2017/03/25 20:57

こんにちは!あの村スタッフのゴリです!

 

何度かにわたりアウトドア料理の魅力を徒然と書いてきましたが、どれもしょっぱい料理ばかりでしたので、本日は、女子にも是非オススメしたい、アウトドアだからできる極上のスイーツたちを紹介したいと思います!

 

※これまで紹介してきた料理

・ダッチオーブン料理→https://camp-fire.jp/updates/view/25878#main

・燻製(くんせい)→https://camp-fire.jp/updates/view/26439#main

 

 

■焼きマシュマロ

 

 

皆さんは、「焼きマシュマロ」を食べたことはありますか?

マシュマロといえば、軽くて柔らかい食感が特徴のお菓子ですが、このマシュマロを火で炙ることによって、驚くべき変化が生まれるのです!

 

マシュマロを長い棒(割り箸や串など)に突き刺し、焚き火に近づけます。

マシュマロに含まれている砂糖が炙られることによって、表面が香ばしくキツネ色に変わります。焼けた部分はカリッとした食感が生まれ、温まって溶けたトロトロのマシュマロが内側に残り、極上の2層構造が完成します。口に入れると優しい甘さと暖かさ、この世で最も美しい2つの食感の組み合わせが、幸せな気持ちにさせてくれます・・

 

ただそのままでも美味しい焼きマシュマロですが、チョコやビスケットでサンドして食べるという贅沢な食べ方も存在します!「スモア」と呼ばれる食べ方で、「some more!(もっと欲しい!)」と思わず言ってしまう程おいしいことが語源になっているんだとか・・オススメの食べ方です!

 

 

■焼きリンゴ

 

 

続いてご紹介する焼きリンゴも、簡単で美味しいオススメのアウトドアスイーツです!

 

作り方は、表面をよく洗ったリンゴを皮ごとアルミホイルでつつみ、焚き火の中に放り込みます!これだけです!

 

リンゴを加熱すると、食感はシャキシャキとしたものから、じゅわっととろけるような柔らかさになり、まるでアップルパイの中身のように、甘くてジューシーな「すごいリンゴ」に進化するんです!お好みでシナモンパウダーを少しふりかけたりすれば、もっと美味しくなりますね!

 

また、リンゴにはビタミンCやペクチンという栄養素が含まれていて、野外での焚き火で乾燥してしまいがちな喉を保護したり、疲労回復効果も期待でき、まさにアウトドアにぴったりなスイーツのひとつです!

 

■バウムクーヘン

 

 

最後は、自分で作れるの!?というスイーツの一つ「バウムクーヘン」

 

作り方はとってもシンプルで、ホットケーキミックスと卵、牛乳を普通の分量通りに混ぜ合わせ、清潔な棒に塗り、焚き火にかけて焼きます。焼き目がつくまで焼けたら、また生地を塗り、焼いて・・と繰り返すと、どんどんとケーキ部分が太っていき、棒から外して切ってみると、見覚えのあるバウムクーヘンの完成です!

 

焼いたり、生地を塗ったりと手間がかかるバウムクーヘンですが、複数人で交代でやったりすることで、そんな面倒さも楽しさ&美味しさに変わります!時間をたっぷり使えるキャンプなんかでは、非常におすすめです!

 

 

屋外でのスイーツづくりは、大変そうに見えて簡単にできてしまうものもたくさんあります!今回は3つだけの紹介となりましたが、ぜひぜひ「あの村」に来て、いろんなお菓子作りに挑戦してみてください!それでは!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?