成功者ではくても、1人1人のアイディアやストーリや目標がある。子供だから大人だから障害を持っているからなどとうレッテルを無くし、ボーダーのない場で発信をしていく。そしてその場所で出会い繋がれる空間。 

プロジェクト本文


リーダのゆい

アメリカ人戦場カメラマン ダスティン

コーディネーター ありさ

3人で集まり結成しました。

成功者ではくても、1人1人のアイディアやストーリや目標がある。子供だから大人だから障害を持っているからなどというレッテルを無くし、ボーダーのない場で発信をしていく。そしてその場所で出会い繋がれる空間。



私たちは、椅子に座って受け身で聞く講演会ではなく、出席者全員が考え隣にいる人と話せるような参加形イベントを作ります。1人の話を聞いてみんなで共有していく、帰る頃には登壇者・出席者共にインスパイヤーされるように。

そして普通の講演会は、成功者のみが登壇するがここでは、子供・大人・夢に向かって走っていく人・誰でも主役になれる場所。


3人で世界のパーテーィーに行きました。そこは日本のパーティーとは異なり、おじいちゃんおばあちゃん、子供も楽しく音に合わせ踊っていました。物事を楽しむ事とに何も規制はないとう考えはここから来ています。

イベント必要経費

場所代 約3万

機材代(プロジェクター スクリーン代) 2万

私たちのイベントはALLINを選択しております。

名前の通り資金に達していなくて必ずイベントは実施いたします。

なぜクラウドファインディングを使ったかと言うと、

資金が多いほど会場も大きい場所を借りれ、より多くの人に参加してもらえるからです。

その想いから、今回クラウドファイディングに参加いたしました。

1000円 2回入場招待(有効期限 2019年4月〜2020年4月)

2000円 3回入場招待(有効期限 2019年4月〜2020年4月)

3000円 4回入場招待 (有効期限 2019年4月〜2020年4月)

4000円 5回入場招待+プレセンテーター推薦1回チケット

    (有効期限 2019年4月〜2020年4月)

5000円以上 7回入場招待+プレゼンテーター推薦2回チケット

    (有効期限 2019年4月〜2020年4月)


2019年1月 準備

2019年3月 HP作成

2019年4~5月 サポートしてくた皆さま・本番イベント開催

毎月1回実施予定・・・・


ルール 1人のスピーチ時間 5分以内 

参加料 1000円(予約不要)

プレゼンテーター 推薦(プレデンテーターの推薦またはスタッフの推薦)

スライドショーなどを使い自分のことをプレゼンテーションを行なっていく。

スライドは出演者の世界に入りやすくできるように大きいもの又数枚使用していく。

英語のプレゼンテーションを勧めるが、日本語でも可。

出演者は、外国人・日本人の割合を合わせていく。

英語でスピーチを行なった場合、外国人スタッフが対応する

日本語の場合いは日本人スタッフ対応。

入場料とは別途でお酒を購入でき、お酒を飲みながらイベントに参加できる。

また、出演者のスピーチはyoutubeに流し、会場に来れない方にも見ていただく。


会場・・集まった金額によって変わる


(仮)イベンントスケジュール(イベント 2時間30分 + 片付け準備35分)


準備(15分)

プレゼンテーターAさん スピーチ(5分)

感想 (司会者からの軽い感想)(3分程度)

※プレデンテーターと出演者の話のきっかけになるので

 質問はこの場で受け付けない

プレゼンテーターBさん スピーチ(5分)

感想 (司会者からの軽い感想)(3分程度)

プレゼンテーターCさん スピーチ(5分)

感想 (司会者からの軽い感想)(3分程度)

休憩(20分間) 

プレゼンテーターDさん スピーチ(5分)

感想 (司会者からの軽い感想)(3分程度)

プレゼンテーターEさん スピーチ(5分)

感想 (司会者からの軽い感想)(3分程度)

プレゼンテーターFさん スピーチ(5分)

感想 (司会者からの軽い感想)(3分程度)

フリータイム(1時間)

名刺交換や自分のビジネスに繋がれそうな人インスパイヤーを受けた人と話すなど

片付け(20分間)

私たちのページにご訪問ありがとうございました。

通常の講演会は、既に成功した人が登壇をし成功方法・秘訣などを共有してくれます。ただし私達のイベントは夢に向かっている人・情熱を持っている人に登壇してもらいます。他人の成功方法を盗むのではく、夢に向かっている人の話を聴き、そこから自分なりに落とし込み自分のビジネス又は何かに役立つようなイベントを作っていきます。そんなスピーカーは子供でも・大人でも関係ありません。子供だからそんなレッテルを外し何かを学んでいきましょう。


みんなが刺激し合えるような、暖かいイベントが作れるように。

ご協力お願い致します。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください