私がこの本と出会ったのは2014年のことです。ある出版社の編集さんから、スウェーデンになにか翻訳出版に良いビジネス書を紹介してほしいと依頼され、見つけたのがこの『北欧の奇跡 H&M(仮題)』でした。

簡単に紹介させていただき、翻訳出版が決まりました。元々は2000年までの書いた本でしたが、作家のペットションさんが特別に2014年までのH&Mの歩みを新章として、追加で書いてくださいました。ところがあまりにもこの本の文章が複雑であること、そしてやはりかなりのボリュームであることなどから、翻訳に想像以上に時間がかかってしまいました。そのほかにも様々な要因が重なって、その出版の話が中止になってしまいました。

私ががっくりと落ち込んでいるところに、編集主幹の中村がなんとかもっと文章を直し、出版できるようにしようと言ってくれました。

スウェーデン側の出版社の社長にも版権の件を相談して、スウェーデンにも訪れて作家のブー・ペットションさんとも話をし、日本で私達が個人でE-bookで出版する許可を得ました。

それから何度も編集主幹と私とで文章を読み直し、訂正をしています。皆様のご興味を持っていただけて、この本を読みたいと思っていただけたら本当に嬉しく思います。

なにかご意見や質問をお持ちの時には、ぜひともメッセージをください。お答えしたく存じます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

翻訳者 今井冬美

 

コメント