大阪府貝塚市を拠点に活動している有限会社ユースの植田由貴子です。
ものづくり企業の商品企画から販促までのブランディングデザインを中心に活動しています。

製造業の家庭に育ち、家の横には両親が経営する工場があって、朝から夜遅くまで機械の音がしている、そんな環境で育ちました。

私自身は、好きだったデザインの道に進み、企画会社勤務、アメリカでの勤務経験を経て29歳で独立起業しました。独立後しばらくして、製造業の方と仕事をすることになったのを機に自分のルーツを見つめ直し製造業に興味を持ち始め、現在に至ります。

2024年に入り、海外での経験やものづくり企業に関わってきたこれまでの経験を活かし、ものづくり企業の自社商品・海外展開へのチャレンジをサポートする「キラリスペクト・プロジェクト」を立ちげました。

自社の商品、サービスを海外に発信したい!海外のニーズを知りたい!そう思っていても、行動を始めなければ実現できません。当プロジェクトは、

①海外展開に必要な知識・情報・ノウハウの「学び」
②相談・想いを共有できる異業種の「仲間づくり」
③得た知識・情報・ノウハウを実際に外国人を対象とした「販売イベントで実践」

という3つの要素を取り入れたプログラムです。このプロジェクトをきっかけに異文化のニーズを知り、商品のマーケティング、海外展開への感触を掴んで頂きたいと思っています。

海外展開によって、日本だけでは得られないノウハウや経験を得る
海外での市場規模の大きさや日本とは違う価値観は、新たな発見と本当の自社商品の価値を見極めるのに大いに役立ちます。
また、海外展開によって得られる様々な経験値は、自社の可能性をどんどん広げてくれるでしょう。その他にも海外に向けて販売する事で、企業または自社商品のブランドイメージが向上する相乗効果も生まれます。


「キラリ」と「リスペクト」という二つの言葉で成り立っています。「リスペクト」の語源は、re(再び)spect(見る)=見つめ直す、これまでの視点とは別の視点で見る という意味があります。私たちは「本来その人やモノが持っているキラリと光るものを見直し輝かせる」をコンセプトに、企業・商品の個性、魅力を引き出し伝えたい、そんな想いをこめています。


このコンセプトに賛同してくれた、ものづくり・海外事業に精通する各専門分野の仲間と7名のチームで活動しています。

私たちの活動のモットーは「お互いに尊重しあうこと=リスペクト」としています。自社で経験したことを、これからチャレンジする方々のために役立てていきたい。その想いに賛同した各分野のプロフェッショナルがチーム一丸となって、ものづくり企業をサポートします。

●セミナー、ワークショップの開催

これから自社商品開発を始める方へ向けてのワークショップや海外展開に必要な知識・情報・ノウハウを共有するセミナーの開催をしています。


●チームメンバーによる各種コンサルティング

商品開発や、海外展開における、資金調達・チームづくり・語学・海外輸出・法律・製造技術・ブランディング、のコンサルティングをおこなっています。


●交流イベントの開催

相談・想いを共有できる異業種の「仲間づくり」を目的とし、参加企業工場見学や商品プレゼン大会、懇親会などを開催しています。


●外国人を対象とした販売イベントの企画・運営

プロジェクトで得た知識、情報、ノウハウを実践する場として、外国人を対象とした販売イベント「ワザあり工場プレミアム市-キラリスペクト・スタイル-」を開催。異文化のニーズを知るマーケティングの機会を作ります。


海外でチャレンジしたい、とはいえチャレンジの「場」が必要です。私たちは海外展開を試みる企業のチャレンジ拠点、または日本に関心を持つ現地人が日本のカルチャーに触れられる場所として商品販売、イベント開催、日本のものづくり体験ができる「CHALLENGE FACTORY」を5か年計画で、2028年にオープンすることを目標に現在活動しています。

まずは第一弾として、自社の商品を海外に発信したい、海外のニーズを知りたい、そんな企業を対象にしたインバウンド向けの販売イベントを2025年に開催予定、現在企画中です。

販売イベントでは、実際に販売していただきますので、外国人のお客様と直接コミュニケーションを取ることができ、反応を知ることができます。

このプログラムをきっかけに異文化のニーズを知り、商品のマーケティング、海外展開への感触を掴んでいただきたいです。


まずは多くの方に私たちの活動を知って頂き、自社商品開発にチャレンジしたい、海外で展開したい企業様のお役に立ちたいです。

そして、活動に共感して頂ける方、コラボレーション・ご協力いただける個人事業者の方々と出会いたい。同じ志をもち、尊重し合い、夢を実現できるコミュニティを作っていきたいです。そのために必要な活動資金や、プラットフォームの整備ができるよう、どうぞ応援よろしくお願いいたします!


そもそも、なぜニューヨークなのか?

私は、会社員時代デザイナーをしていました 。独立後、フリーランスで活動していましたが、自分の力を試すべくニューヨークの作品展に出展しました。

初めて経験する海外の作品展で自分の作品が売れたんです。

それまで、会社の業務上でのデザインしかしたことがなく、初めて自分の作品というものを作り、それが売れたという経験。何者でもない自分のアイデンティティが海を超えて認められたという、味わったことのない喜びを感じました。


なぜなら日本の場合、クリエイターやアーティストの地位は、過去にどんな実績があるか、どんな企業と仕事をしたかなどの「功績」によって評価される傾向にあり、実績の少ない無名のクリエイターやアーティストの価値は認められにくい、そういう傾向にあると感じていたからです。

しかし、ニューヨークではどこのアートギャラリーも気軽に入ることができ、街のいたるところにもアートが存在し、日常的にアートを楽しむ文化が確立されていると感じました。実績に関わらず、ただ目の前の作品を評価する。良いものは良いと認める土壌があるのだと思ったのです。

怖気付くことなく、堂々と自信をもって、自分のアイデンティティを表現すれば、確実にチャンスは広がる。「この街で何かを成し得たい!」その想いで基盤を固めるべくフリーランスから法人化、デザイン会社としてスタートしました。


自社のアイデンティティを表現できるもの
自社商品・アクセサリーブランド「Kilarespect キラリスペクト」を開発、販売

ニューヨークで何かを展開していくために、自社商品を作りたいと考えていました。そんな時、仕事で訪れたとある工場で端材が目に留まりました。工場では不要なものとされていますが素人の私たちには、とてもユニークなものに見えました。

工場にあった端材


そこで、ニューヨークでの光景が蘇りました。築100年以上経つビルがおしゃれなアートスタジオに、衰退した工業地帯がショッピングスポットに。

私たちの掲げるコンセプト「本来その人やモノが持っているキラリと光るものを見直し輝かせる」はこの時に生まれ、工場の端材の個性を活かしたアクセサリーとして企画・生産・販売までを自社で行いました。


念願のニューヨーク・ソーホーにあるセレクトショップにて委託販売スタート

「ニューヨークで何かを成し得たい」そんな想いで起業し、走り続け、ご縁あってニューヨークでの販売が決定。

しかし、何の知識も経験もない私たちは、輸出、商標、関税など・・様々な問題にぶち当たります。そんな時に、手を差し伸べて下さった周囲の方々。皆さんの応援、サポートがあったからこそ実現できました。


3年間の取引を続けるが、コロナで街がロックダウン
商品はすべて撤退したが、次なる目標へ

自社で商品開発~販売を経験したことで、実際にものづくりをしている企業が抱えている悩み、課題を自らの肌で感じました。次の目標を考えた時、まずは自社の強みである企画力、デザイン力を活かして皆さんのお役に立てることから始めようということで立ち上げたのが「キラリスペクト・プロジェクト」です。

自社で経験した海外展開における様々な問題や、大変だったことを、これから海外にチャレンジしたい人や企業と共有し、海外ビジネスを起こしたい。


そのために、ニューヨークに拠点を作ろう!そう考えたのです。


自社商品開発は、企業が抱える課題解決と可能性を広げ、未来を創る

弊社ではこれまでに100社近くのものづくり企業を取材し、プロモーションに関わってきました。そんな中で「自社商品」の展開をしたいと相談される企業が多くいます。

その理由として、物資の高騰や価格競争、業界の衰退による新たな収益源の開拓、そして別分野へ展開することで本業(既存事業)への相乗効果を得たいという想いがあるからです。

私たちが経験した「自社商品」へのチャレンジは、本業に良い影響を及ぼしました。今まではクライアント向けの制作物であったため、容易に外部に見せることが出来ませんでした。しかし、自社商品であればオープンにできるので、自社の技術やサービスの説明がしやすくなり、発想力・企画力を理解してもらえる機会にもつながりました。

また、実際にエンドユーザーとコミュニケーションを取ることによって、市場をより理解することができたこと、直接感謝の気持ちを受け取ることができたことが、社内のモチベーションとなり、大きな変化を与えました。

商品撮影時にモデルを担当してくださったYumiさん(右)と、ヘアメイクアーティスト・株式会社ailes代表丸本真由美さん(中央)



Made in Japanではない、
自社ならではの独自性で世界へ発信

SNSが発展し、今や容易に海外とアクセスできるようになりました。だからこそ、Made in Japanではない自社ならではの強みを活かしたアイデア、技術、感性を集約した独自性ある自社の商品を、海外展開しませんか?言葉や説明がなくても、良いものは良いと認める真の評価を得ることが、自社の自信となり、働く仲間のモチベーションとなり必ず未来は拓ける。私たちは、そのきっかけづくりという役割で皆さんと一緒にチャレンジしたいと考えています。




<2024年>
●7月8日 クラウドファンディング開始
●8月11日 クラウドファンディング終了
●9月上旬よりリターン準備、発送開始


<2025年>
●インバウンド向け販売イベント開催予定


<2026年>
●2026年 1月 ニューヨーク POP-UPイベント 参加企業募集開始
●2026年 9月 ニューヨーク POP-UPイベント開催 


●WEBサイト制作費         約50万円
●広報費             約50万円
●ニューヨーク現地リサーチ渡航費 約50万円

当プロジェクトは、自己資金、コンサルティングなどの事業収入で運営しております。
ご支援いただいた資金は、運営費の一部に充てさせて頂き大切に使わせて頂きます。


応援メッセージをいただきました!

ここまでご覧になっていただき、ありがとうございます。

「チャレンジによって自信が生まれ、輝きを増す」

チャレンジは人を輝かせます。自社のありのままの価値、自社ならではの独自性に自信を持って発信していただきたい。そうすれば、必ず世界が広がることを伝えたいです。私たちのチャレンジが企業・個人問わず、どなたかの一歩踏み出すきっかけになることを願います。

2024年に立ち上がったこのプロジェクトでは、国内で年に一度インバウンドむけの販売イベントを実施していきます。そして、2026年にはニューヨークでのPOP-UPイベントを計画しています。参加企業のサポートと並行して、ニューヨークでの基盤を作っていきます。

ニューヨークにCHALLENGE FACTORYをつくる!

私たちの夢に共感し、コラボレーション・ご協力いただける個人、事業者の方を募集しています。どうかお力添えをお願いします。今後とも、応援&ご注目よろしくお願いいたします!!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2024/07/18 11:31

    皆様こんにちは!キラリスペクト・プロジェクトの植田由貴子です。クラファンチャレンジスタートから11日目です。今日も、ご支援・応援ありがとうございます!達成率70%となりました!目標金額まであと少し。本当にありがとうございます。めちゃくちゃ励みになります!!!このクラファンチャレンジを通して思う...

  • 2024/07/17 10:25

    皆様こんにちは!キラリスペクト・プロジェクトの植田由貴子です。クラファンチャレンジスタートから10日目です。今日も、ご支援・応援ありがとうございます!\リターンを追加しました!/「目標達成に導くための5W2H Tシャツ」笑!と、、、、その前に。まさかの誤字発見。やらかしてしまいました。リターン...

  • 2024/07/16 14:37

    皆様こんにちは!キラリスペクト・プロジェクトの植田由貴子です。クラファンチャレンジスタートから9日目。1週間を過ぎ、現在達成率47%。ご支援・応援いただいております皆様本当にありがとうございます。この1週間、これまでやってきたことを振り返りながら、日頃から関わって下さっている皆様への感謝の気持...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください