日本劇作家大会 2019 大分大会』の開催まで残り約1か月となり、大会を少しでも盛り上げようと、本大会に関わる多くの同志が一丸となって取り組んでいるところです。

4日間で全64もの企画がある本大会。引き続き皆で力を合わせて必ず成功させましょう!!

また、ご支援を大募集している本大会のクラウドファンディング企画もいよいよ残り2日となりました!

そこで、日替わりで本大会の中でも特にスタッフオススメの企画をご紹介しているのですが、

活動報告として、おすすめ企画をまとめて大公開していきたいと思います!


●まず第1回に紹介したオススメ企画は、No.2の『レセプション』です。

【日時】1/26(土)18:30~21:30

【場所】トキハ会館5階「ローズの間」

【参加料】2,500円(予約制)

参加劇作家や出演者と、お酒を飲みながら交流しましょう!

創作川柳やクイズ大会、シークレットライブなど企画も盛り沢山。

会いたかったあの人に出会えるかも?

参考画像:『日本劇作家大会2014豊岡大会 レセプション』より 2014年6月14日 於:城崎国際アートセンター ホール


●第2回に紹介したオススメ企画は、No.36の『戯曲ワークショップ拡大版』です。

【日時】1/24(木)19:00~21:45、1/25(金)15:00~18:00、1/26(土)10:00~13:00、

    1/26(土)15:00~18:00、1/27(日)10:00~13:00

【場所】J:COMホルトホール大分 405会議室

【参加料】1コマ500円、5コマ通し2,000円(要予約)

【講師】平田オリザ、マキノノゾミ、横内謙介、鈴木 聡、松田正隆

第一線の劇作家が戯曲執筆の奥義を聞かせます!

未経験の方でも問題ありません。この機会に是非、劇作家の創作の秘密に触れてくだ

さい。

参考画像:劇作家と俳優のための戯曲の読みかたワークショップ「せりふを読んでみよう」より/2018年3月20日 於:芸能花伝舎


●第3回に紹介したオススメ企画は、No.32の『新人戯曲賞公開審査会』です。

【日時】1/26(土)13:00~15:30

【場所】J:COMホルトホール大分 小ホール

劇作家が決める劇作家の賞。白熱する公開審査を大分大会内で開催します。

応募総数238本から受賞作1本が決定! 新しい才能を、今日、世界へ。

審査員:川村 毅 坂手洋二 佃 典彦 土田英生 永井 愛 平田オリザ マキノノ

ゾミ

司会:瀬戸山美咲

参考画像:昨年度の『第23回劇作家協会新人戯曲賞』の審査会より


●第4回に紹介したオススメ企画は、No.58の『劇作家子育てルーム②読み聞かせ大会』です。

【日時】1/26(土)13:30~14:00、14:30~15:00、15:30~16:00

【場所】J:COMホルトホール大分 中央子どもルーム

【参加料】無料(大会参加費1,000円も不要です)


物語づくりのプロである劇作家が選んだ本を、劇作家自らの声で、子供たちに読み聞

かせ。劇作家大会ならではの豪華で楽しい読み聞かせです!

出演:横内謙介 古川 健 泊 篤志 釘本 光 角ひろみ 吉水恭子 他

対象:子どもとその保護者(大人のみでの参加はできません)

参考画像:J:COMホルトホール大分 2F 中央子どもルーム



●第5回に紹介したオススメ企画は、No.51の『スペシャルリーディング』です。

【日時】1/26(土)15:30~17:30

【場所】J:COMホルトホール大分 大ホール

【参加料】大会参加費1,000円で入場可


鶴屋南北戯曲賞受賞作『痕跡(あとあと)』を、豪華なゲスト俳優を迎えてリーディング上演!劇作家大会ならではの組み合わせにご注目下さい。


TVでもおなじみの方が勢ぞろい!お笑いタレントの青木さやかさんや、ウルルン滞在記ナレーターで聴き馴染みの声の下條アトムさん、ようかい体操で社会現象に!高野洸さん、大分県ではおなじみ?豊後髙田市に移住する番組に出演高畑こと美さん、ワンピースルフィ・ドラゴンボールクリリン・忍たま乱太郎きり丸などの声でおなじみの田中真弓さん、クイズ番組やこち亀両さんの声などマルチなラサール石井さんなどなどまだまだ語り足りない錚々たるメンバーでお送りいたします。


作:桑原裕子 演出:中津留章仁

出演:青木さやか 円城寺あや 鍛冶本大樹 小宮孝泰 斉藤とも子 下條アトム 

西山水木 高野 洸 高畑こと美 田中真弓 ドリアン助川 ベンガル ラサール石

井 わかぎゑふ 



●第6回目に紹介したオススメ企画は、No.20の『2.5次元ミュージカルの時代』です。

【日時】1/25(金)17:00~18:30

【場所】J:COMホルトホール大分 3F 大会議室

【参加料】大会参加費1,000円で入場可


マンガやアニメを原作に独自の発展を遂げた2.5次元ミュージカルを発信者たちが語る!

その先駆的な役割を果たしているネルケプランニング代表取締役社長の野上祥子氏、高い評価を集めた舞台『弱虫ペダル』の脚本・演出を手掛けた西田シャトナー氏、人気俳優の高野 洸氏をお迎えし、2.5次元ミュージカルの時代性と未来についてを語り合う、魅惑の90分!


2.5次元とは、テニスの王子様や忍たま乱太郎、セーラームーン、弱虫ペダル、刀剣乱舞、黒子のバスケ、機動戦士ガンダム00、逆転裁判など、漫画やアニメ、ゲームの2次元の世界を、役者や声優が演じることで生まれる空間のこと。近代よくみられる舞台であるが、歴史は意外と古く、1970年代からベルサイユのばらは上演されており、日本が世界に誇れる文化ともいえる。

出演:西田シャトナー 高野 洸(俳優) 野上祥子(ネルケプランニング代表取締役社長)

司会:春陽漁介


●第7回目に紹介したオススメ企画は、No.33の『ボビー中西による俳優ワークショップ』です。

【日時】1/24(木)13:00~17:30、1/25(金)、26(土)、27(日)10:00~14:00

【場所】コンパルホール400

【参加料】 4コマ通し2,000円(※要予約、定員16名)


今、東京で最も人気のあるボビー中西氏による俳優ワークショップが大分に登場。

是非この機会をお見逃しなく!

講師:ボビー中西


●第8回目に紹介するオススメ企画は、No.49の「Whiteプロジェクト―あの日から、明日へ― 『イーハトーヴの雪』『前夜』」です。

【日時】1/24(木)19:00~21:00

【場所】J:COMホルトホール大分 小ホール


「被災地の想いを演劇で世界へ」東日本大震災のあの日と今を演劇で伝え続けるWhiteプロジェクトによる二本立て上演企画。『イーハトーヴの雪』東日本大震災直後、岩手県の遺体安置所で、一人御遺体に話しかける男がいた。番号を付けられ、物のように床に並べられた人間の尊厳を守るために。

『前夜』 震災で婚約者を亡くした濱田博幸と婚約者の妹 櫻田早雪は遺体安置所で一緒に家族を探した。家族を失った悲しみを共有し二人はやがて愛し合うようになった。結婚式前夜、早雪は博幸の部屋を訪ねる、結婚式前夜と震災前夜がクロスオーバーする。

出演:井伏銀太郎 吉田弘希 鈴木 結

アフタートーク:松岡優子 佐藤茂紀


●第9回目に紹介するオススメ企画は、No.35の「ラジオドラマシナリオ講座」です。 

【日時】1/24(木)14:00~17:00、1/25(金)10:30~13:30、26(土)10:00~15:00

【場所】J:COMホルトホール大分 403会議室

【参加料】3コマ通し1,000円(※要予約、定員10名)



多くのラジオドラマを手がける講師が、戯曲との違いを明らかにしながらレクチャー

していきます。

音声だけで描かれるドラマと戯曲の違いは? 最終日には俳優によるリーディング

も!

講師:丸尾聡

リーディング発表出演:西山水木 高畑こと見 竹田まどか 丸尾聡 他

シンポジウム「ラジオドラマシナリオと戯曲」

出演:西山水木 伴 一彦 山田勝仁 

司会:丸尾 聡

コメント