2019年、入管法改正!一人でも多くの外国の方が安心をして、一社でも多くの企業様が安定した「人財」の確保が出来る様、これまでの経験を活かし「外国人財に特化した職業紹介事業」を立ち上げたい!

プロジェクト本文

皆さま初めまして。有限会社ユウ・ライフサポートの栗本と申します。


私はこれまで不動産事業や介護事業(実際に現場も含めて約8年間従事し、介護福祉士の資格も取得しました。)、また最近では外国人技能実習生に関わる仕事をしてまいりました。


その中で私は皆様もご存知の通り深刻な人材不足、そして不当な就労を強いられる労働者を目の当たりにてきました。


しかしその側面には経営者の皆様の計り知れない苦悩もあったのだと思います…。


このような現実に微力ながらも立ち向かう一因となりたく、私自身がこれまで見て聞いて体験してきたことを一つの「事業」をもって社会貢献の形に変えていきたいと思っております!!


何卒、宜しくお願い申し上げます。



では、私ごときが何を始めたいのかと言いますと、、


有限会社ユウ・ライフサポートの事業として「有料職業紹介事業」の認可を受けたいと考えております。



【外国人材に特化した職業紹介】

です。


ブローカーを徹底排除し、雇用をする企業様にとっても、従事する海外の方々にとっても最善の環境と関係が築けるよう精一杯のお手伝いをさせていただくためです。



外国人技能実習生に関わる仕事をしてきたとご挨拶にてお話しさせていただきました。

数年前、あるベトナム人女性と日本国内でお会いする機会がありました。(今彼女は、ベトナム国内の技能実習生「送出機関」の社員として2人の子供を育てながら働いています。)


彼女は私が出会った当時、ビザの切れたいわゆる不法滞在の状態でした。


日本で仕事をしながらベトナムの家族に仕送りをする生活を送っていたそうですが、当時働いていた会社では朝7時に出勤し連日深夜まで仕事に追われ、体調を崩しても休みも与えられず、危険を感じ飛び出してきた。そう彼女は話してくれました。



最近では耳にすることの多いありがちな話に聞こえますが、実際にこういったことが起きているのです…。



さらに話を聞いていくと、日本での仕事先を斡旋したのは悪質なブローカーであったことが判ったのです。




そのような中で私は「外国人技能実習制度」に出会い、日本で技能を習得したい、または働きたいと願う外国人と、彼らの思いに応えたいとする企業の間で不当に収益を得ようとし、時には悪質な企業体質であると分かりながらも純粋な外国人の求職者の気持ちを利用すように就労させるブローカーを排除すべく、これまで活動をしてきました。


実際に、ベトナムの認定送出機関(政府公認の人材育成機関)を日本に支社登記し、直接的な貢献ができるよう努めてまいりました。




今、日本は深刻な労働力不足に悩まされています。

そしてこの2019年、入管法が改正されます。

より多くの外国の方々がこの日本に仕事を求めて入国してきます。



前述したベトナム人女性のようなことは起こってはならないことです。



少なくとも、ほんの小さな世界ではありますが、せめて私が関わらせていただく海外の方々や企業の皆様には最善の環境をご提案できるように努めたいと願っています。


しかしお恥ずかしながら、色々と考え、想いは持っているつもりですが私にはそれを実現するに足る資金が手元に揃っておりません。



この度こちらのプロジェクトで目標としている500万円は、既に周辺環境を整え、現在準備を進めております職業紹介事業の認可に必要な資金基準に当たるものです。



どうか皆様のお力をお借りしたく、このような形を取らせていただきました。



この大きな方向転換となる法改正…


この機を逸してはならないんだと、新たなスタートであるからこそ遅れを取らず精一杯の貢献をしていかなければならないと強く思っています。



リターンに関しては、なかなか大したことができないかもしれません。


ですが精一杯SNSを利用しての皆様への活動報告をし、私の関わりのある海外のポストカードをお届けしたいと思っております。


また高額のご支援をいただけた方には、是非、弊社のある愛知県(名古屋駅を予定)にてお食事の場を設けさせていただければと考えてもおります。


そして本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。




皆様のご支援をいただきましたらすぐに手続きに入り、6月1日付での始動となります。





まだまだ未熟な私でございます。


しかし、熱い思いは忘れることなく邁進することで僅かでも状況は変化していくと私は信じております!



どうか、皆様のご支援で一人でも多くの海外の方が整った環境の中で、この日本という国に希望と夢を持って入国することができるよう、最後にはなりますが、、


重ね重ね、何卒宜しくお願い申し上げます。


  • 2019/02/10 15:32

    皆様、お世話になっております。昨日、ついに、お2人目のご支援を頂戴致しました!本当に、本当に嬉しくて、皆様へご報告でございます。まだまだ最後まで諦めず頑張ります!ご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。また、至らぬ点がございましたら、是非ご教示くださいませ。宜しくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください