50年前、作家深田久弥が選定した日本百名山。これら百のピークを、昼夜を問わずに連続で登り続けたら、何日で登りきることができるか?山岳アスリート、藤川健が日本百名山連続登頂最短記録に挑みます!

プロジェクト本文

画像1

▼チャレンジャー

氏名 藤川 健(ふじかわ けん)
1974年8月5日生まれ 40歳
北海道北広島市出身
冬はプロスキーヤーとして、さまざまなジャンルのスキーで活動するマルチプレイヤー。
2003年~2007年テレマークスキーシリーズレース5年連続優勝
2008年~2014年 山岳スキーレース日本選手権連覇中。
2013年山岳スキーアジアチャンピオン。
テレマーク、山岳スキーと異なる種目で日本のトップとなり、W-cupや世界選手権にも出場。
国内外の山でスキー活動を行い、2010年には西ネパールの未踏峰(6439m)に初登頂し、山頂からスキー滑降。夏は山岳ガイドとして人々を山へ導きながら、自身はトレイルランナーとして大会などへも出場。夏山、冬山を問わず、山をフィールドに活動する山岳アスリート。

画像2

▼なにをする?

日本百名山は、主に中高年の登山者が生涯の目標として登っている山々。そんな山を、まだ若い私が登るなら、どんなスタイルで登るのか?そこで目標としたのがライト&ファストと連続登頂でした。通常、登山はあらゆる場面を想定していろいろな装備をもって山に入ります。しかし、装備が多すぎるが故に体力を消耗し、かえってリスクが高まるという危険は、日本ではまだあまり認知されていません。装備を軽く、必要最低限にすることで、行動のスピードを上げる「ライト&ファスト」という登山スタイルを広めることは、登山の安全性を高める一つの方法でもあります。そんなライト&ファストを実践して日本百名山を巡ることで、山の魅力をたくさんの人に伝えることができればと思っています。

画像3

▼深田久弥・日本百名山とは?

深田久弥【1903-1971】 日本全国の山々を歩き回った小説家であり登山家。
その豊富な登山経験から選んだ日本国内の百の名峰を「日本百名山」として発表。
今年【2014年】は、この日本百名山という山岳随筆集が世に出て50周年を迎える。百名山の全座登頂を生涯の目標に掲げて山を登る登山者も多く、山の魅力を知るためのひとつの指標にもなっている。
北は北海道の利尻山から、南は屋久島の宮之浦岳まで、深田久弥の百名山は日本全国の山々から、山の品格、山の歴史、個性のある山という3つの観点から選んでいる。

画像4

▼ライト&ファストとは?

登山において、装備を軽量でコンパクトにすることでより早く行動することができ、行動範囲を広げていく登山スタイル。
通常登山は万が一に備えて様々な装備を持って山に入ります。しかし、その重装備ゆえに体力を消耗して危険に陥るというデメリットもあります。無駄な装備を極力なくし、必要最低限の装備で登るライト&ファストのスタイルは、道具に頼った安全の確保ができないため、体力、技術、知識など自分自身の能力に頼った登山スタイルとも言えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▼チャレンジにはサポートの手助けと資金が必要不可欠!

日本百名山の山々を登るのは私一人ですが、多くの方にサポートをしてもらいます。また、山から山への移動は車などの移動手段を使用して、次々と山を登っていきます。
これらの人件費や交通費、装備準備費などは、総額で200万円以上必要となります。協力してくれる企業などから得た協賛金もありますが、資金的にはまだ半分以上不足しており、このCAMPFIREで得られる資金で、少しでも不足分をカバーしたいと考えています。

日本百名山チャレンジ必要経費(概算)

ガソリン代         50万円
高速・フェリー代      20万円
食費            20万円
宿泊費           10万円
人件費(サポートメンバー)  60万円
サポートメンバー交通費    30万円
装備等準備費        50万円
必要経費合計        240万円

画像5

▼支援のお願いとイメージ付きでリターンの説明

百名山挑戦中はHP(http://fujiken.boy.jp/)にて常に現在地や進行状況などをアップしていきます。また、登頂した際には山頂から私のブログ(http://telemark.fujiken.boy.jp/)も更新していきます。挑戦のスタートは9月1日。最北の山、利尻山を皮切りに南下し、フィニッシュは最南の山、屋久島の宮之浦岳まで、45日以下での百座登頂を目指します。
ぜひ、パトロンとなってこのチャレンジを共有していただき、ご支援をお願いいたします。

ご支援いただいた皆様へは、チャレンジ終了後速やかにお礼と感想のメッセージを送らせていただきます。
百名山を登り終えたときに感じた事を、私の言葉でいち早くお伝えしたいと思います。
また、ご支援へのリターンは金額により写真やチャレンジ中に撮影する動画なども編集して送らせていただきます。日本百名山の一つ一つの山を登る際、カメラを常に持ちながら登ります。そんな途中の風景などはブログ、HPでは紹介しきれません。それらの写真をCAMPFIREのパトロンの皆様にお渡しして、百名山すべての山の様子を共有していただきたいと思います。
そして動画では山の中での撮影だけでなく、日本全国を旅する移動中の風景や出来事なども撮影し、このチャレンジの実際の様子をより詳しくお伝えできるような映像を残してお送りします。

画像6

▼最後まで読んでくれたみなさんに

日本には魅力的な山が全国に広がっています。
ひとつひとつの山をゆっくり登ることもよいのですが、足早に登り続けることで見えてくる日本のスケールや魅力もあるはずです。そんな山登りのスタイル「ライト&ファスト」でゆく日本百名山への挑戦を、秋の夜長の楽しみのひとつとして皆さんに発信していきたいです。
応援、ぜひよろしくお願いします!

  • 活動報告

    明日からスタートです!

    2014/08/31

    日本百名山を一気に登る早巡りを、明日からスタートします! 今日札幌から移動して、今は利尻に向かうフェリーに乗っています。 応援してくださってるみな…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください