2014/04/10 03:07

・HAMADARAKA( Eru Arizono / Emu Arizono )
ペイント、ドローイング、人形、オブジェ等、様々な手段を使い
HAMADARAKA独自の世界を創作する。
現在までに数々の国内外での、個展、グループ展を行う。雑誌、映像、CDジャケットへのアートワーク提供、ファッションブランドとのコラボーレション、ライブペインティングを中心に活動中。「TERROGANUS」としてフードオブジェクトパフォーマンス、 「三人官♀」として人形制作ユニットの一員としても活動を行う。
2012年より、AAT(Art Aquvii Tokyo)のディレクターを務める。
2013年6月、ERECT labよりHAMADARAKA作品集「YAUYAUPARAISO」が出版される。


・KYOTARO | www.kyotaro.biz
1998年京都嵯峨美術短期大学グラフィックデザインコース卒業
ルーツは漫画、メルヘンからインスピレーションを得ており、幼い頃から漫画や絵本の挿し絵、サイケデリックな絵に興味をもつ。
1999年に拠点を東京に移す。
ドローイング、ペインティング、マンガ、アニメーションなど、幅広い分野で活動するドローイングアーティスト。
動物や神々を、主に鉛筆によるドローイングで描く。
国内にて多数個展を開催し、ニューヨーク、マイアミ、北京、上海、サンフランシスコ、など、グループ展に参加。
2012年には作品集4冊刊行する。『天界トリップ』『ベイビー・シャワー・ストーリー』(ともに河出書房新社)『I SAW A LOT OF FAIRIES - 妖精の行く道』2012(ERECT Lab.)、漫画単行本『MWUAI』(ダイトカイ)などがある。
2013年6月には伊勢丹新宿店のショーウィンドー12面に『天界トリップ』の幻獣や神々のドローイングが展開された。
2014年にはあちゃちゅむムチャチャのデザイナーしんやまさことのコラボ絵本『カラポンポン』(六耀社)出版。特別装丁本も制作中。


・toba fumihito | www.tobafumihito.com
生まれると死ぬ、男らしさと女らしさ、恐怖心と好奇心、うれしいとせつない、
相反しながらもわたしたちの中に同時に存在してしまう、
不可思議なものなどをテーマに幻想的な世界を描くイラストレーター。
THE NOVEMBERSのCDジャケットやCharaのツアーグッズ等、ミュージシャンのアートワーク、ワンピースとタイツやkanvas等ファッションブランドのプロダクトイラスト、代官山Aquviiや原宿ROCKET、LUMINE meets ARTでの作品展示など、音楽やファッション、アートなど様々な分野にて活動中。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?