歩きが変われば100年歩ける身体を創れます。歩き方を生まれたときから一度も教わらず、間違ったままにしているせいで身体の痛みを抱え、更に姿勢の悪化も起こしています。まともに歩けない人が増え杖の売れ行きがどんどん上がっています。トレーナーとして、世の歩き方を正し自分の力で最後まで歩ける身体を提供したい!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

パーソナルトレーナーとして、お客様の健康管理をしております志村貴史と申します!専門分野は運動指導です。重たい重りを持ち上げるトレーニングというよりは、日常動作をより軽やかに、負担なく行うために30代女性や、上の方で70代の女性まで運動指導をしております。まだまだ売れっ子トレーナーとは言えない、生活ギリギリの中で勉強しながら毎日が勝負だと思いお客様と向き合って運動指導を行っております。

▼このプロジェクトで実現したいこと

今回のプロジェクトでは、日本人の【歩き方改革】を起こし、「誰しもが100年歩ける身体をつくる」その挑戦をしたい。歩き方が変わればお尻や内もも、もも裏までの筋肉が増え100年歩ける身体を実現できます!また姿勢も変わり見た目の印象や、姿勢が良くなることによって脳内の酸素濃度が上がり、集中力の増加も実現されます。日本全国を明るくするには「歩き」にかかってる。そう思い人々の健康管理をするトレーナーとして歩き方改革を起こし、誰しもが100年歩ける身体をつくりたい!そう強く挑戦する覚悟でいます。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

杖の売り上げ向上をわかってからです。それは経済的には潤うかもしれませんが、杖をもって歩くことがその人たちにとって本当に幸せなのでしょうか?確かに杖は歩けない人の生活を豊かにする素敵な商品ですが、前提として杖が必要な状況そのものに人の悲しみが隠れていると私は考えています。そのため杖を使わなくても歩ける理想の状態を保ち続けて街へ出かける楽しさをずっと持っていてほしいと思ったからです。

▼これまでの活動

まだまだ少ない人数ですが、30歳代の女性から上は70代の女性まで身体を軽やかにするための運動指導を行ってきました。また、スポーツフェスでブースを開き、約200名の方に姿勢チェックからその改善アドバイスをさせて頂きました。

▼資金の使い道

ウォーキングスペシャリスト協会で勉強をしている最中なのですが、その勉強資金にあてたい。また資格習得後、様々な法人から公民館などに売り込みに行き、その活動資金にも充てたいと思っております。

▼リターンについて

・オンラインでの身体の悩み相談を受け付けます。

・ウォーキングレッスン80分を提供。

・ボディメイクに特化したパーソナルトレーニングを提供します。(2ヵ月、全16回)

※面会の場合は公共の場所で面会します。

▼最後に

「歩けなくなってしまった人」が共通しておっしゃっている言葉があります。

「どうしてこんな風になってしまったんだろうね。」

自分の力で歩けなくなってしまったことによってネガティブな考えになって生きがいを感じなくなっています。

戦争を生き抜いたとても強い方達のはずが弱音をたくさん吐いているのです。

それだけ歩けなくなるということが、とても辛くて、「まさか自分が、、、」って誰しもが思っているのだと思います。

私たちも歩けなくなるなんて想像もできないですよね。

しかし今のままでは寿命だけ延びて歩けなくなる人がどんどん増えていくと思います。その流れを食い止めたい。これは私のパーソナルトレーナーとしての最大のミッションだと思っています。

どうか、この私に力を貸して下さい。

あなたからのご支援をお待ちしております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください