ラオスの貧しい村に教育施設を作りたい。世界中の全ての子供たちが自ら学び、自身の人生を切り開いて行ける、そんな世の中にしたい。子供たちに広い世界を知ってもらい、夢のきっかけとなる場所を一緒に作りませんか。

プロジェクト本文

初めまして!

International Volunteer -YUI-結と申します。2014年に設立されて以来、私達は世界中の子供達が夢を持てる環境づくりのきっかけを作ることを目指して、子供達の住む地域全体の自然環境、教育、衛生面、生活向上などの支援活動を行っています。


今回、ラオスの貧困にある子供達たちの教育環境を整備する為に図書館を建設するプロジェクトを立ち上げました。

ラオスの子供達は、将来の夢として挙げられるものがあまり多くありません。なぜなら、それを知る機会があまりにも少ないからです。そこで私達は、本をよむことで様々な知識が増え、それに伴い色んな事を知ることができると思い、現地の村長さんとの相談の元、図書館建設に乗り出しました。

私たちは現在、ラオスのルアンパバーンから車で1時間ほどの所にあるコクサ村という場所で 図書館建設活動を行っています。  

ラオスの山間部の地域で、 米作中心の農業と豚や家禽などの飼育で自給自足の生活をしており、現金収入はほとんどない貧しい村です。電気や水道も整っていません。

村長や子供たちの親は、教育面で遅れていることから、村の発展がないということに強い危機感を持っていて、教育支援を強く求めています。

 しかし、支援を受けるだけでなく、自分たち自身で地域を振興することのできる、次世代の人材育成が大切だと考えています。

私がこの活動を始めたきっかけは、2015年に発生したネパール大地震復興にかかわったことから始まりました。 

同じ地震の多い国の人間として、何かできることがあるのではないかと考え、

 村への復興活動として、物資の支援活動や、避難所施設建設を行ってきました。

支援活動を行っている中で、日本のようにインフラが整っていない事により、学ぶことが環境的に可能ではない子供達が多くいることを知りました。

 「学校に行くために山道を数時間もかけて歩いて通学している子供」や、「家事等の手伝いにより、十分な勉強時間を確保できていない」という状況を目の当たりにして、

世界中の全ての子供たちが自ら学び、自身の人生を切り開いて行けるべきだと考え、活動を始めました。

「なぜ図書館なのか?」という点についてお話します。

一言で言えば、

です。

そのために私たちは、ちょっと変わった図書館を作りたいと考えています。

 皆さんの図書館のイメージはどういうものでしょうか?

・本がたくさんある

・静かな空間

・勉強する場所 etc...

どちらかというと黙々と自分の知識を蓄える場所といったイメージが多いと思います。

 そこで私たちの作る図書館は少し進化させて、そこで得た知識を繋げることが出来る図書館を目指しています。

 ・本とたくさんの人が集まる場所。明るい場所。

・学びと発信の両方が出来るスペース。

・将来の夢が広がる空間。

 自分の学ぶものを、自分で決めて、自分で蓄えて、自分が発信出来る。それぞれが知っている事は違うけど、発信する事でさらにアイデアが出てくる。繋がる。繋がることを楽しめる、そんな素敵な場所を目指しています!

 

【建設予定地】


【建設予定図】



【建築改修のスケジュール】
2019年1月中旬:クラウドファンディング募集終了
2019年3月~5月:着工〜竣工
2019年5月:会館式


【みなさまからの資金の使い道】

図書館建設費用:180万円

内装費用(机など):17.5万円

本代:10万円

手数料:42.5万円


【おわりに】

これからも、ネパール・ラオスを皮切りに、アジアの国々に体育館や図書館を建てていきます。 

そして、私たちのような小さな団体でもこのような活動ができるということ、

誰にでもできるということを知ってもらい、

 子供達への支援活動を広めていくことを目指しています。

 

今回、プロジェクトにご参加いただくみなさまのおひとりおひとりが、図書館の創立者にです。

「学べる場」というプレゼントを子どもたちに贈り、

子供たちの成長を、一緒に見守って行きませんか?
 

 

  • メイン写真
    活動報告

    自己紹介

    2018/12/11 01:19

    初めまして。「国際ボランティア団体-YUI-結」と申します。私たちは、主に「日本人3人」と「ラオス人1人」の4人で活動している小さなボランティア団体です。私たちが集まったキッカケは、旅行先のゲストハウスで一緒に宿泊していたことでした。住んでいる地域はそれぞれ異なりますが、お互いに国際ボランティ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください