東京の渋谷で18年カレー鍋で有名な居酒屋喜楽を経営しています。又ミャンマーで5年位内装工事の会社をやっています、現地の日本人会の話では、これからも日本人は今の何倍も増える。日本人会の人や多くの日本人に日本料理が食べられる居酒屋を出して欲しいと強い要望があり出店することにしました。

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶            
渋谷で居酒屋喜楽を経営している鹿島です。平成12年7月にオープンして今までやってきた思いは一言では言えないほどの事がたくさんありました。よろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/ShibuyaKiraku/

                                                                                       

 

▼このプロジェクトで実現したいこと   
ミャンマーで本物の日本食を食べられる居酒屋を開いて皆に来ていただく。   
▼プロジェクトをやろうと思った理由   
ミャンマーの日本人会、や多くの企業の日本人の要望が多く日本初の日本食を直行便を使いミャンマーで日本人及びミャンマーの人達に本物の食材を使って美味しい日本食を食べさせたい為の日本食の居酒屋を出したい。  
▼これまでの活動           
渋谷で18年営業しています、カレー鍋や生の本マグロの刺身など食材を厳選して時間を惜しまず下ごしらえしています、例えばカレー鍋はスープ作りに2日かかります、てまひまおしまづに作ることが大事なことです。今ミャンマーにどうしたら築地市場から安く運ぶいるところですことや言葉の勉強しているところです、又現地の店舗をいろいろみていい場所3件の候補全ての予算案を立てています。年内に店舗を決め3月迄に内装を終えて、4月オープンの予定ですが、ミャンマーは色々と規制が多く予定通りオープンする事です

 

▼資金の使い道             
開店資金
▼リターンについて           
渋谷の居酒屋喜楽の割引券、グループできてもつかえます。5000円で全体金額の5%割引券3枚、1万円で全体金額の10%割引券3枚、2万円で全体金額の20%割引券3枚、2万5千円で全体金額の30%割引券3枚、差し上げます。  
▼最後に                
ミャンマーは、日本人が今の10倍位になるので、1日も早く、店舗を開きたいと思います。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください