2018/12/11 21:09

 -noteより転載(https://note.mu/ketoka3/n/n76b31f5d999e)-




 『最後の「ことばのこてん」in 名古屋』、無事終わりました。参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。僕たちが伝えたいメッセージや作りたい空気感を感じ取っていただけたなら幸いです。


 これをもって今までの「ことばのこてん」は終わりにします。いわば、シーズン1はおしまいです。2017年の夏に発足してから、今日まで東京、大阪、名古屋にて多くの人に楽しんでいただいた形をここで終わりにすることに、全くためらいが無いわけではありませんが、著作権の問題然り、僕の個人的な思い然り、いろいろと考えた末に出した答えです。これで良いと信じています。


 とはいえ、もしかしたらまた同じ形に行き着くような気がしないでもありません。最初に好きだと思った服を何時間も迷った挙句に買ってしまうことがあるように、僕が最初に着想したあの「冊子」と「音楽」と「偽名」という形にいきつく可能性は否定できないです正直なところ。それでも、もしそうなったら、そうなったでいいと思っています。0度と360度は同じようで違うし、「ことばのこてん」がコマのように1つブレない軸(誤読の自由という哲学)さえもっていれば、たとえ全く同じ形に帰結したとしても、そういうものだと受け入れます。今大事なのは、離れること、壊すこと、終わりにすること。そんな気がしています。そういうわけで、長くなりましたが、今までの形とはお別れです。1年半のご愛好、本当にありがとうございました。


 シーズン2は2019年春を予定しています。再び「誤読」を軸に、全く新しいエンターテイメントを皆様に届けられるよう、これからも誠心誠意、つくりあげていくつもりです。これからもよろしくお願いいたします。



「ことばのこてん」代表、高橋健



※なおクラウドファンディング のリターンである特製冊子の作成が遅れています。それに合わせて発送も後ろ倒しにしました。楽しみにしてくださった方々には申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?