2018/08/02 21:58

 

どうも、ここのところ友達の優しさで心あったまっているのなとです(*´ω`*)

 

活動報告初回は努力値と成果値について書こうかなと思います٩( 'ω' )و 

人間誰しも一度ぐらいは、お金持ちの人や名声のある人を見て「うらやましいな〜、あんな風になりたいな〜」と思ったことがあると思います。そしてそう思うと同時に強烈な憧れや、はたまた深い嫉妬を抱くこともあったかと思います。ですが人々の注目を集める人々もまた、僕たちと同じように誰かに憧れ、嫉妬していた時期があったと思います(・∀・)そしてそういう時期に絶え間ぬ努力をし、災難にもめげず。諦めたい気持ちをぐっとこらえて突っ走って来たからこそ輝く今を勝ち取っているのだと僕は思います。

ところが人間の視野というのは非常に狭いもので、輝いている人を目の前にするとその輝きしか見ることができず、「自分はあんな風にはなれない」「あの人には特別な才能があった」と決めつけてしまいがちです(・ω・)

しかし先ほども述べたように大成した誰しもに下積み時代があるはずでこの時に何をしていたかを知っているか知らないかでその人の見方も全く違ったものになると思います。僕はサイバーエージェント藤田晋さんの本が好きでよく読むのですが、過去の話を読むとほんとに吐きそうになる状況をいくつも経験されていることがわかります。これを知ることで起業した僕も「この程度でめげてちゃいかんな」と振るい立つことができます。

成果だけに限らず、努力にだって人の心を動かす力があるのだと僕は考えています(・∀・)!J2のサッカーチームに根強いファンがいるのも、結成したての地下アイドルにファンがついているのも努力の上に成り立っている関係なのではないでしょうか。

そこで僕は、成果だけでなく努力も見えるようにすることで生まれるコミュニケーションもいっぱいあるのではないかと思いました。何も藤田晋さんに限らず「今この瞬間」にえげつない努力をしている人は絶対いるはずでこれをパッと見てわかるようにするだけでその人に興味を持つ人も大勢いると思うのです(`・ω・´)

そこで閃いたのが「努力値と成果値」というシステム。

SNSに自分の活動を発信することで文字数や動画の長さに応じて『努力値』が加算され、それを見た第三者がいいねや購入などの行動を起こしてくれれば『成果値』が加算されるという仕組みです。わかりやすく例え話をしようと思いますので下の図をみてみてください!

このように同時期に野球とサッカーを始めたA君とB君がいます。これだけ見るとA君は最初の1ヶ月はめちゃくちゃ頑張るけどその後だんだん練習しなくなっているように見えるのに対し、B君は野球もサッカーのこつこつと練習を続けているように見えます。ここで見方を変えてみましょう。

サッカーの練習時間の代わりに野球のヒット本数を示すグラフを入れてみました。現時点における2人の努力量は変わりません。こうして見るとA君は2ヶ月目からサボり出したわけではなく1ヶ月目に猛練習することでヒットを打つ方法を編み出したと捉えることができるのではないでしょうか(`・ω・´)これがもし練習時間のグラフが見えずヒット本数だけで比較した場合「A君には才能があった」と評価する方も少なくないと思います。このように努力と成果のグラフの関係によってその人の見方が全く異なることがわかります。

これを表現するためにCrowlではパイルという『努力値と成果値を積み重ねていく機能』が実装されています。これをコツコツと積み重ねていくことで、自分の頑張りや成果を人にしっかり見てもらおう٩( 'ω' )و という機能です。

この機能があれば、今話題の前澤剛力カップルが批判の嵐にさらされることもなかったかもしません。むしろ応援してくれる人が増えるのではないかと思うのです。なぜなら、前澤さんが積み重ねてきた莫大な努力の上に今の成功した前澤さんがあるということを一瞬で知ることができるからです。また自分の積み重ねてきたものがしっかり目に見える形で残っていれば清原選手が薬物に手を出すこともなかったかもしれません。

 

僕は人の努力値や成果値を「見える」ようにすることで自分のやってきたことに対して誇りをもったり、誰かの頑張りをまねて見たり、モチベーションをキープしたり、頑張っている誰かを応援したりといった「あったかい世の中」を創りたいと考えています(*´ω`*)

次回はこの努力値と成果値を高めることによって自分にとってどんないいことがあるのかを具体的にお話しようと思います\\\\٩( 'ω' )و ////最後まで読んでくださってありがとうございました!!次回の更新を楽しみにお待ちくださいませ(*´ω`*)ではではっ!!!

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?