福島発!地域の食と職に出逢うローカルスナ ック『SHOKU SHOKU』をつくる!

プロジェクト代表の小笠原です。

クラウドファンディング、残り8時間程度を残して100%達成しました。皆様、本当にご協力ありがとうございます。

クラウドファンディングを終えても、そこからが本当のスタート。これからどんな毎日が始まるか、ワクワクドキドキします。。。

まだ、終了まで時間あるので、最後にもう一度だけ、協力のお願いをさせてください。

チルチルとミチルが主人公の『青い鳥』というフランス童話があります。

2人兄妹のチルチルとミチルが、夢の中で過去や未来の国に幸福の象徴である青い鳥を探しに行くが、結局のところそれは自分達に最も手近なところにある、鳥籠の中にあったという物語として有名です。(原作では最後に違う展開の結末があるのですが、それはここでは省略します)

幸せ、は遠いどこかではなく、自分の身の回りにこそ存在する。それを見ることができるかできないかが重要であることのメタファーとして良く用いられる話です。

幸せの種は、遠い地域だけはなく、意外と自分の住む地域に眠っている。それを見えやすくする、感じやすくするための装置が、ローカルスナック SHOKU SHOKUです。

プレオープンイベントを何回かやっている中で、遊びに来てくれた20代後半のお客様が、こんなことを言ってくれました。

「自分、本当は福島ってつまんないなって思ってて、もうこんな場所から出ちゃおうと思っていたんですけど。ここに来て、福島ってけっこう面白いじゃんって思って。自分が見ようとしてなかっただけなんだなって、もうちょっと良く見てみようって思いました」

この感想は最高に嬉しかったです。

私たちはワガママなので、安定している日々を求めるけど、それだけじゃつまらないから、違う世界の人と会いたいし、食べたことないものを食べたいし、旅もしたいし、刺激を受けて生きたいという気持ちを、誰もが持っていると思います。

その時に、遠くに目を向けるのも悪いことではないと思うし、東京からエイヤと旅をしてきたから、私も今、福島に住んでいるわけなのですが、それでも、やっぱり、どこにいても、幸せの種は日常や自分の身の回りに転がっているのだと思います。

あくまでも種だから、うまく育てないと、伸びないこともあるし、環境が合う合わないもあると思うんですけど。

ここではない遠いどこかではなく、今いる場所に幸せを感じることは、多くの人にとってたいせつだと思うから、それを感じやすくするために、これからSHOKU SHOKU FUKUSHIMAをがんばろうと思います。(f lifeという会社の事業すべて、それを根底で考えているのですが)

まずは、最初の店舗でお客様に最大限、楽しんでいただくことしか今は具体的に考えられていないですが、本当にうまくいったら、各地にローカルスナックを増やしていけたらと思います。それは、すべてを自社でやるのではなく、理念に共感してくれた人にノウハウを提供する形で。

それでは皆様、残り8時間となりましたが、地域に暮らす人々の幸福度を上げるためのこのプロジェクト、共感いただけましたら、ぜひご参加を、既に参加いただいている皆様は、SNSのシェアなど、ご協力をお願いいたします。

コメント