2018/07/28 10:47

荒れ狂う大波を怒涛というらしい。

そして僕は、また僕の生活は、今大波に飲み込まれ激しく堤防に打ち付けられている。


先日、事務所で温めたうどんを醤油やめんつゆなどで味付けしてフライパンで焼いたもの(焼きうどん)を口にした瞬間、こんな旨いものがあるのかと感動した。うどんよりそば派だった僕の価値観は完全に覆った。

一度ハマったらずっと続く性分なので、それ以来事務所でも家に帰ってもほぼ毎日うどんを食べている。
野菜や肉を買うお金はあんまり持っていないけど、時にマヨネーズを足したり豆板醤を入れたりして自由にカスタマイズしている。


ともあれ、うどんに日々支えられながらHANALETTERのローンチに向けて毎日元気に頑張っています。


クラファン公開してから約3週間。まるで怒涛の日々が続いてます。
メンバー4人で何度も話し合い企画もどんどん研ぎ澄まされ、仕入準備やECサイトの構築、売り出し方の構想を練ったりとクラファン にチャレンジする中で様々な課題や改善点に気付くことができています。

それら1つひとつにメンバー4人で真摯に向き合い、「HANALETTERとは?」「WARPLOOPとして世に何を提供できるか?」など根底に何度も思考を戻しながらも、より良いサービス展開に向けて全力で走っています。

「HANALETTERというサービスを皆さんに届けたい」

その一心で、一歩ずつ僕らは成長し、WARPLOOPのアツイ想いをHANALETTERに乗せて1人でも多くの方に伝えられたらと思います。

怒涛のような日々でもたとえ堤防にいても、今がこれまでの人生で1番楽しいです。

今ほど、具のないうどんに心の底から感謝したことはないですし、空を見上げて今日1日に感謝する習慣もなかったと思います。
当たり前のことに本気で感謝できるくらい自分の中で幸せの感度が高まっている気がします。

それはきっと、WARPLOOPという組織が笑顔と感動に包まれているからだと思います。メンバー4人で沢山の時間を共有し、笑い合い助け合いの日々を過ごしています。

今日が本気でハッピーならきっと明日はもっとハッピーになります。
その気持ちを忘れずに目の前のことを1つずつこなしていけば、やがて潮の流れが変わり気付いたら堤防から僕は沖に出ているんだと思います。笑

堤防にいる今も幸せですが沖に出たらもっとハッピーな自分がいる、そう信じ切って不安や恐れを蹴散らし邁進し続けます!!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?