2017/03/19 20:54

こんにちは!あの村スタッフのゴリです!

 

皆さんは「燻製(くんせい)」を作ったことがありますか?

ベーコン、ビーフジャーキ、スモークチーズ、スモークサーモンなど、食べたことはあるけど作ったことはないという方も多いのではないでしょうか?実はこの燻製が、アウトドア料理として注目を集めつつあるのです!

 

燻製とは、サクラやリンゴなどの木片を燃やして煙を作り、その煙の中に食材を置いて燻(いぶ)し、味を変えたり保存性を高めたりする調理方法です!

 

一見すると難しそうな燻製、、実は意外と簡単にできてしまうんです!

 

 

準備するものは以下の3つ!

 

・ある程度密閉性のある箱

ー始めに載せた写真では、燻製専用の金属製ボックスが使われています。箱の形をしていれば良いので、ダンボールなどでも代用できます!

 

・燻製用の木材(ウッドチップ)

ーアウトドアショップやホームセンターなどで購入ができます。数百円で買えるものもあり、初めての方でも手が出しやすいかと思います。

 

・食材

ー定番のゆでたまご(=くん玉)や、チーズの他に、カシューナッツやししゃもなども燻製にできるんです!味の変化がわかりやすくなる、表面の水分が少ないものがおすすめです!

 

 

あとは箱の中に食材を吊るしたり、網を張って上に置いたりして、煙を中に溜め放置します!10分頃から燻製の香りが付きはじめ、好みの味になるまで燻します!

 

 

燻製を自作するオススメポイントは、まず自分好みの味にできるということ。

燃やす木の種類によって、香りや味が大きく変わっていくので、例えば市販のベーコンよりももっと香りが強いベーコンを作る、といったことが可能です!それから普段売られていないような、変わった食材の燻製なんかも作ることができます!みんなで食材を持ち寄って、どれが一番美味しいか・・なんていう遊び方もできます!

 

しかし、デメリットとして煙の臭いがどうしても外に漏れてしまい、部屋の中で作るとどうしても独特の臭いがついてしまうことが挙げられます。かといって窓を開けてしまうと、煙や臭いで近隣住民とのトラブルにも繋がりかねません。

 

 

そういった経緯もあり、臭いもあまり気にしなくて良いアウトドアの料理として、野外で作る燻製が近年注目を浴びつつあるのです!

 

現在、あの村の村民希望者の中にも、燻製料理が好き・やってみたいという方が少しずつ増えてきました!なかなかチャレンジできない変わった料理も、一緒に村民になって挑戦してみませんか?通常の登録より遥かにお得な、クラウドファンディングの村民権をぜひチェックしてみてください!

 

一緒に美味しい料理を楽しみましょう!それでは!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?