2016/09/23 19:25

(若者の決意表明②)
食べタイ編集部 石黒真彩です。

私はホタテ漁師さん訪ねる前まで、漁師は男臭くて強面であると思い込んでいました。
実際に、そこには男らしい一見強面の屈強な漁師がいました。
しかし彼は同時に、毎朝早くに朝に漁へ出かける勤勉な一面を持ち、家族想いで女性に優しい紳士でした。

私たちの世界には、なんとなく一面でしかコトを捉えず、
思い込んでしまっていることはたくさんあるような気がします。

日本の一次産業はまさに「ださくない?」という思い込みというフィールドの最前線に立たされ、崖から落ちていよいよ「忘れ去られてしまう」、そんな一歩手前まで来ています。

私は食べタイを通して、なんとなく時代が生み出してしまった、一次産業に対する思い込みをなくしたい。
そう考えています。

自然と共生しながら生きる農家や漁師を尊敬しています。
彼らはかっこいいんです。きらきらと「生きる」力を持っているんです。

現代に生まれてしまった思い込みの一歩外に踏み出すために、まずは「知ってもらう」こと。

私はよく妄想します。
東京に住む私たちが農家の方の仕事っぷりを知って恋をしてしまったらどうなるだろう。
きっと食べ物を食べるとき、感謝します。
幸せな気持ちで満たされます。
たとえ遠距離恋愛でも、会いに行きたくなります。
そして、もしも困っていることがあったら、支えてあげたい。
一緒に生きていきたい、と思うかもしれません。
妄想が過ぎました。

私の野望は、食の生産現場を赤ちゃんからご年配の方まで全ての世代が集う場所にすることです。

そんな未来のために、この食べタイを通してまずは知ってもらうことから始めています。
皆さんと一緒に、歩いていきたいと思っています。

食べタイ編集部 石黒真彩

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?