2017/05/09 11:13
廣島一夫さんの作品が海を渡って、ブラジルへ。

ブラジル・サンパウロにこのほどOPENしたJAPANHOUSEの皮切りのイベントに、廣島一夫さ

んの作品が展示されている。

JAPANHOUSEは日本の文化の発信拠点となる常設の施設として、ロンドン、ロサンゼルスにも

建設予定とのことだが、その第一弾がサンパウロでOPENした。開館の式典には日本の政府関係

者はじめ、坂本龍一氏ら文化人も招かれて盛大に執り行われたとのこと。

ブラジルのテレビにも取り上げられて、5月6日から始まった一般公開には100メートルもの長蛇

の列ができたそうだ。

この皮きりのイベントのテーマは、ずばり「竹」

宮崎県立総合博物館から借り出された廣島一夫さんの作品をはじめ、何人かの作家の作品が展示

されている。展示は7月9日まで。

 

一般公開のJapan House紹介のテレビ番組

https://globoplay.globo.com/v/5848596/

 

廣島さんの作品がブラジルでどのように受け止められるか、その反響が楽しみ。

この展示が実現したのは、当ギャラリーの展示でもご尽力いただいた稲垣尚友氏、そして稲垣さ

んのご友人である橋口博幸氏のご尽力の賜物である。

日本国内でも、もっと多くの方に廣島さんの作品を観ていただきたいし、知っていただきたいと

いう思いが募ります。

また、いい報告をさせていただける日が来ますように。

 

 

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?