俳句友達を作って、毎日、楽しく健康に過ごすためのオンラインサロン。俳句初心者の方でも安心して入れる、やさしい吟行俳句サロンです。月に一度、東京近郊の公園で吟行会を行って、友達を作るだけでなく、健康になることも目指します。

プロジェクト本文

▼俳句友達を作って、毎日、楽しく健康に過ごしたい!

▶俳句は健康に良い趣味です

健康に関する生活の知恵を紹介した冊子「百歳健康長寿の秘けつ集」(京都府京丹後市が2015年発行)によると、長寿の秘訣の一つは俳句だそうです。
「俳句との出合いで生活に活力が生まれた」といった、体験談が収録されています。

▶散歩は長寿の源!

100歳を超えても元気な人に共通する「長生きの4つの習慣」の1つに、散歩を1日30分ほど、1週間に5日以上することが挙げられています。特に緑の中を散歩するグリーンエクササイズは心身の健康に良いことで知られています。

吟行に出かけることで、仲間と一緒に無理なく自然の中を散策できます。

▶俳句を通して友達が作れる!

家族と同居していても自分は孤独だと感じている人は、そうでない人とくらべて死亡率が2倍も高く、うつ病の発症率も上がってしまうという研究報告があります。

俳句は元々、お互いの近況をあいさつのように報告し合う庶民の文芸。吟行や俳句を通して友だちを作ることで、毎日を楽しく健康に過ごせます。

友だちを作りたい人、健康になりたい人、俳句を趣味にしている方、歓迎です!

▼パトロンへのリターンについて

・月に一度、主催者の行う東京近郊の公園や名所旧跡での吟行会に参加できます。

景色の良い公園を散策して俳句を作ることで、健康になれるだけでなく、同じ趣味を持った友達を作ることができます。

・非公開Facebookグループ、グループチャットへの招待

Facebookグループを使って、オンラインでも仲間と交流ができます。
俳句好きな人と繋がって友達となり、作った俳句の発表や雑談ができます。

当サロン会員であれば、Facebookグループを通して、誰でも吟行会や句会を開催することができます。

仲間を増やして、東京近郊だけでなく、いずれ全国で吟行会を行えるようにしていきたいです。

ぜひ、ご協力いただけるとありがたいです!


▼第1回。東京、代々木公園の吟行会

●開催日時

2019年4月28日日曜日

13時30分~16時30分 

●持ち物

・スマートフォン(必須)

・筆記用具。メモ帳、歳時記など。

●集合場所

詳しい集合場所や落ち合う方法は、当サロン会員にのみお伝えします。

代々木公園は原宿駅から歩いて5分くらいの場所です。

以下は公園の詳細です。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html


●会の流れ

集合しましたら、4、5名のグループに分かれて、公園内を散策します。

グループ分けは、サイコロなどを使って、ランダムに行います。

雑談しながら各所を回り、気になる風景などを写真に撮ったりします。

思いついた俳句があったら、スマホやメモ帳に書きます。

16時30分には、公園の入口「原宿門」に再び集まります。

吟行会はこれで終了となりますが、希望者だけで、その後、ファミレスなどに寄って句会を行います。

句会では、吟行中に作成した俳句の中で、もっとも良い物を1つ紙に書き、誰の作品かわからない状態にして、各テーブルの全員に回します。

回ってきた俳句で、良いと思う句がありましたら、裏に「正」の字の棒を書いていきます。

一人何票でも書いていただいてOKです。

もっとも多い票を獲得するのは誰なのか競います。

吟行会で作成した俳句は、各自でFacebookグループにもアップして、後日、当サロン会員なら誰でも見られるようにします。

吟行が終わった後も、Facebookグループを通じて、交流が行なえます。

吟行初心者の方は、こちらに私が作成した吟行についての記事がありますので、参考にしてください。

https://jphaiku.jp/wp/2018/12/08/4060/

雨が降った場合、小雨の場合は吟行を行います。大雨の場合は、近くの喫茶店やファミレスで句会を行います。この場合、句会で提出するための俳句を3つほどご用意ください。
台風のような外出するのが困難な悪天候の場合は、当日、中止のお知らせをFacebookグループに流します。

▼主催者の自己紹介

はじめまして。かぎろいと申します。

日本俳句研究会という俳句を研究するサイトを2010年ごろより行っています。
IT俳句会俳句添削道場お題で一句など、俳句投稿サイトをいくつも運営しています。
テレビ朝日の俳句番組の制作に協力させていただいたこともあります。 

私が俳句を始めた切っ掛けは、結婚して妻のご両親と付き合う必要が出たためです。

年が離れすぎているので、何を話して良いのかまったくわかりませんでしたが、お義母さんが俳句歴15年のベテランで、NHK俳句に投句して、特選句に選ばれた経験を持つ人でした。

また、妻もかつて大学の文学部で俳句の研究をしていたので、共通の話題作りのために、俳句を作り始めました。

今は地元の句会に月に一度参加し、俳句投稿サイトを開発、運営しています。

  • 活動報告

    【新規ご支援者様へ】非公開Facebookグループへの参加方法

    2019/04/02 10:38

    ●facebookグループへの参加方法1.まったり吟行俳句サロンに登録していたただメールアドレスを使って、以下のページよりFacebookのアカウントを作成してください。https://ja-jp.facebook.com/r.phpもし、すでにFacebookアカウントをお持ちである場合は、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください