2018/07/28 19:08
高校生の時から、生きる意味を見つけること。

A doc CAMP実行委員の竹田です。
ついにクラウドファンディングも折り返し、残り11日。

キャンプの開催も目前となり、
良い場にすると共に、「その後」の彼らの支援まで、しっかりと作っていけるように準備をしています。早く参加してくれる高校生に会いたい心でいっぱいです!

さて、今回も、現在、A.doc Campに賛同していただいている方々の想いをシリーズで紹介させていただきます。熱い想いを持った様々な団体・個人が一丸となって、今回の挑戦をしております。
ぜひ、共感いただけましたら、ご支援・ご協力のほど、引き続きよろしくお願いいたします!

第4弾は【アイセック・ジャパンの桶田さん!】


↓↓以下桶田さんからのメッセージです↓↓

高校時代。
多くの時間を野球に費やし、引退した3年の夏。
何も熱中するものがなく、なにをやってもつまらなく、毎日が退屈でした。
自分はこのままでいいのか。
大人になったらどんな人間になっているのか。
様々な不安を抱えながらも、いたずらに時間は過ぎていきました。

「何もしない人生なんて、緩やかな死と同じだ」
という言葉がありますが、まさにその通りだと実感しました。

生きる意味を見つけることが、やりたいことを見つけることにほぼ同義だと僕は思います。

僕は、大学生になってからようやく自分が生きる意味を見つけられましたが、もっと早く見つけられていたらどんなに変われていたかということをよく考えます。
高校生の時から、生きる意味を見つけること。
それはとても難しいことですが、このA.doc Campでは可能だと僕は思います。

今僕にできることは、生きる意味を失った若者を撲滅すること。
日本の若者全員が自分のやりたいことに熱中する社会を作れたらどんな世界が待っているか想像してみてください。
一緒にそんな素敵な社会を創りましょう。

『全国の高校生が「やりたいこと」を見つけるためのサマーキャンプとその後を作りたい!』
■Facebook:https://www.facebook.com/a.doccamp/
■HP:http://www.a-doc-camp.com
■クラウドファンディング:https://camp-fire.jp/projects/view/87363
<開始3日で26万円 達成中!>

一人でも多くの力を、
高校生たちの力に変えるために。
皆様のご支援・ご参画、よろしくお願いいたします。
(A.doc Camp 実行委員会一同)

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?