高山市の高地”平湯温泉”の老舗旅館を、趣味と癒しのゲストハウス”Fisher.mountainsハウス”に再生するプロジェクト。時代が変わり、趣味を楽しむ方や外国人観光客などいろんな方が訪れる平湯。Fisher.mountainsハウスは、気軽にリーズナブルに平湯を楽しむ施設として蘇ります。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

高山市の高地”平湯温泉”の老舗旅館を蘇らせるプロジェクトです。

温泉と料理が自慢の老舗旅館”飛騨”は、昨今の旅行スタイルの変革にともないお客さまも減り、しばらく営業を休止していました。

しかし旅館”飛騨”は平湯温泉街の中心に位置する立派な施設。放っておくのはもったいない、とさまざまな支援者からの後押しもあり、オーナーのご子息が一大奮起。

趣味と癒しのゲストハウス”Fisher.mountainsハウス”に再生するプロジェクトをたちあげました。

このプロジェクトは、平湯温泉街の関係者・地元のファン・オーナーの知人から多数の後援企業など、さまざまな支援者による共同事業でスタートしています。僭越ながらプロジェクトへの参画・支援者を代表して説明させていただきます。


■名称:Fisher.mountainsハウス
■種別:ゲストハウス(客室18)
■所在地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯662
■交通アクセス
【車利用】
高山からR158号線経由で約50分
中央道松本ICより約60分
【バス利用】
JR高山駅よりバスで60分
平湯バスターミナルより徒歩3分

平湯温泉街の中心地!
安房峠道路「平湯IC」からすぐ!

▼Googleマップで確認
https://goo.gl/maps/LYK4UebHqAt


■運営元・・・旅館”飛騨”(法人設立予定:合同会社フライトップ)
 所在地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯662

■経営・企画・・・SOSENINTERNATIONAL株式会社
 所在地:愛知県東海市加木屋町円畑27番地の9 

■財務・税務・会計 ・・・かがやき税理士法人
 所在地:愛知県東海市荒尾町木戸畑48-4


※文末にはオーナーからの挨拶も掲載しました。波乱万丈?なオーナーの生涯も赤裸々に書いていますのでどうぞ読んでみてください。


▼平湯、旅館再生プロジェクト
趣味と癒しのゲストハウス”Fisher.mountainsハウス”開業事業

平湯の老舗旅館を現代のニーズにあった利用価値の高い施設に蘇らせる今回のプロジェクト。昨今時代が変わり、趣味を楽しむ方や外国人観光客などいろんな方が訪れる平湯。Fisher.mountainsハウスは、気軽にリーズナブルに平湯を楽しむ施設として蘇ります。

平湯はもともと、温泉と高級和食をたのしむ日本人向けの観光地でした。

飛騨の名湯と地元食材でもてなす和風懐石料理を旅行客は楽しんでいました。

昨今時代はかわりました。

いま平湯の街を歩いてみると、日本人、外国人観光客、老若男女さまざまな方が街を楽しんでいます。

料理旅館中心に形成されていた街も、現在では土産店やレストラン、日帰りの温浴施設などさまざまなスポットができました。


つまり、泊まって温泉につかって食事して・・・のお客さんだけでなく、

街を散策したり・・・
釣りを楽しんだり・・・
飛騨の名山登山を楽しんだり・・・
スキーを楽しんだり・・・
食べ歩きと日帰り温泉を楽しんだり・・・

平湯の楽しみ方が変わってきました。


インターネット予約が中心の昨今、外国人観光客の存在もあたりまえ。

もっともっと平湯の魅力を世界中の方々に知ってほしいと思うからこそ、利用しやすいゲストハウスFisher.mountainsハウスを企画しました。


▼気軽に、リーズナブルに趣味を楽しむ

ご宿泊や休憩利用の施設にすることで、気軽にリーズナブルに趣味を楽しめます!


平湯はもともと、温泉・料理・宿泊を楽しむ高級志向の旅館がメイン。

現在もこれからもそれは変わりませんが、

登山や釣り、街歩きやスキーをメインに楽しむお客さんもドンドンふえているんです。

さらに、外国人観光客もドンドンふえています。

であれば、気軽にリーズナブルに宿泊や休憩のみの施設も必要ですよね!

我々は”平湯の新しい楽しみ方”を提案します。

みなさんの趣味を思う存分楽しんでいただくためのゲストハウスです!!

ご子息の新オーナーの思いはこうです。

「これまでのthe旅館…ではなくお客様一個人もこの山の暮らしに少しでも動化できたらとゆうコンセプトでとにかく好き勝ってきままな自由なハウスにしたいと考えてます。山好き・渓好き・動物好き…皆様が都会では出来難い全てのご要望にさりげなく提供するような…あなたのMyhouseです。」

さまざまなお客さんにリーズナブルにご利用いただき、平湯のすばらしさを多くの方に知ってもらうのを目指してかんばります!!!


▼素泊まりや休憩滞在、システム・料金も一新

営業スタイルを一新、素泊まりや休憩滞在など幅広い客層をターゲットにします。

温泉・料理・宿泊を楽しむ高級志向の旅館から、ご宿泊のみの施設にすることで気軽にリーズナブルにご利用いただきます。

宿泊サービスに加え、趣味を楽しむお客さまのための休憩サービスを導入し、幅広い用途での利用を提供します。

料金もリーズナブルに設定、まだ計画中ですが予定している料金設定プランはこんな感じです。


▼登山客へ最高のシーンをお届け

平湯を取り囲む山々は登山客や観光客にも大人気の名山。

ちょっと贅沢な山小屋として当施設を利用いただく方も少なくないでしょう。

宿泊だけでなくお昼の休憩利用も可能にした当施設の新システムは、

癒しを求めるお客さんに最高の空間を提供できると自負しています。

山の景観とおいしい空気、心も体もあたたまる平湯温泉をお楽しみいただければ嬉しいですね。

希望の方にはオーナー手作り山菜弁当もご用意しますよ!!



▼フライフィッシングを楽しむ

当施設のオーナーはフライフィッシングマスター。

時間さえあれば絶景スポットを楽しみながらのフライフィッシングに出かけています。

そんな施設だから、フライフィッシング大好きな釣りマニアにはたまりません。

釣り師の方々、どうぞ当施設を盛り上げてやってください。

初心者の方にはフライフィッシング体験も行っています。

上級者の方には、オーナー自ら、最高の”隠れスポット”までご案内しちゃいますよ!


▼ペットといっしょに温泉宿!

昨今のペットブームにも尽力します。

ペットは家族みたいなものですよね。

だったら旅行にも連れて行ってあげたいですよね。

平湯の街に癒されるのは人間だけではありません。

ペットにも癒しの平湯を楽しませてあげたいものです。

当施設はペットと泊まれる部屋を用意しています。

さらに、ペット用の温泉まで予定しています。

平湯の温泉には、愛犬もきっと喜びますよ!

ただ、ペット用とはいえお風呂を準備するのはコストもかかります。

どうか皆さん、応援してください。


▼カブトムシ・クワガタを捕まえよう

平湯の山々にはクワガタやカブトムシ、珍しい昆虫がたくさん生息しています。

子供だけでなく大人の方でも、童心にかえって幻のクワガタをねらっちゃいましょう!!

当施設が所有する山での捕獲ですので、思う存分楽しめますよ。

ところでカブトムシやクワガタをの捕獲にはコツがあります。

もちろん教えちゃいます。

▶まずは仕掛けをして・・・
▶獲物がかかるまでは施設内でバーベキュー!・・・
▶おなか一杯になったところで、さあ捕獲・・・

当施設の係員がすべてご案内しますよ!!


▼山菜採りも平湯で人気の楽しみ方

同じく当施設が所有する山での山菜採りも平湯で人気の楽しみ方です。

シーズンには旬の食材を求めて多くの方が山菜採りに訪れます。

こちらも係員が抜群のスポットをご案内します。

当施設が所有する山の中なので、どれだけでも採取してください。


▼地元名産品とワインを楽しむラウンジ

施設一階の多目的スペースでは、地元の名産品の販売や飲食を。

ワインのスペシャリストがしっかり準備してお待ちしてます。

飛騨牛と地元のチーズにおいしいワイン。

平湯でも注目のスポットに変身しますよ!!


▼インバウンド対策もしっかり

インターネット予約で外国人も多数訪れます。

日本人も外国人もみんなが楽しめる環境を用意します。

温泉は欧米系外国人にも大人気。

すっかりお洒落な雰囲気に変わった平湯を堪能できますよ!


▼かつての旅館”飛騨”のおもかげも・・・

かつて活躍したゲーム機やジュークボックス。

昭和のおもかげを残しつつ、幅広い層のお客さまによろこんでいただけたら、と願っております。機器の復活にも皆様からの応援お願いしたいです。

どうかご支援お願い致します・・・。

昭和のあの頃が蘇る…

古の思い出をこのBoxに…

山と渓…忘れ欠けている現代人の求める…

古のハウス!

Fisher.mountains.Box!

・・・ご清聴ありがとうございました。


▼アクセス抜群になります

高山市から、松本市から平湯まで、中環自動車道開通予定です。

アクセスもグンと変わりますよ!!

中環自動車道開通により、長野県松本・岐阜県高山から高速道路でつながれば、

車まで数十分で到着する抜群のアクセスに!

将来、平湯にくる観光客が倍増するのは間違いありません。



▼資金の使い道

ゲストハウス”Fisher.mountainsハウス”への修復工事や施設装飾費の一部に充当させていただきます。今回のプロジェクトにはさまざまな会社や仲間からご支援いただいています。来春開業に向けて、Fisher.mountainsハウスを応援していただける方々をさらに募集したいのが目的です。宿泊チケットやビジネスパートナーなど、さまざまな目的で皆さまから支援いただくことでスタッフ一同ドンドンやる気がわいてきます。


▼リターンについて

大きく分けて3つのリターン特典を用意しました。

1.ご宿泊提供 特典

来春開業予定のFisher.mountainsハウス宿泊券をリターンします。
宿泊チケットの前売り券です。
通常価格よりもお得に設定していますのでどうぞご利用ください。

2.客室チャーター特典

高額の応援をいただいた方のための特別リターンです。
一部の客室を”専用部屋”としてチャーターいただけます。
お好きな時にお好きなだけFisher.mountainsハウスをご利用いただけます。
期間中であれば長期滞在も可能、別荘としてご利用などいかがでしょうか!

3.パートナー特典

Fisher.mountainsハウス建物内の特設ブースや専用ルームにて、
さまざまなグッズを販売します。パートナーの方々には、
ご提供のグッズに応じたスペースにて商品を販売したり展示いただきます。


▼実施スケジュール

2019年7月の開業を予定しています。

2019年1月・・・法人設立、許認可再申請

2019年3月・・・改修工事着工、開業準備

2019年4月・・・改修工事完了、旅館業許可再取得、宿泊サイト掲載開始

2019年5~6月・・・スタッフ研修、宿泊予約受付対応

2017年7月・・・オープン!!

順調に進むよう関係者スタッフ一同、全力で対応しますので

どうぞ皆さん、ご協力お願い致します!!


▼さいごに、Fisher.mountainsハウスオーナー”吉本友親”からひと言!

皆さんこんにちは…
私が釣りバカオーナーの吉本です^_^
この度は皆様にお力を頂きたく主催としてご挨拶させて頂きます。

平湯温泉は長い長い歴史の中で先人に守られ築かれてきた由緒ある温泉の街でございます。20数年程前に高山市に市町村合併しましたが、それまでは大字上宝村平湯でした^_^私くし事ですが村のままの方が良かったのにって思うのはおかしいでしょうか(笑)今では高山市と言えば、日本でも有数の観光名所になりましたが、どうやら若者や海外のお客様などでは高山市街地に平湯温泉があると勘違いしてしまう方も少なくないよですね…標高差で一気に1000㍍以上登った先が平湯温泉な訳ですから正に天空の地です…標高は約1400㍍になり高山市内とではその時々の天候がまるで違ったりもします。昨今の温暖化によって各都道府県の夏の酷暑時期もまるで…下界のお話しのように涼しく天然クーラーそのものです。春には雪溶けを待ってましたと言わんばかりに一斉に木の芽や山の幸、そうです山菜の宝庫でもあります。その昔…僅か14軒の小さな集落の村人でしかなかった平湯では手に手をとり今日まで山の開墾から始まり温泉を普及させ沢山の先人が努力をしてきました…

今では高山市になってますが、当時はこの14軒の小さな集落な訳ですから何をするにも村人が力を合わせて暮らしの合理化に努めてきたとゆう訳です。

この14軒の風習は現在でも偉業軒者として大株主として山林の山々や土地の権利者としてしっかりと守護され語り継がれております。私の吉本家もその軒者の永くの世襲でございます。

話は尽きませんが、この度の再生プロジェクトは

私の生い立ちに遡る事になりますが、両親と姉を含め四人家族の長男として産まれてきました。

幼少期はとにかく悪ガキで暗くなるまで山々を駆け回って遊ぶこの辺りじゃ有名な悪ガキでした…既に両親が旅館業を生業としてましたので、どちらかと言うと世間ではオボちゃまと言う他ありませんね…(笑)

親父は気高く何時も私を高い位置の環境下に置いてくれました。寛大でハイセンスな親父です…今尚健在ですよ…^_^お袋はこれまたジャパニーズお母さんと言ったところでしょうか…

二つ上の姉がいますが

私が大学を意味なく中退した頃になると何故か故郷の平湯に帰省するのをためらった時期もありました。都会に変な憧れを抱くようになってのかもしれませんね…

そんな中でも大好きなFlyfishingと山歩きは欠かさず楽しんでいました…元々経営していた旅館業は姉が継ぎ両親とで営んでおりました…私の気持ちの中の旅館業には人知れず内に秘めた偏見が有ったのかもしれません、幼き頃は世はバブルと温泉ブーム真っ只中でしたから正に平湯がそれでした

途絶える事のないお客の下駄の音色が今でも脳裏に焼き付いてなりません…もう一度あの頃の景色を取り戻そうと中年を過ぎた私事であります。私は会社勤めを辞め飲食店業をするようになってました。血は争えないもので知らずしらずのうちに平湯に戻る準備でもしてたのでしょうかね…

時は流れ両親も廃業を決断、元々二軒あった新館と旧館で新館を手放し元々の出生の地である旧館を再生させたいと思った次第です。この旧館は平湯温泉街の中心部に位置する立地条件、正にメインストリートになることから第三紀平湯時代と名打って皆様に御協力願いたいと心からお祈り致します。

これまでのthe旅館…ではなくお客様一個人がこの山並みの暮らしに少しでも動化できたらとゆうコンセプトでとにかく好き勝ってきままな自由な空間ハウスにしたいと考えてます。県下最大のコストパフォーマンスに特価して気楽にいつでも御利用出来るように…(山好き・渓好き・食好き・動物好き!皆様が都会では出来難い全てのご要望をさりげなく提供できるような…あなたのMyhouseです。(先人達が語り培ってきた山並みと出湯の郷は山好きの憩いの遊び場、それは皆様が自由に遊べる天空の楽園創りかもしれません…^_


以上、オーナー吉本友親からのメッセージでした。


ちなみに吉本オーナーですが、実はなかなかのアーティスティック!

国際調理師免許を持ち、根っからの釣り好きフライフィッシングマスター。

若き日は地元スキー選手に選抜され、国際チームの一員として海外留学。

その経験から、今でも英語はフツーに理解できるんです。

もちろんスキーの腕前もお墨付き!

そんな吉本友親オーナー、とにかく楽しい人間です(笑)!!

私も含め関係者一同、”旅館飛騨”の復活劇「Fisher.mountainsハウス」の開業に一大奮起した”吉本友親”をなんとか支えたい・・・という一心です。

皆さまどうぞ、Fisher.mountainsハウス平湯旅館再生プロジェクトに関わってください。みなさんと一緒に”天空の地「平湯」を盛り上げていきたい・・・心よりの願いを込めまして、僭越ではございますが運営責任者からのあいさつとかえさせていただきます。

長々と綴った文面読んでいただき、ありがとうございました。
Fisher.mountainsハウスにて皆さまとお会いできる日を楽しみにしております。


by

Fisher.mountainsハウス 関係者一同
及び、オーナー:吉本友親


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください