世界チャンピオンも参戦する、国内で唯一の女子車いすバスケ国際大会「大阪カップ」。「車いすバスケ」ならではのスピード感や激しくぶつかり合う迫力を「ライブ配信」し、全国に、そして世界に届けたい!「障がい者の理解」も大きな目的とした、観戦無料で、収益を一切求めない手作りの大会です。

プロジェクト本文

  • ◎ご挨拶
  • はじめまして、国際親善車いすバスケットボール大阪大会実行委員会事務局です。
  • 「車いすバスケットボール」を通じた障がい者のスポーツの普及・発展と理解・啓発、国際交流をめざし、国際親善大会を2003年から16回継続しています。
  • 選手が地域を訪問する「地域親善交流会」や「大会の観戦」を通して、障がいや障がい者スポーツの理解・啓発にも力をいれています!


  • ◎プロジェクトをやろうと思った理由

  • これまで、延15万人以上の方にご観戦いただいております。
  • 会場では年々盛りあがりを見せる一方で、障がいが重度であったり、遠方で来場が困難な方々や海外からも、
  • 試合を観戦したいという声が届くようになりました。
  • 会場で直に観戦いただくことが、選手の躍動感を伝える最善の方法かと思います。しかし、お越しいただくことがかなわない方もいらっしゃいます。

  • せっかく興味を持っていただけたのに、観戦を諦めてほしくない!
  • 目の前で繰り広げられる熱戦の臨場感・興奮を一緒に感じてほしい!
  • と思い、ライブ配信のプロジェクトを立ち上げました。

  •    

  • ◎プロジェクトで実現したいこと

  • ライブ配信を通して、会場に来られない方々にも、気軽に車いすバスケットボールにふれていただき、
  • 考えられないようなチェアワーク、そのスピード感迫力を感じ、車いすバスケットボールを通じて、障がい者のスポーツに関心を持っていただきたいと考えています。
  • それが障がいのある人への理解にもつながると信じています!


  • ◎資金の使い道

  • ライブ配信にかかる映像機器及びネット回線の設置に資金を使わせていただきます。
    ライブ配信は必ず実施しますが、配信のクオリティを高めるためにさらなる資金が必要となります。目標金額は最低限配信にかかる費用であり、それを超えてご支援いただけると、スポーツとしての熱さをよりお届けできます!

  • 前回大会では、手探り状態でスマートフォン(ポケットWi-Fi接続)での配信を試みましたが、映像が粗く、通信もストップするような状態でした。

  • これでは会場で感じる興奮も感動も伝えられない・・・。

  • スポーツ界最大の祭典まで2年を切った今、日本を盛りあげる一助になるよう、また、一流の選手たちが魅せる迫力たっぷりの試合、
  • そしてその感動を、より一層リアルなものに近づけるために、より高水準な撮影機材で、安定した映像・通信でお届けできるよう計画しています!
  • ※協賛各社からのご支援もいただいておりますが、会場費や競技運営費、選手の渡航・滞在費用等に充当しており、今回はライブ配信費用として使用させていただきます。




  • ▼大会概要
  • ・大会名 2019国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会
  • ・開催日 2019年2月15日(金)・16日(土)・17日(日)
  • ・会 場 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
  • ・主 管 国際親善車いすバスケットボール大阪大会実行委員会
  • ・事務局 社会福祉法人大阪市障害者福祉・スポーツ協会 障がい者スポーツ振興部
  •      (大阪市長居障がい者スポーツセンター内)

  • ○多くの小・中学生に障がい者のスポーツを
  • 2003年に大会がスタートした当初より、開催曜日を木曜・金曜・土曜にすることで、平日の学校単位での観戦を促してきました。これまでも、多くの子どもたちに観戦していただいてきましたが、2019年大会は、ライブ配信でも多くの方々にご観戦いただけるよう、開催曜日を初めて金曜・土曜・日曜に設定しています。

  • ○地域との交流を
  • 競技のみならず、選手と地域が交流する「地域親善交流会」を大会前に毎年継続して開催しています。

  • ○体験・レッスン
  •  大会期間中、車いすバスケットボールの体験会やチャレンジコーナー、肢体障がいのある子どもたちに、各国の出場選手が直接レッスンするフレンドシップジュニアレッスンも行っています。


  • ▼これまでの活動
  •  2003年2月 男子の大会としてスタート
  • (1位カナダ、2位オーストラリア、3位日本、4位韓国)
  •  2007年2月 第5回より、女子大会として再スタート
  •           (1位カナダ、2位オーストラリア、3位アメリカ、4位日本)
  •  2018年2月 第16回大会開催
  •           (1位オランダ、2位イギリス、3位オーストラリア、4位日本)


  • ▼リターンについて
  • ①3,000円   HP・会場内にてお名前の掲載。
  •        +大会期間中のプレー写真を掲載したポストカード送付!(大会報告書閲覧QRコード付)
  •        

  • ②5,000円   ①+応援グッズ(プログラム・ハリセン)
  •        +会場アナウンスにて応援メッセージ(100文字程度)紹介
  •        +大会報告書(非売品)

  • ③10,000円  ②+記念Tシャツ+プログラムへのお名前掲載
  •        +スポーツグッズ等があたる抽選会への参加(代理抽選)

  • ④50,000円  ③+車いすバスケット優先体験+特別席でのご観戦

  • ⑤100,000円 ④+プログラム協賛枠(A4版 1/8サイズ)


  • ※ポストカード画像の国や選手は選べません。
  • ※支援時、必ず備考欄に掲載するお名前をご記入ください。記入のない場合は、CAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。
  • ※応援メッセージご希望の場合は、支援時に備考欄へご記入ください。記入のない場合は、希望なしといたします。ご了承ください。
  • ※④、⑤の特別席でのご観戦は2月15日(金)、2月16日(土)、2月17日(日)のいずれか1日をお選びください。
  • ※④、⑤の優先体験は2月16日(土)または2月17日(日)のいずれか1日をお選びください。
  • ※④、⑤の優先体験、特別席のご観戦は当日ご来場いただける方のみとなります。ご了承ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください