どんな音も聞き逃さない。世界初、超高解像度サウンドをこの小さなイヤホンに!組み替えることでデザインやあらゆるシーンに合わせて音質も変えることができる優れもの!

プロジェクト本文

7月23日追記 メディア掲載されました!!!

lifehackerさんの記事
HPSD E70を直接使っていただいたレビューが掲載されていますので、ぜひご覧ください。



世界初の技術「静磁型構造 (Magneto-Static Method)」により、静電型 (ElectroStatic) イヤホンと同等の超高解像度サウンドを実現しました。

まるで音が生きているかのような臨場感と戦慄を余すところなくリスナーに伝えます。
- 小さい音まで埋もれることなく、低音、中音、高音、全ての帯域をはっきりかつ、精密に奏でます。

カラーと音質を組み換えることができます。
故障したパーツだけ取り替えて自分で修理が可能です。

全てのリターンにおいてCAMPFIRE向け限定で生産されるローズゴールド色のハイブリッドカプセルとグリーン、イエロー、それぞれのクリアカプセルをご提供 (目標金額1000%以上達成時のみ)

CAMPFIREで展開中のプロジェクトに参加してくださったパトロンの皆様から、製品レビューの投稿に興味をお持ちの方3名を選び、プロジェクト開始2週間後に新たに製品を実際に使ってレビューする機会をご提供します。

- 値段を理由に、高音質イヤホンには手が出せなかった方
- 普段から音響技術に関心をお持ちの方
- ゲーム上の小さな音まで逃さず聞き取りたい方
- DJ活動やサウンド制作に携わる方

製品の梱包内容やデザインは一部変更される場合がございます。
オリジナルパッケージの構成内容では HPSD E70には MSH GOLD ドライバーを搭載しています。

イヤーブリッジ代表ユ・ドンオクは音響エンジニアとしてK-ONKYOでキャリアをスタートさせ、EARBRIDGE Inc.の設立に至るまで34年間の経験を積み重ねてきました。

静磁型 (MAGNETO-STATIC) イヤホン HPSD E70 開発者インタビュー
youtubeの字幕機能をONにしてください:)

1日4時間以上音楽を聴いているというほどのサウンド愛好家であり、現在まで、様々なオーディオシステムに携わり、開発を行ってきました。その経験の中で味わった最高のサウンドをもっと多くの人に体感してもらいたいという願いからこのイヤホンの開発に至りました。自分の好みに合ったサウンドとデザインを選べるようにしたいというこだわりも取り入れ、世界初の超高解像度サウンドイヤホン、HPSD E70を完成させました。彼は本当に良い音とはどういうものか聴かせられるよう願っています。


静電型の最大の欠点である高電圧の電源装置を取り除きました。



自由に分解・組み立て可能な可変型モジュール構造デザイン

破損したパーツを交換するだけで、手軽に修理できます。
- 2つのタイプの MSH ドライバー、3種類のクリアカプセル、 3種類のハイブリッドカプセルを組み合わせて、全部で12種類のサウンドパターンに組み換え可能です。
カプセルを取り替えて、色やデザインを変更できます。

サウンドの傾向 :
低音、中音、高音それぞれの良さを出しつつ、空間の広がりを感じさせるような迫力あふれるサウンドを聴かせてくれます。

周波数応答特性にもとづく基本波の傾向:
聴感曲線に似たバランスのV字型 

おすすめしたい方 :
- クラシックなどが好きな方。
- EDMなどの楽曲が好きな方
- FPSジャンルのゲームなどが好きな方。
- 電子鍵盤楽器などの演奏ゲームやリズムゲームが好きな方。
- リアリティーを強調したVRなどを体験したい方。

サウンドの傾向 :
しっかりした低音、明瞭な中音、歯切れの良い高音が混ざり合い、高い解像度と適度なバランスが効いているサウンドを聴かせてくれます。 

周波数応答特性にもとづく基本波の傾向:
一般的なV字型

おすすめしたい方 :
- ヒップホップやラップ、R&B などの楽曲が好きな方。
- 空間の適度な広がりを感じながらミュージカルなどを楽しみたい方。

3種類のサウンドパターンを選べるので、MSHドライバー2種と組み合わせれば、合計6種類のサウンドパターンを作ることができます。


3層構造のデザインでカプセル内部の素材が共振を吸収するため、不要な振動が取り除かれて、低音と中音の明瞭さが向上します。

クリアレッド  /  ディープレッド

スタビライザーホールのサイズ :
低音を拡大して空間の広がりを感じさせる、柔らかく温かみのある印象のサウンドパターン

 

クリアクリスタル  /  ディープシルバー  /  クリアブラック

スタビライザーホールのサイズ :
MSH ドライバーのサウンドスペクトラムに基づき、ブルーとレッドの中間的なバランスに合わせたHPSD E70の基本のサウンドパターンです。


クリアブルー  /  ディープブルー

スタビライザーホールのサイズ : 
音の分離を高め、より広いステージを感じさせる歯切れ良く抜けるような印象のサウンドバターン

オプションにてクリアカプセルのタイプをお選びください。

オプションにてワイヤーブロックのタイプをお選びください。









HPSD E70 のパッケージにはイヤホンの管理が楽になるマグネット内蔵のレザーストラップが含まれています。
とても丈夫なストラップで、ケーブルの管理が楽になります。襟元、冷蔵庫、バッグの持ち手、磁石がつく黒板など、色々な場所に取り付けられます。




HPSD E70 プレミアムパッケージには丈夫でかわいらしい防水ケースが付いています。
ペリカンケースで HPSD E70を手軽に安全に保管してください。


イヤーチップの特徴

- 表面積を拡大して動的圧力の拡散を促し、耳にかかる圧力を調節して聴き心地の良さを実現します。


巨額の成功を収めた訳ではありませんが、イヤーブリッジにとっては極めて意義深いキャンペーンとなりました。日本、米国、タイ、インドネシア、韓国、中国、シンガポール、台湾、カナダ、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、イギリス、イタリア、スロベニア、ニュージーランド、オーストラリアの計17か国のサポーターがHPSD E70に力を貸してくれました。





イヤーブリッジの代表と構成員は長きに渡ってサムスン電子、LG、ソニー、フィリップスなどの企業でスピーカーの開発に携わり、十数年間の研究開発と製造を通じ、豊かで多彩な経験を積んできています。

イヤーブリッジでは、個人の好みに合わせてレゴブロックのように色やサウンドパターン、デザインなどをDIYアレンジできるイヤホンと、ワンルームに最適なサウンド再生性能を発揮する超高解像度スピーカーの構造技術の大衆化を目指しています。

革新的な技術をもとに、絶えず研究開発と努力を重ねることで、超高音質イヤホン市場をリードする企業に成長することを目標にしています。

音を愛する全ての人のため、本物の高解像度サウンドを手軽に楽しめるようにすることが、イヤーブリッジの夢であり、目標です。


会社住所: 大韓民国仁川広域市延寿区松島未来路30 スマートバレーE棟1407号
連絡先: +82)-32-816-1400
ウェブサイト: www.earbridge.net
代表メールアドレス: support@earbridge.net


Magneto-static 構造は特許を出願し、登録された技術です。 
イヤーブリッジでは以下の特許を保有しています。
  • Magneto-Static 方式を利用した高解像度サウンド変換技術-> 10.
    相互に交換できるモジュール構造技術-> 2.
    動的超スリム高出力サウンド変換技術 -> 2.
    空間可変構造携帯用オーディオ技術-> 1.
    ウイングメンブレン多機能サウンド変換技術 -> 1.
    Magneto-Static 技術の出願国は韓国、アメリカ、日本, ヨーロッパ, 中国です。






Q. 欠陥商品が届きました。どうすればいいでしょうか?
A 1. support@earbridge.netまでご連絡いただければ、確認ののち、すぐに交換いたします。
A 2.初期不良による交換の場合、送料はイヤーブリッジが負担いたします。

Q. 製品の製造国はどこですか?
A. 韓国国内でデザイン、開発、製造、発送まで行っております。

Q. アフターサービスの保証期間はいつまでですか?
A.リターンの到着日より1年間の保証が付いています。

Q. HPSD E70の主な特徴は何ですか?
A 1. 音質のためだけに誕生したイヤホンで、解像度の高い高音質のサウンド再生に優れた性能を発揮します。
A 2. 静電型イヤホンと同等の高解像度サウンドの再生を可能にする理想的な構造を備えています。ただし、高電圧の駆動アンプが不要なので携帯性が高い上、価格も削減できました。
A 3. 組み立てや分解が可能なモジュール構造のカプセルで音のパターンや色、デザインを好みに合わせて変更できます。

Q. HPSD E70はいつ発送されますか?
A. HPSD E70 のプロジェクト終了日は2019年7月31日です。
全てのリターンの発送は2019年10月までに完了します。

Q. CAMPFIRE終了後の購入は可能ですか?
A. 色々な販売先を計画中です。販売先が決まり次第、パトロン様にお知らせします。

Q. 開発者の経歴が気になります。詳しく知ることは可能ですか?
A. INDIEGOGOとWADIZでも同じ質問を多く受けました。開発者の経歴が気になるという方には、個別にメールで詳しい資料をお送りいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください