ありがとうございます。沢山あるプロジェクトからクリックして頂き、読んでいるあなたに感謝します。七大陸最高峰の挑戦の続きです。今回は、植村直己さんが亡くなられた山、北米最高峰デナリのソロ挑戦です。大したリターンは差し上げられませんが、もし良かったら読んでいって下さい。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして、読んで頂きありがとうございます。

シナイ山の頂上!
モーセの十戒もここで啓示を受けた!?


文頭でも申し上げましたが、登山の挑戦です。

他のプロジェクトの様な、魅力あるリターンはありませんが、それでもよろしければご覧ください。

私は現在は、日本で俳優をしながら無酸素での七大陸最高峰を目指している


神崎 志遼 と言います


最初は、軽い気持ちでMLBのトライアウトを受けにロサンゼルスに行き、そこから何事にも挑戦する人生が始まりました。当時、一緒に練習した日本人メジャーリーガーが、今はコーチなど指導している姿を見ると、チャレンジ精神を思い出します。


その後、ハリウッドで俳優を始め色んな作品と出会い勉強させて頂きました。


ハリウッドから、日本に戻る時に世界中を旅し今は120ヶ国を超え世界中のディズニーランドに行ったり、ヒッチハイクや野宿 七大陸最高峰をしたりして色んな人に助けられここまで、生きて来ました。

俳優としては、まだまだです。

去年は運良く、映画だと“億男”や“恋は雨がありのように”と数本出させて頂き、その他テレビやCMなど色んな仕事を頂きそちらも感謝しております。


そんな私に出来る事は挑戦して、それで感謝を伝える事しか出来ません。

何か自分の挑戦で、人の心に残ればいいと思ってます。



▼このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトで実現したい事は、デナリの登頂です。

国民栄誉賞を受賞した、植村直己さんが亡くなられた所で、クレパスもあり危険なのは承知していますが、それでも自分の想いを抑える事は出来ません。

登頂率は低く、ソロなら尚更ですが、努力をすれば必ずチャンスはきます。

チャレンジ精神、諦めない心を集約して登頂を実現し、山頂で北米で一番高い所からメッセージを世界中に届けたいです。

世界初!?ヨーロッパ最高峰でのエクストリーム歯磨き


▼プロジェクトをやろうと思った理由

今まで生きて来て、世界中の人に助けられて来ました。

アメリカでは、日本人コミュニティの方に助けられ、日本人メジャーリーガーとも練習させて頂き、本当に有難いと言う気持ちしかありません。


世界中の旅では、ヒッチハイクで車に何回乗せて貰った事か、そこでの一期一会の出会いや、その国の内情・文化・慣習・歴史など多分、普通の人が一生かけても得られない物を貰ったと思います。

そんな人たちに、届けたい思いと見せたい景色があるから挑戦しようと思いました。


▼これまでの活動

登山に関しては、

カラパタール 5643m

キリマンジャロ5895m

シナイ山 2285m

ロライマ山 2810m

コジオスコ 2228m

などなどまだまだ、登っていますが、書ききれないので割愛させて頂きます。

パタゴニアのマーク

▼資金の使い道

資金の使い道ですが、入山料・飛行機・食料・装備・セスナ・レンタルが主な使い道です。

入山料は、375ドル。 

こちらは、デナリ国立公園に支払う物です。それと、同時ににエマージェンシーの講習会(強制)の、講習費も含まれています。

飛行機は、東京からアラスカ アンカレッジの往復を既に購入しております。

5月8日 成田発 シアトル経由でアンカレッジに行きます。

帰国は、6月の8日の予定です。

チケット代は、往復で110,390円です。

食料に関しては、約3週間の登山中の行動食を含めた物です。

日本からも多少、準備して持っていきますが、アラスカでも買う予定です。

レンタルについてですが、完全冬登山の北極圏での6000メートル越えになり、かなりの重装備になります。

凍傷の恐れが高いため、3重の靴やクランプ・テントなどかなり高額になります。

例えば、La Sportiva の靴ですと定価ですと約10万円程します。

レンタルの合計金額に関しては未知数ですが、安い物ですと命の危険に関わるので、あまり下げられないのが実情です。

セスナについては、麓からランデイングポイントまでの往復になります。



▼リターンについて

リターンに関しては魅力ある物を差し上げる事は出来ません。

本当にすみません。

お礼メールや、写真そしてポストカードになります。

ここまで読んで頂いて申し訳ないですが、ご了承願いします。


▼実施スケジュール

プロジェクト実施のスケジュールですが、既にデナリ国立公園より過去の経歴からソロでの挑戦の許可は下りています。

5月8日に成田空港からアンカレッジに飛び、5月10日の13:30にミーティングをして速ければ、翌日11日から登山開始となります。

順調に、高度馴化をしながらキャンプ1 キャンプ4まで高度を上げて行き、山頂付近でサミットプッシュに備えます。


▼最後に


最後まで読んでいただいて、ありがとうござます。


想いや情熱はありますが、皆さんに形として送れる物は少ないです。

また、この先の七大陸最高峰残りの南極や無酸素のエベレストなども計画中で仕事の合間にスポンサー活動をしています。

シェルパの登山仲間や知り合いなどがいますが、それでも南極とエベレストに関しては金額の桁が違うのでひょっとしたら、これが最後の挑戦になるかもしれません。


また、ソロでの挑戦になりますのでクレパスに落ちれば 死 にます。

最大限の注意して、万が一無いように努力して行きます。

全身全霊をかけて挑みます、是非皆さんの力をお貸しください。

宜しく、お願いします。

ありがとうございました。


ありがとう

  • 活動報告

    講演会

    2019/04/10 08:50

    今月、東京のホテルで講演会をする事になりました。企業の社長さんなどで、一般の方は入場できませんが精一杯努めさせて頂きます。デナリへのフライトも残り1ヶ月をきり、ワクワクドキドキと恐怖感が徐々にわいてきております。

  • 活動報告

    食料

    2019/02/06 12:17

    知り合いの方に、食料を頂きました。3週間分の食料費も高いので、これは非常に助かります。山では、食事も重要なファクターですのでありがたいです。

  • 活動報告

    ありがとうございます

    2019/01/24 19:33

    早速、ご協力いただきまして、ありがとうございます。山頂から見る朝日の様に感じます。頑張りますので、温かかくみていて下さい。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください