2018/07/08 01:29

6日深夜、喜界高校野球部が3年生最後の大会となる「全国高校野球選手権鹿児島大会」にむけ喜界島を出発しました!

竹下耕大キャプテンは「監督・部長を含めた17人全員が気持ちを一つにして、一戦必勝で戦ってきたいと思います!」と話しました。

深夜にも関わらず、保護者をはじめ同級生や先生なども港まで来て、選手一人一人をハイタッチで送り出しました!

船が離れる際には、選手による伝統の「お母さんコール」も披露されました!

※「お母さんコール」とは、今から30年ほど前に、当時の監督である久保正樹氏が、大人しくのんびりした島の子どもたちの度胸を鍛え、自分の意思表示をさせたいという思いから、「一番できそうにないこと(人前で言いにくいこと)を」と考えて発案されたものです。現在はそこに「育ててくれた人への感謝を忘れずに」という意味も加わり、遠征の出発時や試合前などに披露されます。

 

選手たちは12時間かけて、鹿児島へ向かいます。

喜界高校の試合は順調にいけば、大会4日目の10日(火)の第3試合で武岡台高校との試合です!皆さんの声援を宜しくお願いします!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?