※当コンテンツ内容と共に、私のブログ【hinaの株ブログ】も合わせてチェック頂けますようお願いします。
※募集ページにも記載の通り、当コンテンツは金融商品取引法における投資助言商品ではなく、個別銘柄の「目標株価」や「ロスカット値」など売買指南に該当する値を記載することは違法行為となる可能性が御座います。ですので現状ではそのような値の記載は致しかねますのでご了承ください。  


メンバーの皆さま、おはようモーニング♪
hinaです。


「11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は過去最高値を更新し、前日比227ドル88セント(0.85%)高の2万7088ドル08セントで取引を終えた。
ダウ平均が2万7000ドル台に乗るのは初めて。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が議会証言で利下げを示唆したことで市場の期待が高まり、株式への買いが膨らんだ。」(日経新聞より)

7月SQの週末相場です。
ニューヨーク市場は利下げ期待から史上最高値を更新して27000ドル台へ。羨ましい限りの活況相場ですね。
東京市場は明日から3連休ということもあって、盛り上がりは期待薄かと思います。

足元では今年初の8日連続での2兆円割れ相場となっていますが、この低迷相場でも市場の過熱感を示す「騰落レシオ」は5カ月ぶりの高水準となっており、25日移動平均線との乖離率が5%を超えると先高観が乏しい東京市場だけに、過熱感が高まると早めの利益確定売りが出やすい相場となっています。

欲をかかずに少しでも利益が出れば良しとする売買が現在の投資戦術となってきています。

・SAMURAI&J PARTNERS(JQ・4764)
金融業のJトラスト(8508)の社長である藤澤信義氏が筆頭株主となっており、Jトラストの金融支援や新株予約権の行使で得る50億円で思惑を呼んでいます。
テクニカルでは5日線を意識した下値近辺が狙い目かと見ています。

既報済み銘柄から、

・バルテス(マザーズ・4442)
タイムリーな注目銘柄となりましたね。ホッとしています(*´ω`*)
高値は1719円があります。ここから狙うなら窓埋めの1602円が一つの目処となります。


・ディー・ディー・エス(マザーズ・3782)

指紋など生体認証ソフト。装置開発などを研究開発しています。急騰後の押し目は5日線近辺とみています。ここからは押し目狙いかなと監視しています。


※参考銘柄について、各銘柄の情報を記載していますが、トレードする際にはご自身でも必ずその銘柄の企業内容やチャートなどを把握してから、トレードされるようにお願い致します。

※『銘柄が多すぎて迷うという』という御意見があることも認識しております。ですが、個人投資家は個々の資金状況やトレード環境により選べる銘柄やトレードできる銘柄が異なってきます。ですので個々で納得した銘柄を選んでトレードして頂く事をベストと考え、様々なトレードスタイルの方でも当メールマガジンの情報を生かして頂けますようになるべく多くの銘柄を記載しています。その点をご理解頂き、ご活用頂けると幸いです(*´ω`*)

※買った銘柄が1割でも上がれば売り次の銘柄に資金を回す回転売買も良いと思いますし、気に入った銘柄を継続注目していくことも値幅を期待する意味から夢があります。投資環境は個人個人で異なりますので、一概に「この方法が良い」とは言えません。メルマガを参考に、ご自身に合ったトレード方法を構築していくことをお薦め致します。

■ご質問など御座いましたら【⇒お問い合わせフォーム】よりお願いします
※hina個人に対してのメッセージはhina本人には伝達を行いますが返信は運営スタッフが行います。予めご了承ください。

※募集ページにも記載の通り、当コンテンツでは投資助言商品では御座いませんので「目標株価」や「ロスカット値」「売買指南」等、金融商品取引法違反となる可能性が発生する質問にはお答えし兼ねる場合が御座います。予めご了承ください。

■必ずお読みください■
当コンテンツは投資助言ではないため、当コンテンツ内の「個別銘柄に関してのトレード方法」や「個別銘柄に関しての売買指南」などに関わるご質問には一切お答えできませんのでご注意ください。 当コンテンツはhina個人の相場に対しての感想の記録を目的とするもので、投資情報の提供や勧誘を目的とするものではありません。当コンテンツを投資商品の売買におきましてご参考にされることはお薦めしません。また当コンテンツに記載された内容やデータに関してのエビデンスは存在しない場合もあり、これの真意を保証するものではありません。当コンテンツの内容に基づいて行われた取引、その他の行為、及びその結果についても保証はできません。また、当コンテンツに基づいて被った如何なる損害についても一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。 当コンテンツの内容は著作権法によって保護されており、hina(以下「著者」)に無断で外部へ漏洩、転載、転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。

コメント