2018/11/29 15:01

1回生の田中さくらです。

わたしはこの夏初めてカンボジアへ行きました。

まず到着したのはプノンペンで、凄まじい量のバイクや車トゥクトゥクが走っており、勢いに圧倒されました。ご飯もとても美味しく、イオンや日本のチェーン店すらあるプノンペンに驚きを隠せませんでした。

しかし、支援先のイロハスクールはストゥントレンにありプノンペンとは全く違う暮らしをしていました。道路は整備されていなく、スコール直後に行くとバスで通ることができないほど地面がデコボコの状態でした。

旅行などで行く観光地は発達しているかもしれませんが、違う州に行くだけで文化が異なります。


私がなぜIROHAとして教育支援するかというと、純粋な子供たちの笑顔が見たいからです。言葉の壁は大きいですが、イロハスクールに着くと走って迎えにきてくれる子供たちがほんとーーーっに大好きで。

その子たちにもっと笑顔になってほしいという気持ちで活動しています。


大学生では経済的にも出来ることは少ないですが、大学生にしかできないことがたくさんあります。沢山の人にカンボジアの現状を知ってもらい、一緒に支援してもらうというのが今の私の夢です。

どうかご協力、応援お願いします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?