オーストラリア大陸16000kmの道をバイクで1周中!みんなを元気にする旅をしています。

プロジェクト本文

初めましてオーストラリア大陸16000kmの道のりをバイクで1周中の料理人のTAKAです。

▼クラウドファンディング を始めたキッカケ
 

僕は今、好きな事を思う存分にできて、人生で1番最高な毎日を送り続けています。

でも、ふと考えてみると自分だけ楽しんでいるってなんかズルくない?

という思いがありました。

 

海外でのバイク旅、シェフとしての仕事をする中で、出会った多くの方々から

たくさんの応援の言葉をいただきました。

そして僕の旅に興味を持ってくれる人が思っていたよりもたくさんいるということに気づきました。

 

奇跡的な人との出会いの中で人生の中で大事なことをたくさん学び、

人との繋がりが何よりも大事な事だと身をって実感したからこそ

 

今度は僕の活動を公開して多くの人に知ってもらい、

人との出会いの場でもあるクラウドファンディング を通して

自ら繋がりとなる場を作っていきたいと思います。

 
▼はじめにご挨拶

日本にいたときは何をやってもダメな会社員でした。

地元の農業高校を卒業してから、友達に料理を作って喜んでもらうことが好きだった僕は

調理専門学校へと進学し、将来はホテルの一流シェフになる!自分のお店を持つ!

と夢を持ち、料理の技術を上達させたいと思い飲食業界の就職をしました。

しかし、入社後には何をやってもうまく仕事ができず。

仕事のできない僕はいつの間にか、毎日上司から怒られるのが仕事になっていました。


真面目に働けよ!仕事には責任感を持って!と日々先輩方から指導され、

立派な会社員になれるように”当たり前”や”常識”を僕のために指導してくれました。

 


しかし、僕にたくさんのことを指導してくれた立派な会社員のはずの周りの先輩や上司を見てみれば、

仕事量の多さや労働時間の長さ会社への不満ばかりで夢や希望なんてなく、

日々の業務をこなすことで一日中疲れ切った表情な人たちばかり。

 

僕の想像していた仕事、料理を楽しんでやっている人は見つけることができませんでした。


自分の将来のことを考えたときに、

自分の将来はここにいる人と同じようになっているんだろうなと感じ始め

環境がないのなら自分で独立した方がいいのでは?

と考えるようになりました。

 

一流レストランのシェフになるにしろ、自分でお店を持つにしろ、

何十年と料理の経験を積んできたシェフは料理の腕や技術があり

作った料理は間違いなく美味しいとは思います。


しかし今後、自分でお店を始めようと思ったときに料理だけをやってきた人よりも

人とは違った経験を組み合わせたほうが面白いのでは?

と考え、自分でお店を始めて動けなくなる前に海外に出ることを決めました。

 

オーストラリアにあるフレンチレストランで多国籍のシェフ仲間と働いています。

一時は料理が嫌いになりそうだった僕も海外で実際に働いてみると日本にいるときには考えられないぐらい、

正反対の仕事に対する考え方の環境の中で料理を作ることを改めて好きになりました。

フレンチレストランで働きながら技術を上げ、

日本人にはない海外レストランでの料理に対する考え方

や感性を養いつつ、バイク旅の資金を貯めています。

 

写真:海外での仕事中にまかないでお好み焼き!

毎日まかないを作っていたら僕のまかないが1番美味しいと言っていただきました!

 

▼ここまで来るのも楽な道ではなかった。

オーストラリアに到着した最初の頃は英検4級レベルの僕は語学力のかけらすらなく、

現地のレストランでの仕事をゲットするために1年ほど時間がかかりました。

 

外人との会話となる面接に行ける度胸もなく、

お金のなかった僕は語学学校には行きたくてもいけなかったので

最初は日本企業で働き、自己流の勉強方法で勉強していました。

 

会話力を養うためにみんなの嫌がる畑仕事もしていました。

オーストラリアの畑仕事では2年目のビザを習得することができるのと重労働が有名で

各国の若者が集まってきます。

この仕事は英語のできない日本人でも仕事が取りやすく、

なおかつ海外の人達と一緒に働けるというメリットがあります。

 

英会話が少しはまともになった僕はレストランへの挑戦。

街を歩いて目についたレストランには英語で作成した履歴書を配り、

現地のウェブサイトからの応募をし続けて面接までたどり着き、

ようやく働けることになりましたが

 

初日は「お前の英語能力はクソだな!」

とめちゃくちゃ怒られてしまいました。

 

海外では日本とは違い、いらないやつは一発でクビにでき

何人もクビになりやめていってしまいました。

僕自身も毎日かなりびびっていましたが、

初日はカンカンだったドイツ人の料理長から誕生日には

オーストラリアの伝統工芸品をいただき、涙が出そうになりました。

 

日本での経験。

オーストラリアで出会い僕に英語で喋ってくれた友達。

一緒に働いて英語がわからなくても嫌な顔一つせずに仕事を教えてくれたシェフ仲間。

 

今までに出会った全ての人たちのサポートのおかげで

レストランの仕事を続けることができています。

 

▼このバイク旅を通じて伝えたいこと。

日本にいるときは仕事のできない僕でしたが、会社ではなんとか2番目の料理人までになりした。

確かに料理を作ることは好きで、働き続ければ料理長になることと安定した給料が得られることは現実的でしたが、

どうしても毎朝満員電車に乗り、終電で帰る生活を続けて行く上で、

 

自分の自由を奪われることを考えると、毎日仕事をやめたいと考えている自分と

この生活は本当に自分が心からやりたいことなのかと考え始めるている自分がいました。


そんな中、海外に出て見ることに興味があり、

海外に出た先輩たちのブログなどを読んでいて、よく人生観が変わった。価値観が変わった。

などなど、日本に住んでいるといまいちピンとくるようなことではなかったのですが


実際に経験したからこそわかった、バイクで旅をする中でたくさんの人との出会いがあり、

人生観や価値観が変わったと思えるような出来事ばかりでした。

今まで持っていたものは全て捨て、リスクを少なからず背負い、覚悟を決めて海外にきたからこそ

失ったもの以上の、今までにはなかった価値観を得ることができました。

 

 

オーストラリアをバイクで一周しろとバカみたいなことは言えませんが、


最初の一歩を踏み出すことは何事でも勇気のいることです。


やりたくもないことをダラダラとやっているよりも、

自分の心からやりたいと思ったことに覚悟を決めて挑戦した後は自分にとっていいことしか起こりません。


企業に属して嫌々でもお金の為だけに仕事をやっている方。

今の自分は本当にやりたいことをやっているのか?

自分にはもっと他の道があるのじゃないか?


と日々感じている方、

 

何か新しいことに挑戦するとき

周りの目を気にしたり、今後の将来のことを気にしたり、金銭的なことを気にしたり

色々現実的な問題を抱えて諦めてしまう人がほとんどだと思います。

 

実際に海外での新しい挑戦をするまではすごく悩みました。

 

お金がなかなか貯まらない。

仕事を辞めて、海外から帰ってきてからの不安。

語学力のなさ。

 

などなど、優柔不断なのと覚悟が決まらず約5年ぐらい悩んでいました。笑

 

自分の限界を自分で決めつけずに

 

このページを見てくれたことをきっかけに

自分の可能性や本当にやりたいこと、新しいことへ挑戦してみることの素晴らしさを伝えて行きたいと思っています。

 

 

オーストラリア半周を終わらせて180度変わった価値観。

残りの180度は支援者の皆様と共有していきたいと考えています。

▼イージーゲームよりハードゲームを楽しもう!

 

オーストラリアの1周旅行は日本人だけでなくワーキングホリデーでやってきた海外の人たちからも人気のある旅でもあります。

ただそのほとんどが4、5人で車をシェアしてガソリン代や宿代、食費を節約しています。

天候にも左右されず、雨の日も風が強い日もおかまいなし。気温が暑けりゃクーラーガンガン。泊まるところがなければ車内泊。

ぶっちゃけこれって難易度イージーです。

誰でもこなせるイージーモードよりも
僕は難易度をガンガン上げて、ハードモードで全身でオーストラリアを感じてます。

 
▼これまでのバイク旅

シドニーから始まった自己資金のみでのバイク旅はパースまで到着して半周を終わらせました。

シドニーからケアンズの東海岸北上ルート 4000km

ケアンズからウルル、ダーウィン、ブルームを通過してのパースまでの横断 8000km

▼バイクの修理費が高額に。。。

オーストラリアの半分を終わらせたところでバイクの限界がきてしまい、

エンジンとキャブレターのオーバーホール(バイクの心臓の清掃と部品の交換)が必要になってしまいました。

バイクで長期間の旅をしていると、どうしても修理やメンテナンスの回数が増えてきます。

今回の修理ではメカニック知識が必要な修理になるので費用がどうしても高額に。。。

 

バイク旅継続の為にご支援をよろしくお願いします。

▼今後の予定

ほとんどオーストラリアの1/3が終わっています。

パースからアデレード、メルボルン、を通過してシドニーまでの4000kmを

走りバイク旅を終わらせようと思っています。

▼資金の使い道


バイクのオーバーホール費用$ 2200(176000円)

各消耗品交換費用(エンジンオイル、タイヤ、ブレーキパット、プラグ、フィルター等)$1000(80000円)

ガソリン代(4000km)$320(約26000円)

各州での車両登録費 $600(約48000円)

食費(1ヶ月間)$120(約10000円)

宿泊費(1ヶ月間)$300(約24000円)

クラウドファンディング 手数料(手数料12% 決算手数料17% 4828

 

合計332,280円

 

 

 

▼リターンに関して


80日以内にクラウドファンディング からの支援者していただいた方限定のリターンに関しては、これまで働いてきたフレンチ、イタリアン、ホテル、割烹料理、オーストラリアでの調理師経験を生かした

帰国後の3ヶ月以内(2019年夏頃オープン予定)に兵庫県朝来市内でオープンを予定している自宅カフェでの料理サービスなどをメインに考えています。

改装予定の現在の日本の自宅。

▼最後に

最後まで、ありがとうございます。

クラウドファンディング を通して知り合った方とはこの場限りではなく、

支援金達成後、バイク旅が終わった後も長い付き合いをしていきたいと考えています。

バイク旅のご支援よろしくお願いします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください