Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

SuperOrganicJournal 日本から世界に!

スクリーンショット 2018 04 03 23.28.30
現在の支援総額
0円
パトロン数
0人
募集終了まで残り
40日

現在0%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2018/11/29 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

SUPERORGANIC®︎ JOURNAL は、20代〜50代前半のヘルスコンシャスな男女・未来を担うDigital世代をターゲットに、新しく自由なライフスタイルを提案。ファッショントレンドを切り口にしながらもジャーナリスティック視点を大切に、ヴィジュアルや哲学を独自の視点で製作。

▼このプロジェクトで実現したいこと

世界に楽しくてかっこいい!ソーシャルグッドを広げて沢山の笑いで溢れる瞬間を作りたい!次世代の人々の日常を取り巻く様々なカテゴリをエシカル/オーガニックの観点から追究。これからのHealth & Digital世代に新しく自由なライフスタイル送るヒントをオリジナルメディアとして発信していきます。

現在、世界の編集&ライターネットワークは15名、国内も15名、よりハッピーでかっこいいライフスタイルを発信できる仲間を2020年までに100名集結、圧倒的に豊富で魅力的なコンテンツを作っていきたい。

カバーするトピックは、エシカル/オーガニックをキーワードにした新しいトレンド、文化情報を独自の視点でピックアップ。ファッション〜フード〜ヘルス〜トラベル〜ファイナンス〜ショッピングまで多岐に渡ります。

今号は、歌舞伎、京橋/日本橋特集、新・教育、フード・フォー・フューチャー、

オーガニック・ビューティーなど日本に着目。クリスマス/正月号ならではの豪華版でお送りします。

発行スケジュールは、12月1日に刷り上がり、12月6日以降に皆様に配布・送付させていただきます。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

おしゃれでトレンドを追っかけられるヘルスコンシャスなライフスタイルマガジンがない!と思ったのは2014年の頃でした。オーガニック野菜の定期デリバリーを外国人向けにやっていたことから外国人の方が読んで面白い会員誌を小さく作っておりました。その頃、ジャーナルだけでも読みたい、もっと幅広く手に取れる場所はないのか?など少しずつ国内の方からも声をいただくことが増え、SUPERORGANIC®︎ JOURNAL の立ち上げに至りました。“まだまだ日本では馴染みの薄い「エシカル」という言葉と、近年ビューティー分野や飲食業界で頻繁に用いられるようになった「オーガニック」という言葉。グローバルでも専門誌がとても限られているので、オーガニックやエシカルに深く切り込んだ記事を展開。また、英語と日本語でバイリンガルで世界と日本の情報発信やコミュニティネットワークが生まれるきっかけを作れたらと考えました。

▼これまでの活動

SUPERORGANIC®︎ JOURNAL は昨年12月に1号、今年6月に2号まで出版しており、国内外で約30,000冊が配布されております。チームは実にイギリス、ハワイ、アメリカ、ベトナム、タイ、日本とグローバルな編集とライターのチームで構成されており益々その輪は広がり続けております。同時に、SDGsをテーマにした学びも兼ねたイベントとジャーナル関係者の発信の場作りをすることにより新しいファン層から"協力したい" "定期購読したい" などのお声をいただいております。

▼資金の使い道

SUPERORGANIC®︎ JOURNAL 第3号編集発行と配布に使われます。

▼リターンについて

SUPERORGANIC®︎ JOURNAL でお返しさせていただく項目は、

 

5,000円ーSUPERORGANIC®︎JOURNAL 1号~3号の3冊セット一式。

10,000円ーSUPERORGANIC®︎JOURNAL 1号~3号の3冊セット一式とBENTONIPPONギフトCHA3種セット一式。

50,000円ーSUPERORGANIC®︎JOURNAL 最新号の広告Aにロゴ掲載。最新号10冊送付。*ロゴは背景が透明のpngフォーマットで11月10日までに contact@super-organic.jp まで送付いただきます。11月10日以降は本誌は間に合いませんので、WEB_ページで大きく掲載をさせていただきます。

100,000円ーSUPERORGANIC®︎JOURNAL 最新号の広告Bにロゴ掲載。最新号25冊送付。*ロゴは背景が透明のpngフォーマットで11月10日までに contact@super-organic.jp まで送付いただきます。11月10日以降は本誌は間に合いませんので、WEB_TOPページで大きく掲載をさせていただきます。

となります。

▼最後に

長い説明を読んでくださりありがとうございます。

SUPERORGANIC®︎ JOURNAL は立ち上がってから一年を迎えるばかりの若いメディアですが、言語を超えて世界中からとにかく応援したい!とにかく関わりたい!取材してもらいたい!など仲間のメッセージがどんどん増えてきて感触を感じています。独自の力で継続したいし、限られた発行部数だからこそ、より本主旨とテーマに関心の高い方に読んでいただきたいと熱く思っております。そんな方々が賛同し協力できる場を作りましたので、ぜひ!!応援して事前予約していただければと思います。

 

#superorganic #superorganicjournal #superorganicfoods