アルペンスキーの本場ヨーロッパ。そのアルプスの山中に自身を置き、スキーの技術を高め、本質を習得します。北イタリア、パッソ・デロ・ステルビオを拠点とし、ヨーロッパ各地のレースを転戦します。イタリアの英雄アルベルト・トンバの元コーチであったトゥーリオ・ガブリエルを置き、世界最高峰の練習環境で挑戦します!

プロジェクト本文

プロジェクト本文

初めに

 本プロジェクトに興味を持っていただきありがとうございます。高澤伸と申します。タイトルの通りスキーの本場ヨーロッパ、イタリアにてスキーを練習しレースを転戦、世界で活躍できる選手を目指します。日本人選手が世界のトップで戦い続けることで競技の普及に繋げたいという思いもあり、国産のスキーメーカータイアップの元、世界に通用するマテリアルの開発もしていきます。

 スイスの国境近くのパッソ・デロ・ステルビオでは日本にはない氷河のハードバーンでの練習環境。そしてイタリア人コーチの指導のもと、イタリアのトップレーサーと共にトレーニングを行います。

 皆さんにご支援していただきたいのはヨーロッパでの活動費です。海外での大きな負担となってくるものとして、一つが練習環境確保のコース代。こちらは安いバーンでも1レーン1日5~10万円と高額となり、選手の人数で割ってコースを使用します。そしてコーチング代です。世界で活躍するコーチングを受けるためには、とても大きな負担となってきます。大会費用は1レースにつき100スイスフラン(日本円にして約12000円)+滞在費用となります。

コーチング風景

準備費や渡航費などを合わせ、1回の海外遠征で70万~100万円がかかり、これまでもスポンサーにご支援していただくこともありましたが、ほとんどが実費で、費用の一部、あるいは物資提供のご支援でした。世界を転戦する、渡航・移動費など、数百万単位の費用がかかります。

 しかし、ヨーロッパほどアルペンスキーの人気が高くない日本で、その金額を出資してくれるスポンサーを探す事は非常に困難です。このチャレンジに、どうか皆さんのお力添えをお願いいたします。一緒に夢を実現し私の挑戦を応援してください。

 世界へ羽ばたくために、皆さんのお力があればより目標に近づくことができます

 

・高澤伸からのメッセージ

 皆さんこんにちは!しんちゃんこと、アルペンスキーレーサーの高澤伸です。

 北海道生まれ、北海道育ちの道産子です。9歳アルペンスキーを始め、17歳にして全国優勝を果たし、日本代表選手へと選ばれました。その後代表落ちするものの全日本選手権では3位という成績を残しています。

 近年は怪我に悩まされ、二度の手術の苦しみを味わいました。しかしこの経験が自分自身と向き合う結果となり、心身共に成長させてくれました。

 自分にとっての世界での挑戦、そこで闘い続ける事とは、スキーレーサー誰しもが持つ夢です。常に目指し続けていた目標でも有ります。

 怪我からの復帰。国内ではトップ争いができる位置に復活する自信があります。お約束します。また世界でどこまで通用することが出来るのか。全ての環境を変え、挑戦して行きます。

 しかし、この限られた時間の中で、万全な状況が作れず、1番の問題となっているのは資金面です。20代最後となった今、ここから新たな舞台に立つことにより、まだまだ人として、スポーツ選手として成長できる実感があります。

 怪我からの復帰シーズンなので、今シーズンの目標として、日本のトップシードへ戻り、世界ランキングを徐々に上げていき、来シーズンに全日本選手権で優勝、日本代表入りを目指します。W杯への出場権の獲得を目指します。

 今世界で再びチャレンジし世界で活躍し続けるレーサーになります。

この挑戦への応援には皆様のお力が必要です。宜しくお願い致します。

写真最左 高澤伸 SIA FES親善レース優勝

 

サポート費用内訳

第一回イタリアヨーロッパ遠征2018年10月12日~12月7日

渡航費用 成田―ミラノ往復160,000円

イタリア滞在費 300,000円

コーチング代 300,000円

コース使用料 150,000円

大会参加費 60,000円

雑費 10万円(リフト券代など)

計1,070,000 円

 

出場予定レース

Val Senales 11月3.4日4 SL
Solda 11月12日から15日4 GS 4SL
Santa Caterna 11月15日から18日 4GS 4SL 
Sulden an Ortler 11月19.20日 4GS

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください