ー  はじめに・ご挨拶 ー 

初めまして、大湯琴音と申します。
このページをご覧いただき本当にありがとうございます。

私は日本の日常的な魅力を世界にもっと知ってもらいたくて今年7月に読者投稿系写真マガジン 週刊海外出版を電子書籍で創刊。13カ国のAmazonで出版しています。
なぜこの取り組みをはじめたのか、少しお話させてください。



ー  このプロジェクトを立ち上げたきっかけ  ー

青森で生まれ育った私は子育てが終了した4年前に東京に来て学生に。2年で海外授業を中心に10カ国を回り、日本の国力衰退を強く認識。英語が喋れず後れを取る、IT化も遅々として進まない、他国と比較して明らかな労働力の高齢化など。様々な面で伸びしろが少なく「成長鈍化からの衰退」を随所に感じ危機感を覚えました。

このままじゃダメだ、日本が世界から忘れられていく
日本にはまだ素晴らしいものがたくさんある
でもそれが世界に発信しきれていない
じゃあどうすれば?

何の人脈もない自分ができること、それは最近趣味で始めた電子書籍の作成。
そうだ!日本の魅力を伝える写真集を電子書籍で作って、海外に向けて出版しよう


最初は自分一人ではじめた取組みも、今ではSNSで皆さまからご投稿いただいた写真で電子写真集 週刊 海外出版 を毎週出版。

毎号の特集テーマは、青森、沖縄、日本の祭りと伝統文化、お花、ペット、日本の夜景、夏の思い出

ご参加者様の声
「Amazonに名前が載っているのを見たときはうれしくて鳥肌がたった」
「お声掛けいただいてよかった、撮影を続けていてよかった」
「今年一番楽しく良い思い出だった」

第5号は親子3人でご参加されて、それぞれのお名前やペンネームがAmazonに掲載され大変喜ばれていました。

ところが続けるうちに金銭的に厳しい現状がわかってきました。


ー  このプロジェクトで実現したいこと ー

プロジェクトでしたいことは『週刊 海外出版』 出版継続のための金銭のご支援のお願いと、写真を投稿していただくご協力者を見つけることです。

「週刊海外出版」は、個人で世界に情報発信をしたい方が気軽にご投稿できる貴重な場所。
日本で他に類を見ない先陣を切った取り組みと自負しています。
しかし、その効果や労力に対して収入が少ないのです。
8月印税収入 1,885円 (7月は631円)
かつ、毎週各SNSを周り投稿者を探すのも大変です。


今まで周りに助けを求めずに手弁当で頑張ってきました。
せっかく軌道に乗ってきたこの取り組みを、皆様のご支援で続けさせてください。

具体的な資金の使い道は以下の通り
・電子書籍作成人件費
・決済手数料17%


ー  リターンについて ー  

皆様の写真を「週刊海外出版」へ掲載することは創刊時から無料です。
※最初に必ずこちらをご覧ください!
無料参加の写真投稿方法の流れや応募方法はこちら

「週刊 海外出版 / 海外出版の学校:写真投稿の流れ」
https://overseaspublication.com/story


※【500円】と【1,500円】のリターンは無料参加の上乗せオプションです。

【500円】投稿写真に「顔写真(小)・自己紹介・SNSや自分のホームページのURL 」掲載可+ お礼のメール

【1,500円】500円のリターン記念表紙1枚を作成しデータでご提供

公平性を保ちたく今まで商用不可としてきましたが、今回一部広告を解禁します。
【5,000円】広告1ページ
【10,000円】広告2ページ
【15,000円】広告3ページ
【20,000円】広告4ページ

【50,000円】個人写真集作成代行(20ページ程度まで)
個人のブランディングや作品・商品披露など、個人写真集はこちら
(広告10ページ以上の場合もこちらがお得です)

※支援のみで写真投稿を希望されない方は、感謝を込めてお名前かペンネームなどを電子書籍写真集に掲載させていただきます。
ネットワークビジネス等の宣伝告知はこのプロジェクト及びリターンでも掲載禁止
※ご不明な場合は事前にお問い合わせください。
 E-mail:office@epubsea.com


ー  実施スケジュール ー 
感謝の気持ちを込めてプロジェクト内で
お礼とご報告を随時いたします。

9月上旬〜クラウドファンディング開始

9月末〜クラウドファンディング終了 

10月1日〜電子書籍写真集の作成開始

10月中旬〜電子書籍写真集を13カ国で発売&ランキング報告+お礼のメール

※電子書籍写真集を無償でご提供することはAmazonの規約でできません。
 ご覧になるには各自Amazonにて99円でご購入、または無料キャンペーン期間中0円でダウンロードをしてください。
※スマートフォンやPCでご覧になる場合は、Amazonアカウントを取得し無料のKindleアプリが必要になります。
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page 


ー  プロジェクトの展望・ビジョン  ー 

最後までお読みいただきありがとうございます。
今はオンラインやSNSの活用で、以前より個人が情報発信できる手段が増えています。
このプロジェクトで日本の魅力を発信する仲間を見つけて、 海外出版のファンが増えることを期待しています。

どうかあなたのご参加を心よりお待ちしております。


※今回が初めてのプロジェクトです。
※プロジェクト内の参照記事以外の写真の掲載権利はすべて大湯 琴音に帰属します。
※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください