Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

子育てをもっと自由に!「本当の頑張らない育児」を文化にしたい Byコノビー

現在の支援総額
1,251,000円
パトロン数
232人
募集終了まで残り
終了

現在125%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2018-05-30に募集を開始し、232人の支援により1,251,000円の資金を集め、2018-07-02に募集を終了しました

【ネクストゴール120万円挑戦中!!】「本当の頑張らない育児」をテーマに、子育てや夫婦のパートナーシップについて実際に話したり、振り返ったり、考えてみるという具体的なキッカケをつくるために、都内3ヶ所で"本当の頑張らない育児”のイベントを開催する取り組みを支援してくださる仲間を募集します!

子どもを怒ってしまった後に、すぐ「怒りすぎてごめん」と謝るのはダメですか?

今日のトップ画像、やまもとさんの「ガチなやつ持ってきました!」が、トークショー当日ほんとこんな感じだったなぁ~と当日の雰囲気を思い出しました。

こんにちは。コノビー編集部のみたむらです。

今日は昨日に続き、やまもとりえさんと大豆生田先生のトークショー後半に行われた「子育て相談」についてのレポートをご紹介します!

 

①やまもとりえさん▶大豆生田先生への相談
子どもを怒ってしまった後に、すぐ「怒りすぎてごめん」と謝るのはダメですか?

②会場のみなさん▶やまもとりえさん、大豆生田先生への相談
お友だちの「貸して」に「イヤ」と言えることも大事にしたい。

 

やまもとさんからのガチ子育て相談、1つ目の相談は長男ヒヨくんについて。

大豆生田先生の「なるほど!」な回答も、ぜひ読んでみてください^^

 

===

★「場面転換が苦手」な長男

やまもとさん(以下:やまもと):もう今日はこれの為に来たぐらいなので(笑)、本当に嬉しいです。リアルすくすく子育て!

大豆生田先生(以下:大豆生田):何の相談をされるのか予習してきていないので、もしきちんとお答えできなかったらごめんなさい。


やまもと:早速なんですけど…いいですか?


大豆生田:はい、どうぞ。


やまもと:長男が「場面転換が苦手」なんです。


大豆生田:息子さん、おいくつなんでしたっけ?


やまもと:この前、4歳になりました。

たとえば「お出かけするよ」って伝えると、出かけるまでは「やったやったー!外行きたーい!!」って喜ぶんですけど、ドアを開けた瞬間に「イヤだ」って言い始めて、もう全然動かないってことがよくあるんです。

保育園でも、「プールプール」って楽しみにしてたのに、さあ入るよ、いざっていう時になると、「もう入らない」って言いだしたりするらしくって。

場面が変わる時や新しい事をする時とかに、石のように動かなくなっちゃうんですよね。

それが性格なのか、それとも今の年齢によるものなのか、知りたいです。


大豆生田:今まではどうでした?

やまもと:うーん、今まではそんなになかったんですよ。

イヤイヤ期の時はそういうのも結構あったかなとは思うんですけど、その後めっちゃくちゃいい子になって。

でもそうだなあ、弟が生まれて、引っ越して保育園に入って…って、急にバタバタバタっと環境変わってから、もうなんかちょっと場面が変わるってなると、「ヤダ」って言いはじめるようになりました。

あ、それ?もしかして理由それですかね(笑)?


大豆生田:うんうん。場面が変わることの例で、僕はよく「ディズニーランド」の話をするんですけどね。

ああいうテーマパークって、行くまでは夢の国ですごくワクワクするけど、行ったらこーんな頭のでかいのがドーンと出てくるわけですよね。


やまもと:あははは、はい。頭でかいの(笑)。


大豆生田:ちょっと表現が悪かったらごめんなさいなんですけど、これはいろんな子達によくある話なんですよ。それ見ると、もう入り口で固まっちゃう。

あんなに楽しみにして、親も一緒になって「今日すごく楽しみだねー」って言っていたのに、あのでっかいのがドンと現れた瞬間、固まって動けなくなる子ってたくさんいます。

大豆生田:その時、子どもたちに何が起きているかというと、それまで思い描いていた事と、実際に目の前で起こっている事のギャップがすごく大きい状態にいるんですよね。


やまもと:あー、それすごく分かります!脳内で考えている事と、実際に起こる事にギャップがあると、泣き出したりします。


大豆生田:うんうん。


やまもと:誕生日の時も、イチゴのショートケーキが出ると思ってたのにチョコだったりしたら、「あああーーー、違うー」ってなっていました。


大豆生田:そういう違いを受け入れるのが比較的スムーズな子と、感受性が豊かでデリケートな子と、やっぱりタイプでいうとあるんだろうと、私は思っています。


やまもと:デリケートですね、じゃあうちの長男は。


大豆生田:デリケートなお子さんは、いろんなところで一回立ち止まっちゃうことが多い。

だから気持ちとしては自分でも、「ああ、行きたい」って気持ちももちろんあったかもしれないし、場合によっては、「ママが行って欲しいって思ってそう」と期待に応えて一歩を踏み出してるかもしれないんだけど、実際にそれを目の前にしちゃうと、びっくりしたり、不安になってしまったりする。

さっきはディズニーランドのキャラクターの話をしたけど、それ以外にもああいう場に行った時に、「人の混雑さ」に立ち止まる子たちもいます。

近所の公園に行った時にも、あんなに楽しんで今日ブランコやるのって言ったじゃんっていう子が、他の子どもたちを見た瞬間に、はたと固まることがあるんですよね。

多分いろんなイメージが浮かぶんでしょうね。僕が乗ってるブランコ取られちゃうんじゃないかとか。

やまもと:なるほど。それは直さなくてもいいものですか?


大豆生田:感受性の豊かさなので、直すものではないですよね。

子どもも大人もそうなんだけど、一人ひとりいろんな特徴ってあると思います。その特徴が強いがゆえに、生きにくさを感じる子もいます、もちろん。

そういう時に、どう乗り越えていくかっていうのはその子自身が自分なりのやり方で見つけていくので、無理やり越えさせるものではない、と思いますよ。


やまもと:そうですね、たしかに。

実は、私と長男は性格が似てるんです。私も新しい環境とか場所に慣れるのに、すごく時間かかってしまうタイプで。それこそ、3年くらい(笑)。

なので、中学とか高校は卒業する頃にようやく慣れるって感じだったので、本当に楽しくなくて。もう常に暗い感じだったのが、30過ぎてからようやく人生が楽しくなってきたんです。

大豆生田:そうだったんですね。


やまもと:だから、息子も辛い思いをしたら…と心配になることもあるのですが、私よりか息子は早いかもしれない。保育園に慣れるのに3ヶ月だったので(笑)。


大豆生田:親をやってるとやっぱりね、「今のこの状態この後も辛いままなんじゃないか」って心配になることっていっぱいあると思うんですけど、それ位の感じで受けとめるのがいいかもしれないですね。

 

★終わりを想像して、泣いてしまう

やまもと:あと、今回せっかく東京に来たので、それこそ「ディズニーランドに行こう!」ってすごく楽しみにしてたのに、入ってすぐ「帰りたくない」って泣き出すということがあったんです。

こっちからしたら、「まだ入ったばっかだよー」と思っちゃって。


大豆生田:へえー!やっぱり、息子さんはイマジネーションが豊かなのね。


やまもと:そうですね、そう受け止めます。イマジネーションって言います、これから。

大豆生田:うん、そうですよ。「なんでそう思った?」って僕、息子さんにインタビューしたいくらいです。

何が頭の中で起こってんのかっていうのが、気になりますね。


やまもと:あー、そっかー、そう聞いてあげれば良かった。

これも私と似てるんです。私の場合は、恋愛がちょっとそうで、あのー、付き合ったばっかりの時に。


大豆生田:終わっちゃうんじゃないかって?


やまもと:そう。付き合いはじめが、一番ウキウキするはずなのに、一番悲しくて(笑)。

数ヶ月してからようやく慣れてきて、普通に話ができるって感じでした。

大豆生田:なるほど。だからやまもとさん、こんないい漫画作れるんですねえ。


やまもと:ええ、そんな。ありがとうございます。


大豆生田:そのイマジネーションがあるから、こんな物語が描けるんですよ。やまもとさんも息子さんも感じ方がすごくユニークなんだと思うんですよね。素敵。


やまもと:ありがとうございます。大豆生田先生、すっごい褒め上手。


大豆生田:褒め上手っていうか、いろんな子どもさんと会っていると、一人ひとりのユニークさに「なるほどねえー、すごい!面白いわー!」ってなるんですよ。

まあ、人の子どもだからそう言えているのかも知れませんけどね。


やまもと:でもそういう風に捉えると、すごく面白いエピソードな気がしてきました。

 

★怒った後にすぐ謝るのはダメ?

やまもと:もう一つは、私自身の事なんですけど。

寝不足や疲れてる日は、感情のコントロールがうまくできなくて、そんなに怒る場面じゃないのに、カッとなって怒ってしまうことがあるんです。

そういう時に、あ、怒りすぎたなと思って「ごめん、さっきは怒りすぎたわ」ってすぐに謝るんですけど、うちの父からは「それはやめとけ」って言われるんですよ。


大豆生田:なんででしょうか?


やまもと:その、親の威厳がなくなるし、子どもも怒った人が急に謝ると、びっくりするから良くないって。やめた方がいいんですかね?

===

大豆生田先生の回答は、こちらからどうぞ!