彼らの先生でいられるように、日々経験と学習を積み重ねて生きていきたいと思います。ありがとうございました。

 

たった数十分のかかわりでも、その後に繋がる人間関係ができるのだということを、この方は証明してくださりました。

この活動を支えていただきたく、あと数日ですが最後までご支援よろしくお願いいたします。

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?