写真家であるRYANの自身初となる写真集『HERO』の発表に伴い、Down to MARS 指揮のもと若者世代を中心に内に秘めているクリエイティブなモノを披露し合い、何事も画面上で済まされてしまいがちなこの世の中から、リアルなクリエイティブを体感してもらうために、HEROというイベントを開きます。

プロジェクト本文

▼ライアンからのご挨拶

▼写真集 HEROについて

▼イベント/ HERO × Down to MARS 

▼資金の使い方

▼リターンについて

 


ご挨拶


画面を通してはじめましての人、そしてはじめましてじゃない人も。僕は写真家として活動をしているライアン ケンです。

Instagram

 

https://www.instagram.com/ryanismakingabreakfastforyou/

 

 


写真集HEROについて

 

 

ふとした瞬間に何かを考える時間が、何かに対して思考を巡らせる時間が、身の回りで起きていることに対してゆっくりと明確な答えをくれます。

インターネットが普及し、人と人との関係性がより複雑に絡まり合っていく中で、今の若者たちを見て、この複雑になっていく世の中でしっかりと自分自信に対して向き合い、個人のあり方を見極め、アイデンティティとは?という疑問を自信に対して投げかけた事が始まりでした。

僕自身の長い大学生時代に母から父の話を聞いて、僕のヒーローは父だったんだと思いました。自分が何に憧れこれまでを生きてきたのか、それは生きていく上での支えでもあります。

写真集に登場する人物一人一人がそれぞれのヒーローになりきり、強く生きているということを

表しています。

 

イベントを開き、写真を見てもらうことでより多くの人に今を生きる上で一旦どこかで立ち止まり自分自身を振り返ってもらえたらと思っています。  

 

イベントDown to MARSの紹介 

 

 

 

 

 

 

     Down to MARS

写真左から Satsuki, Ryan, Taichi

Instagram

https://www.instagram.com/downto_mars_/

 


日本人は、おもてなしの心や他者への思いやり、気づかいが他国より長けてお り、そのホスピタリティ精神は世界でもトップクラスに位置すると言われてい ます。しかしその反面、周りに気を遣い、自分の意見を主張できない人や自分 の意見がない人も多く存在し、他者からの評価に執着してしまうため、正解と 不正解に囚われ過ぎている人が多いことも事実です。そんなコミュニティで育 った結果、自分が将来何をして、どう社会と関わっていくべきかわからない若 者が溢れています。この現状を打破するために、私たちは近年問題視されてい る若者の対人コミニケーション(主にface to faceによる)にフォーカスを当 て、多くの参加型コンテンツ等を用意したイベントを開催いたします。参加者 には今まで、したいけどその1歩が出ずにできなかった事や、1人では行動に移 せずできなかった事などをイベントを通して少しでも形にしてもらえればと考 えております。 

 

イベント詳細

日程 2018年11月3日

時間 17:00-22:00

場所 イベントは大阪福島 PINEBROOKLYN にて行います!

http://pinebrooklyn.com

 

イベント当時となる11月3日は、写真展を軸に、ミュージックライブやダンス、ライブペイント、DJ体験ブースなど様々なコンテンツを企画しています。

 

イベントチケットはオンラインストアにて販売可能です。

https://marsstore.stores.jp/items/5ba1189f5496ff0ae6000381

 

 

 

資金の使い方

 

・11月3日のイベント開催においての会場費

・写真集制作費

・印刷費

・リターン制作費

 

 

リターン

500円〜10000円まで幅広くご用意しております!

1000円〜3000円 / RYANが撮影したオリジナルプリント

5000円〜            /   HEROオリジナルのTシャツ

 

---------------------------------------------------------------

3000円からは写真集『HERO』をクラウドファウンディング限定のカバーにてお送りいたしますので、是非この機会にゲットしてください!

10000円の写真撮影権利は写真家RYANが撮影します!

また、プロフィール写真以外にも対応いたしますのでご連絡ください。

  

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください