手ぶらで2週間、ヨーロッパ11か国を巡る旅に出たいです!この旅を通じ、より多くの人に旅の「楽しさ」「気軽さ」「新しい価値」を知ってもらい、もっと海外に旅をする人を増やしたいです!

プロジェクト本文



ご覧になっていただき、ありがとうございます!
はじめまして、なつおと申します。

今回、手ぶらで2週間、ヨーロッパ11か国を巡る旅に出たいと思っています!!



え?手ぶら?

2週間で11か国なんて行けるの??

そもそもなぜそんな企画をやりたいと思ったの??


はい、ごもっともな疑問だと思います。その説明をするために、まずは自己紹介をさせてください。(詳しいプロフィールはページの最後に掲載しています。ぜひご覧ください。)

一橋大学の3年生の山下夏生です。現在はオランダに留学中です。


わたしは旅というものが大好きで、今までにアフリカや東南アジア、ヨーロッパなど、合計で15か国ほど旅した経験があります。

カンボジア、韓国、ケニア、オランダ、ドイツ、フランス...様々な国を訪れました。

その中で、色々なバックグラウンドを持った人たちと関わり、そして日本人のそれとはまったく違った価値観や文化に刺激を受けてきました。

それは、どの国でも同じです。

海外に出てていくことで、僕自身の価値観も変わり、それを実際に活かすことができている実感があり、ますます充実した人生を送れるようになりました。

例えば、わたしはケニアを訪れた経験から、現地の生活に非常に衝撃を受け(なんでみんなこんなに一生懸命に働いているのに稼げないんだ!なんてファッション産業が盛んなんだ!など)、結局ケニアで起業し、ファッション誌の出版事業を始めるに至ったこともあるくらいです。


しかし、実は、海外へ出ている日本人の数はこの10年間で特に増えてはいません(下図参照)。

(出典:日本政府観光局)


訪日観光客数は年々増加し、もっと外国の方々とかかわる機会は増えるのに、です。

ますますグローバル化は進んでいるのに、です。

こんな状況で大丈夫でしょうか?

日本人は自分の国から海外へ飛び出し、経験を積むべきではないでしょうか?

もっと海外の文化から刺激を受けるべきではないでしょうか?


そうです、もっと海外へ飛び出すべきです!

わたしは、海外へ出ていく人を増やしたいのです!

そしてもっと幅広い視野や原体験をもって活躍する人を増やしたいのです!


そこで、他の人がもっと海外に出ていくようにするにはどうしたらいいか考えました。

いきなり現地に留学したり、住んだりすることは難しいので、

やはり、海外へ旅する人を増やすことが一番だと考えました。


次に、どのような形でわたしは「海外へ旅する人を増やす」ことに貢献できるか、です。

3日3晩考えました。

なぜ、みんな海外に出るのをためらうのだろう....?


そして、海外へ旅をすることに抵抗を感じる理由は以下の3つだと考えました。

1.とにかく不安 言語の壁が怖い、その土地について知らなすぎる、何か事故が起こるんじゃないかという不安がある。

2.色々と面倒 準備も時間かかるし、荷物は重くて運びたくないし、遠くの国に行くのは面倒くさいイメージがある。

3.単純にお金がない


ここまで考えて、ひらめきました。

【手ぶら旅への挑戦】手ぶらで2週間、欧州11か国を巡る旅に出たい!!」という企画を行えば、この3つの抵抗感をなくすことに貢献できるかもしれない!と。


私はこの企画を通じて、伝えたいことが3つあります。

それは、

1.海外への旅に不安はなく、楽しいということ (不安→楽しい)

2.海外への旅は面倒ではなく、気軽にできるということ(面倒→気軽)

3.海外への旅はお金がかかるものではなく、価値に変えることができるということ(お金がかかる→お金は集められる)

です。


1.海外への旅は楽しいということ

もちろん、言語が通じなかったり、その土地に詳しくなかったりという不安もあります。

しかも、今回わたしは手ぶらで旅にでます。

そこには服が足りなかったり、物を買えなかったりするハプニングが起きるでしょう。

わたしだって、不安はあります。

しかし、そんな分からない土地にいくドキドキ感、次々と起こるハプニングこそが旅のだいご味であり、楽しいところなのです。

今回は、旅中もTwitter, Facebook, Instagram, Youtube, ブログ等を通じて必死に発信します。そしてその様子を通じてもっと多くの方に、「海外行くの楽しそう、なんか行きたくなってきたなぁ~」、そう思わせられるように頑張ります!!

本当に手ぶら旅が快適なものになるかどうか、ちゃんとやりきることができるかどうか、短い時間で11か国も回ってキチンと楽しめるのかどうかなどなど、検証してきます!


旅の楽しさを伝えます!


2.海外への旅は気軽にできるということ

今回わたしは手ぶらで旅に出ます。

長い時間をかけて準備をする必要も、重い荷物も持つ必要はありません。

海外への旅は、ほんとうにサクッと行くことができるということを、身をもって証明したいと思います。

また、2週間という短い時間で、ヨーロッパ11か国を巡ります。

きっとみなさんは、そんなに多くの国に行くのは不安だったり、難しいと思っているのではないでしょうか。

そんなことはありません。

みなさんが思っている以上に、たくさんの国を回ることは難しくないのです。

旅の様子を逐一お伝えすることで、実は旅には準備は必要ないし、たくさんの国を巡ることも簡単だということもお伝えしたいと思っています。


旅の様子は動画でも積極的に発信します!



3.海外への旅を価値に変えるということ

きっとここまで読んでいて、こう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

海外行きたいけど、お金がない」と。

でもそんなことはないとわたしは伝えたいし、この古い価値観に挑戦したい。

今や、テクノロジーの発達によって、みなさんの旅の経験を価値に変えることができる時代なのです。

こうしてわたしがクラウドファンディングで資金を募る意義もここにあります。

SNSやブログで発信し、クラウドファンディングで資金を募り、旅経験を価値に変えている様を見せることで、旅という行為を仕事にできるんだ、お金がなくてもいけるんだ、ということをお伝えしたいと思っています。


繰り返しになりますが、わたしはもっと海外へ飛び出す人を増やしたいと思っています。


どうか、ご支援のほどよろしくお願いします!!!



▼目的

海外へ飛び出す人を増やすこと


▼伝えたいこと

1.海外への旅に不安はなく、楽しいということ (不安→楽しい

2.海外への旅は面倒ではなく、気軽にできるということ(面倒→気軽

3.海外への旅はお金がかかるものではなく、価値に変えることができるということ(お金がかかる→お金は集められる


▼企画

手ぶらで2週間、ヨーロッパ11か国を旅する


▼企画内容

【出発時の持ち物】

スマホ1台、クレジットカード1枚、充電器1台、パスポート


【訪問国】

・ドイツ(ベルリン)

・ポーランド(ワルシャワ)

・チェコ(プラグ)

・オーストリア(ウィーン)

・スロバキア(ブラチスラバ)

・ハンガリー(ブダペスト)

・クロアチア(ザグレブ)

・スロベニア(リュブリャナ)

・イタリア(ベニス、ローマ、ミラン)

・スイス(チューリッヒ)

・オランダ(アムステルダム)


【期間】

12月23日~1月6日


▼お返しについて

【Facebook非公開グループとは】

支援していただいた方全員に、Facebook非公開グループにご招待します。(なつおの企画室: https://www.facebook.com/groups/1824101381052756/)

支援していただいた旨をお書き頂いたうえで、リクエスト申請を行ってください。

わたしのTwitter, Facebook, Instagram, Youtube, ブログを通じて今回の旅について発信もする予定ですが(より多くの人にリーチし、わたしも海外に行ってみたい!って思ってもらうためで、またこの旅の目的でもあります)、あえてそれとは別にFacebookで非公開グループも作ります。

目的は2つあって、

1.みなさんが上記メディアを行ったり来たりする手間を省きたい

上記メディアで投稿した内容は、Facebookグループ内でも共有いたしますので、グループ内での投稿を見れば今回の旅の様子がわかるようになっています。

2.より親密な関係を築きたい

せっかく支援していただいた方に対しては、旅の様子について、よりリアルタイムに近い形で詳しく共有する、一般には言いづらいと感じていることや(例えば、こういうアンチがいて悩んでいる....)、自身の考え方(クラファンの意義とはなんぞや!)、今後の展望(次は西アフリカで挑戦したい)などについて話していきたいと思っています。


【追加のお返しについて】

支援していただいたお返しの種類は、実は追加することが可能です。ですので、今ある中で欲しいのはないけれど、自分はこういうことをしてもらえると助かる、ということがあればぜひご連絡ください!

(内容は要相談、内容次第では追加できない場合もございます。)


▼支援後の流れ

・Facebook非公開グループ(なつおの企画室: https://www.facebook.com/groups/1824101381052756/)にアクセスしていただき、支援していただいた旨をお書き頂いた上で、リクエスト申請を行ってください。

・もしよろしければ、わたしのTwitter, Facebookアカウントをフォローしていただき、支援した旨のご連絡をください。または、ご支援される際に備考欄にご自身のTwitter, FacebookアカウントURLをお書き頂ければこちらからフォローに参ります。

Twitter (@Natsuo): https://twitter.com/Natsuo720

Facebook (山下夏生 / Natsuo Yamashita): https://www.facebook.com/natsuo.yamashita.7


▼いただいたお金の使い道

都市間交通費: 40419円
宿泊費: 20915円
都市内交通費・食費: 1日5000円×14日 70000円
クラファン手数料: 17%
→計158233円 

余ったお金は、今後私自身が面白いことを始めるのに使わせて頂きます!!!(リターンが買われれば次は西アフリカ、買われなければ日本に帰国して起業の説が濃厚)


▼プロフィール

【名前】山下夏生(Natsuo Yamashita)


【経歴】

①大学1年次に一橋大学入試研究会という学生団体を自ら設立して問題集を制作・販売。一橋受験生のための活動を行う。(ウェブサイト: https://hitotsubashi.nyushi)

受験生に大人気の様子。


文化祭では2000部以上が3日間経たずして完売します。


②大学2年次にケニアに訪れた際、現地での生活に衝撃を受ける。このことがきっかけでケニアで起業、ファッション誌出版事業を始める。

モデルさん、スタイリストさん、僕のビジネスパートナーさんと一緒に。


③大学3年次にあまりに読書が好きすぎて、本好きのためのサイト「Elel」(https://elel.site)を開発し、リリース。朝日・毎日・読売といった全国新聞に取り上げられ話題に。

Elelウェブサイト。サイト上には40名近くの一橋教授の名前がずらり。


朝日新聞記事「良書はここで 一橋大生が推薦書のHPを立ち上げ」:https://www.asahi.com/articles/ASL5H51VDL5HUTIL02G.html

毎日新聞記事「読みたい一冊に出合える場 教授40人に紹介依頼、デザインも自力で 一橋大生がサイト開発 」:https://mainichi.jp/articles/20180515/dde/018/070/021000c


④大学3年次の夏よりオランダに留学中。

オランダでできた友人とドイツのビール祭りにいったときの写真。


⑤現在海外への旅をする人を増やすべくクラウドファンディングに挑戦中。


みなさんご支援よろしくおねがいします!!



【Twitter】https://twitter.com/Natsuo720

【Facebook】https://www.facebook.com/natsuo.yamashita.7

【Instagram】https://www.instagram.com/natsuo_yamashita/?hl=ja

【ブログ】http://natsuo720.hatenablog.com/archive

【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCxBVE5VyiLemtesz3P_g72Q

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください