大阪で植物工場をしています土屋です。私の長男が発達障害を持っています。45歳の自閉症です。彼の年収は六千円です。障がい者基礎年金と合わせても生活は困難です。親が心配なく死ねるためには、施しでなく彼が生きていける仕事をずっと探していました。是非とも皆様のお力をよろしくお願いいたします。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

以前カウンセリング中に、自閉症以外に発達障害の方も色々な悩みがあると知りました。私は、10年間幸運を呼ぶブレスレットの会社を経営していますが、やりたいとずっと思っていた障がい者雇用ができないため、別に水耕栽培の会社を立ち上げました。また長年調理師をしているお母さんが、軽度障害の子供と一緒に仕事ができるというコンセプトに共感し(こんな方も少なくないと思いました。)、国立大学の農学部出身のコンサルタントとも意気投合したため、人材に恵まれたこの時期に本格的に水耕栽培の絆工房を立ち上げました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

現在は、水耕栽培機は、三台で「1台4段」やっていますが、これを八台まで拡大したいと思います。また現在、広さは44㎡ですが基準の100㎡にする予定です。これにより十分な販売量が確保でき、障がい者が生活を営む賃金を払えます。そして障がい者の行動改善に有効な食事指導など、専門の先生に教わっていますので、同時にこの経験も皆様にお伝えして、多くの方の苦労を改善出来ればと考えております。取り敢えず移転費用と敷金60万円が初めの目標です。(家賃は17万円)

▼プロジェクトをやろうと思った理由

昨年息子が骨折をしたり他のフロアーの障がい者の事故などを見て、このままではいけない、自分が何とかしなければと考えました。「誰か何とかして!」では、いつまでたっても改善しません。「自分がやる!」と言う思いで障がい者が楽しく働ける植物工場を立ち上げました。今年68歳になりますが、まだやれると思います。「元気ですが私には人生の時間が残り少ない、誰か頼みでは何時までたっても実現しないよ!」です。

▼これまでの活動

平成29年度創業補助金を頂きましたが、落選した方が多くわずか数人の中に選抜されました。私はこれはいけるのではないかと考えました。実際こののち、大阪産業創造館の方から企業説明「ふれぶみ」のプレゼンテーションでの発表者としてのオファーを頂きました。また11月19日は、大阪労働局でも早期離職者支援の講演のオファーも頂き「こんなファーマならやってみたい」と言うテーマでお話させていただきました。今までの構想や活動が少しは認められたかと自負しています。

「正確に仕事する」作業ができる植物工場を立ち上げました。

▼資金の使い道

1、移転費用
2、水耕栽培のベッド7台

▼リターンについて

1000円・・・お礼のメール
3000円・・・はれのち晴れ絆シール
5000円・・・ベビーリーフ1袋、絆シール
10000円・・・ベビーリーフセット、絆シール
3万円・・・ベビーリーフセット、バジルソース小1ビン、絆シール
5万円・・・ベビーリーフセット、バジルソース大1ビン、絆シール
10万円・・・ベビーリーフセット、バジルソース大2ビン、絆ストラップ、絆シール
30万円・・・名前入り棚※別記、申し出のベビーリーフを植える、好きに収穫、大阪の北新地イタリアンの、当店のリーフを使った食事とバジルソースのパスタ込みのコース
50万円・・・名前入り棚※別記、申し出のベビーリーフを植える、好きに収穫、大阪の北新地イタリアンのコースとオーナーが現地で買い付けたワイン飲み放題付

▼実施スケジュール

2019年2月 大阪の西部の加島地区の工場地に移転し本格稼働予定
2019年2月末 主力商品のバジルソースの大量生産開始予定
2019年3月 以降リターンの発送予定
2019年4月 以降フランチャイズ化スタート

今後の展開
1、本社工場での製品製造ベビーリーフ生産と販売加工食品としまして
Å無農薬、無添加のバジルソース(開発済)
B無農薬、無添加のトマトソース(開発中)
C生食用無農薬野菜5種類販売予定

2、コラボ製品開発・・・グルテンフリーの米粉を使った生地で上記ソースを生かす製品の販売

3、フランチャイズ事業・・・絆工房の本来の目的「障がい者に施しでなく働く場を提供して、お客様に安心安全の高栄養野菜を届ける」ですので、同じ境遇で悩んでいる親に各地域で水耕栽培のを一緒にできないか提案します。

▼最後に

お情けで雇われるよりその障がいの特性を生かすため、是非とも必要と言われて、働くことが彼らが、そして彼女らの幸せにつながる様わたくしどもは努力してまいる所存です。

 ※募集方式

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください