今回はフットダンベル編です!

フットダンベルもフットウォーク同様、わかりやすいように設計されています。また、座って使えるため、転ぶ心配もありません。

76歳の祖母に使ってもらった結果、意外とすんなりダンベルが上がっていました。しかし、この動きを続けるとなると、少しずつ負荷がかかるようで、二分後に疲れたーと言っていましたが…。祖母くらいの歳になると、自分のペースでできないと、継続できなかったり、直ぐに疲れてしまうことがあると思います。フットダンベルもフットウォーク同様、電動ではないので自分のペースで、できる範囲で運動することができます。そこが毎日続けられるポイントでもあると思います。

筋肉は毎日使わないと衰えてしまいます。祖母にフットウォークとフットダンベル両方試してもらいましたが、どちらも適度な負荷で、使用方法がわかりやすいと言っていました。少しずつでもいいので、毎日継続して運動することが大事です。毎日継続できる、安全にできる、簡単にできるをかなえたのがららふるのフットウォークとフットダンベルです。

私も大事な人の「歩く」のために、できることを考えていかなければならない、と再確認させられました。