日本ではあまり知られていないけれど、アフリカには本当に美しいものがまだまだたくさんあります。
いよいよあと2週間後にオープンとなるandu ametコンセプトストアでは、エチオピアの自社工房で作ったレザー製品のほかに、アフリカ中を旅する中で見つけたそんなアイテムたちを「Selected by andu amet」としてご紹介していく予定です。

今回はその中から、エチオピアで手織りされているストールをご紹介します。

この美しいストールは、エチオピアで代々伝わる手織りものを現代風にアレンジしたもの。
伝えられる家や地域によって微妙に異なるパターンがほどこされているのが特徴です。

素材は、現地でサバ(絹)とよばれるレーヨンとポリエステルの混紡で、
ハリがあり、立体的で美しいシルエットを作ることができます。












コットンのストールもあります。
肌触りや吸収性を重視される方はこちらがおすすめです。
ふわふわガーゼのような素材で、出産のお祝いにもお選びいただいています。





これらのストールは、実はすべてハンドメイドで作られているんです!


写真はテーブルクロスを織っているいるところですが、ストールもこのように織り機を使って丁寧に手織りされています。
ちなみにエチオピアでは糸を紡ぐのは女性の仕事、はたを織るのは男性の仕事なんですよ。
ちょっとおもしろいですよね。

新しくオープンするコンセプトストアではこんなふうに、エチオピアやアフリカの国々で作られた、日本ではまだあまり知られていないけど美しい製品を、たくさん紹介していきたいと思っています。
どうぞお楽しみに!

尚、このストールが気になるという方は、9月2日まで実施中のクラウドファンディングからもお求めいただけます。