2018/09/19 22:41

私は今30歳です!笑 突然すみません。

まだたったの30年、でももう30歳。

ちょっと昔話させてください。

今までで心から悩んで、勇気を持って決断した過去が2回ありました。

仕事、恋人、夢、全てが中途半端で、今いる環境から抜け出したいけれど抜け出す勇気がなくてくよくよ悩んでいた時期がありました。22歳の時です。今は私は自分のことが大好きだけど、その時は自分のことが全然好きじゃなかったです。何の取り柄もないと思って生きてました。

そんなときに、同じ職場の友人に言われました。

「あなたがどう在りたいかだよ」

って言われました。その子は私の一個上で、幼い頃から施設で育てられて、だけど、そんなこと微塵も感じさせないくらい明るくて、優しくて、人を魅了する子でした。その子が、どう在りたいかっていう言葉を教えてくれて、私は、すごく心に響きました。その子はきっと、自分がどう在りたいかを常に考えて、自分の足で生きてきたんだなって。

その言葉がとても私に勇気をくれて、私は勇気を持って当時の恋人ともお別れをして、住み慣れた町から引っ越しをして、周りに友人も知り合いもいない湘南に1人で引っ越してきました。

その時はかなり勇気を振り絞り、その環境から抜け出したことを思い出します。

 

そして2回目の大きな決断は、昨年のこと。

子どもが出来てから1年して私はママのコミュニティーを作りました。

子どもが出来てから感じるたくさんの現実、問題に直面して、ママになっても好きなことをしたい!子どもと一緒に楽しく生きていく!という想いから、「好きなことを好きな人と好きな場所で」というコンセプトを掲げ、コミュニティーで楽しめるイベントを企画したり、古民家を改装してイベントスペースを作ったりしました。4年間の活動の中で、たくさんのお母さんたちに出会いました。そしてサポートしてくださる人に出会いました。

特に、物作りをしているママ。そして、何かやりたかったけど、迷っていたけれど、私の作ったコミュニティーをきっかけに物作りを始めたり、子どもと一緒にイベントに遊びに来てくれたり。本当に楽しくて、充実していました。「こんな場所を作ってくれてありがとう」「楽しいイベントをありがとう」そんな言葉をたくさんかけてもらいました。

そんな活動の最中、私は「絵」に出会いました。出会っていたけれど、「絵をやりたい」と思ったのは初めてでした。その気持ちが次第に強くなっていって、私は毎日毎日悩みました。

私のコンセプトに共感してくれたお母さんたち、仲間がいるのに、今やっていることをやめてしまったら、無責任なんではないか?せっかく作った繋がりや、私が伝えていた想いが全て嘘になるんではないか?と思って。 

そんな時、また私に声をかけてくれた女性がいました。その人は子どもが2人いても好きな仕事で自立しているかっこいい女性。その方が言って下さった言葉が今でも忘れられません。

「あなたはお母さんが、好きなことをして生きていける、子どもがいても夢を諦めない、そんな世の中にしたいんだよね。そしたら、あなた自身がそうなってみせるのが、一番伝わると思うよ」

 

そう言われたとき、

「ああそうか。私は自分がやりたいことを見つけられたんだから、子どもがいても好きな絵で大成功するのが、そういう世の中にすることに繋がる。もっとたくさんの人に勇気を与えられるんだ」

って思いました。だから、昨年、私が作ったコミュニティーやイベントスペースをやめました。

それからは絵一本に集中して、今の私があります。

 

その時私を囲んでくれていた友人も、いなくなってしまったように感じました。

私は嫌われたかなーって、ずっと思いながら、全てをやめたんだから、好きなことをやることに集中しようと心に決めました。

 

だから、私は今、個展を必ず成功させたいです。そして、その先に、

「子どもが3人いるけれど、子どもを立派に育てながら、自分の夢を大成功させた一人の強い女性」として、生きた証がほしいと思っています。その分大変なことはあるけれど、やると覚悟を決めた時、また前進出来た気がしました。

 

こんな私です。

まず第一の目標として、ギャラリーで個展がしたい。自分の実力を試したい。という気持ちがあります。そのために、30万円が必要です。

 

3000円でも構いません。

パトロンをしてくださると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

個展会場で皆様にお会いできることを楽しみに、引き続き頑張ります!!!!

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?