Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

子どもがつくる仮想都市ぎふマーブルタウンと子どもの成長を見守る応援者を大募集!

パトロン数
2人

このプロジェクトは、ファンクラブ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

1日に740人の子どもが参加!子どもが働いて給料を稼ぎ税金を払ったり、選挙や起業に挑む!失敗と挑戦を重ねながらも「こどものまち」を運営・発展させていく子ども達の主体性・協調性・創造性を育みます。社会を変えたり、新しいものを生み出す“次世代のエジソン”の誕生を、私たちと一緒に見守りませんか?

埋め込み

埋め込みコード

下記のコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログで表示したい箇所のHTMLにペーストしてください。左のようなボックスタイプのプロジェクト概要が表示可能です。

ぎふマーブルタウン2019春&子育てカフェ開催御礼!

【ぎふマーブルタウン2019春&子育てカフェ開催御礼!!】
&【メディア掲載情報】
&【次回は6月2日です!】

皆さまこんにちは!
住田です。

またパトロン様向けの詳細なイベント報告は追々しますが、まずは軽くご報告です。

【ぎふマーブルタウン2019春&子育てカフェ開催御礼!!】
先週17日、ぎふマーブルタウン2019春と子育てカフェを開催いたしました!

737名の小学生と77名のボランティアさん、そしてガイドツアーや視察へはなんと100名もの方々がお越しくださいました!ฅ(*°ㅁ°*ฅ)
ボランティアさんも北海道や茨城に東京、大阪や広島と様々な地域から申し込みがあり感激でした!

子育てカフェは前回のおよそ倍となる20名以上もの講師さんが、保護者の方々のために集結してくださいました(*´∀`*)

僕は取材対応などで子育てカフェの様子はなかなか見ることができなかったのですが、岐阜市咲楽さんの取材に付いて会場を見た際はとても賑わっていて良かったです!

ぎふマーブルでは今回、特に驚いたのが出店と国王選挙。

出店ではなんと作った商品をカート(台車?)に乗せて押している子がおり、どれぐらいの時間をかけて商品開発をしたの?と聞くと「前回が終わってすぐに準備を始めたから、半年ぐらい!」とのこと。

今までもキャリーケースを引いてくる子はたまにいたのですが、子どものお店もどんどん進化していて今後が楽しみです!

選挙では今回、進行役の子が選挙の始めに給料と税金の関係や税金の役割、そしてその税金の使い道を決めるのが国王だよということを説明してくれました。

給料から引かれている税金や国王という存在、そしてその国王を選ぶことの意義がきちんと説明されたのは実は初めて。
説明してくれたその子にとっても、選挙に参加した子達にとっても実りになったのではないかなと感じています。

そしてその選挙で選ばれた今回の国王、演説のときに(細かい言い回しは覚えてないですが)「売り手が多くてあまり買われてない子もいる。経済が回れば国が成り立つから、がんばってるけど売れてない子のお店を税金で支援したい」と言っていて衝撃でした。

本人に学年を聞いてみたらまだ小学3年生とのこと。
国の成り立ちを考える小学3年生、、すごすぎる、、!

回を重ねるにつれてどんどん子どもたちが進化していっているなぁと毎回感じますが、「ここまで来たか」と衝撃を覚えた1日でした。

子どもたちの成長をもっと引き出していけるよう、今後もがんばってまいります!

【メディア掲載情報】
すでに放送が終了してしまったのですが、当日17日の夜に岐阜放送(ぎふチャン)さんがStation!というテレビ番組で取り上げてくださいました!

また、18日に中日新聞さんが新聞へ掲載くださいました。
こちらのネット記事でもご覧いただけます!
https://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190318/CK2019031802000023.html

4月5日に発行される情報誌「岐阜市咲楽」5月号の「Go!Go!ぎふしチルドレン」という企画でぎふマーブルタウン&子育てカフェが掲載予定です!
岐阜市の方々、ぜひご覧いただけますと嬉しいです!

【次回は6月2日です!】
準備期間が2ヶ月ちょいと短めですが、がんばります!

下記フォームにて当日ボランティアさんを募集しておりますので、興味のある方はぜひご参加いただけますと嬉しいです。
https://forms.gle/jDRjL5DQz6LvbfNK8

ではでは。
今後とも応援よろしくお願いいたします!

住田

2018年12月ミーティング:新コアスタッフさん加入!&新職業の決定(パトロン限定公開)

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

11月ミーティング:社名案と新職業(パトロン限定公開)

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

非営利型一般社団法人Nancyを設立いたしました!

みなさまこんばんは!
住田です。

ご報告が遅れましてすみません。
年末からパトロン様が少しずつ名乗りを上げてくださり、大変感謝しております。
本当にありがとうございます!!m(_ _)m

今後はパトロン様への限定公開投稿の割合を増やしていきますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。


さて、本題です。
U29の起業家・スタートアップ支援を行なっているミッドランドインキュベーターズ様より昨年10月にご支援をいただき、任意団体ぎふマーブルタウン実行委員会を非営利型一般社団法人Nancyへと法人化いたしました!

社名の由来は発明王エジソンの母親ナンシー・エジソンのファーストネームより。
 

学校を退学になってもエジソンの才能を信じ抜き、エジソンの疑問を一切否定せず一緒に考えたり実験しながら才能を開花させた母Nancyのように子どもたちの才能を信じ抜き、その可能性に伴走する存在でありたい。

また、エジソンは決して天才ではない。電球の実用化では20,000回の失敗をしたと言われているが、それに対してエジソンは「20,000回失敗したのではなく、20,000のデータを取ったのだ」と答えたと言われる。
 

夢や目標を持ちその実現のためなら困難にも立ち向かい、何度でも挑戦して新しいものを生み出していく“次世代のエジソン”を育む存在でありたい。
 

そんな想いを社名に込めています。
 

また「一つひとつ積み重ねていく」という意を込めて、法人設立日(登記申請日)は1月23日を選んでいます。

理事には

独立系ファイナンシャルアドバイザーの谷口達也さん、

オフィスリブラ代表の上松恵子さん、

株式会社カナンコーポレーション取締役の木野村真由美さん、

ドリームシアター岐阜 元館長の桐木博俊さん、

岐阜大学 教授の高木朗義先生、

ぎふNPOセンター理事の野尻智周さん、

NPO法人コラボキャンパス三河ディレクターの三塩菜摘さん。

そして監事に永森真知子税理士事務所の永森真知子先生。

実は全員ぎふマーブルタウンへ一度以上は実際に足を運んでくださったことがありつつ、いつも応援してくださっている方々なのです。

僕自身も心から尊敬している方々と、岐阜の教育を一緒に作り上げていけることを本当に嬉しく心強く感じています。

Webサイト
https://123nancy.wixsite.com/gifu


ここまで来れたのはいつも応援・ご協力くださっている皆様のおかげです。

今後より一層、子どもたちの教育に尽力してまいります。

引き続き、よろしくお願いいたします!

住田涼

非営利型一般社団法人Nancy代表理事