デンマークにある「自分について」、「自分の生き方について」考える学校『フォルケホイスコーレ』に行き、自分に向き合い、自分の生き方を考える方法を学びます。支援のお返しとして、学びを伝え、自分自身について考える時間を僕らが届けることで、1人でも多くの人が自分らしく生きるきっかけづくりをしたいです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

こんにちは!

大分大学教育福祉科学部4年園本幸宏

立命館アジア太平洋大学4年鈴木光です!

僕たちは、大学在学中にNPO法人カタリバの活動、出張授業『カタリ場』で出会いました。

その活動で、大分を中心に、福岡や大阪、時には北海道の中学校や、高校へ行き、授業の時間を2時間ほどいただいて

そこで出会った高校生と『自分について』、『自分のキャリア(生き方)』について一緒に考えてきました。

▼このプロジェクトのゴール(目標)

今回、僕たちのゴール(目標)は『デンマークにある自分について」、「自分のキャリア(生き方)について」考える学校『フォルケホイスコーレ』に行き、自分に向き合い、自分の生き方を考える方法を学びたい。支援のお返しとして、学びを伝え自分について考える時間を僕らが届けることで、1人でも多くの人が自分らしく生きられるきっかけづくりをしたい。』です。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

はじめの挨拶でも述べましたが、僕たちは今までNPO法人カタリバの活動に参加し、

高校生に自分について、自分の生き方について考えるきっかけを届けてきました。

大分を中心に、福岡や時には大阪、北海道にも足を伸ばし、高校生と関わってきました。


高校生と関わる2時間程度の活動の中で

将来の夢もやりたいことも特にない。

とりあえず大学(就職)

そんな高校生の言葉を多く耳にしました。


僕らの高校生の時のことを思い出してみました。

自分について、自分のキャリア(生き方)について考えるのは、

高校まででは、先生との面談や高校3年生の志望校選択の時期といった程度でした。

大学に入るとなおさら担任の先生等はいないので、

そんな機会は少なく、就職活動に入る4年生の時期にようやく考えるといった感じでした。


将来は漠然としていて、自分が『何者』なのかもわからなくて

皆さんは、皆さんの友人はどうでしたか?


社会に出て行くタイミングは、中3、高3、大学4年、などそれぞれのタイミングはあるけれど、

現在の日本には、自分について、自分のキャリア(生き方)についてほとんど考える間もないまま

何十年とこの先生きていく人生を選択しなければいけない現状が確かにある。


これってすごく怖いことだと思いませんか?


『自分の生き方を』『自分について』

考える機会が少ないなんて

なんとなく自分の人生を選択するなんて

絶対にもったいない!そう思い、

僕たちは今まで高校に行き、高校生と

2時間程度ですが、その中で真剣に高校生に向き合い、

みんなの好きなこと、やりたいことって?

今の自分のことどう思う?

と聞きながら、『自分について』『自分のキャリア(生き方)について考えてもらう機会を高校生に届けてきました。


それでも、僕らが高校生と

『自分について』『自分のキャリア(生き方)』について考え、

背中を押せるのは2時間程度。

その後は当たり前の様に学校生活が続いて行きます。


2時間で何か変えられただろうか?

今後も自分と向き合い、自分の人生を考えていけるだろうか?



この活動だけでなく、もっと自分について考える時間が必要だ

そんな思いを抱えながらも、活動に参加してきました。


そんな中、インターネットを探っていると、

デンマークに『フォルケホイスコーレ』という

自分について考え、自分のキャリア(生き方)について考える学校があることを知りました。


フォルケホイスコーレとは

・デンマークにある教育機関で、原則17歳以上であれば、国籍・人種・宗教を問わずデンマークの補助を受けて、学費の一部を納めることで入学できる。

試験や成績などは一切ない

全寮制で一般的に4ヶ月〜6ヶ月間の期間、夏に1〜2週間程度の短期間のものもある。

・メインの授業と選択の授業があり、様々な文化背景を持つ人々と世界の諸問題について議論したり、選択科目では、歌唱をしたり、ダンスをしたり、休日にはパーティーをしたり、スポーツに励んだり、講演を聞いたりと様々な活動に参加できる。

・授業が詰め詰めではないので、平日の空いた時間や休日に、に自分のことを考えたり、

同じ寮に住む友人と話す中で自分のことを知ることができる。



圧倒的な時間の余裕』『自分の自由に』『様々な文化背景、価値観を持つ人と関わる

そんな環境の中で 自分について』『自分のキャリア(生き方)について』考えられる場所。

それがフォルケホイスコーレでした。


ここだ!僕らが求めていた場所は!

直感的にそう感じました。それと同時に、

ただ、自分たちが学びにいくだけでなく、この学びを色んな人に伝えたい!

そう思いました。


よって、今回僕たちはクラウドファンディングという形で、支援を募り

その過程で出会った人々に学びをまとめた記事を公開したり、報告会を開くことで、自分たちの学びを還元したり

実際に支援してくださった方と電話や直接お会いして、

僕らと話しながら、自分について、自分のキャリア(生き方)について考える時間を共有するという形で

『自分らしく』生きられる人が一人でも多くなるきっかけづくりをしたいと考えました。


▼これまでの活動

<2人の活動>

NPO法人カタリバの出張授業『カタリ場』の活動に大分、福岡をはじめ、熊本や長崎、関西、北海道で参加し

その土地どちの高校に行き、高校生と『自分について』『自分のキャリア(生き方)』について、一緒に考えるきっかけづくりを行ってきました。

2人で活動を行う拠点までヒッチハイクをして、その道中で様々な出会いを経験しました。


<個人のその他の活動>

園本・・・大学在学中に、小・中学生向けの子供キャンプ、学童保育など子供と関わる活動に積極的に参加。熊本の被災地の中学生とのキャンプ活動、その他活動への参加。高校生の時には岩手県への被災地支援活動も経験。大学では奥嶽流上畑獅子舞クラブに所属し地域の方と獅子舞を演舞披露して来た。『あたらよ』という豊後高田市の田舎で若者が集まり、拡張家族として農村科学実験を行う活動に参加。

鈴木・・・高校を一年休学し、南米のエクアドルへ1年間留学。留学先の高校の教育方針に影響され、世界の教育に興味を持つ。大学在学中は、ヒッチハイカーやバックパッカーとして、20各国以上渡航、世界各国の教育や、文化について研究していた。また、オーストラリアへの留学経験あり。


▼資金の使い道

ご支援いただいた資金は、デンマークへの渡航費、現地での滞在費などに使用させていただきます。

今回の目標金額は、13万5千円です。

内訳

・デンマークへの渡航費(羽田ーコペンハーゲン)(1人9万円 2人で18万円

・現地での滞在費(一泊10000円(2人で)×5日間 5万円

以上の合計経費23万の半額、11万5千円

これに、手数料17パーセント2万円を加えた

13万5千円です。

これ以外にも、コペンハーゲンから現地のホイスコーレまでの移動費や取材費等はかかりますが

今回は、現地へ行き、滞在できる費用をご支援いただくことを目標にさせていただきます。


▼リターンについて

*1000円コース『学びを共有します!コース』

・現地での学び・活動報告をまとめた記事を公開。

・お礼のメッセージ


*3000円コース『より学びを詳しく共有します!コース』

・学びをまとめた記事&現地の学校の様子をまとめた動画を公開

・現地での学びに対するあなたの疑問にできる限りお答えします。

(lineまたはメールでのやり取りを予定。)

・お礼のメッセージ


*5000円コース(①、②から選択していただきます。)

『①学びを直接聞きたい!コース』

・報告会へ招待(会場は福岡、東京を予定)

・学びをまとめた記事を公開

・お礼のメッセージ


『②学びを踏まえて、あなたに向き合いたい!コース』

・学びを踏まえてあなた自身について、あなたの人生について一緒に考えます。

(電話等で2時間ほどを予定しています。)

・お礼をまとめた記事を公開

・お礼のメッセージ


*10000円コース『学びを直接共有し、あなたに向き合います!コース』

・報告会へ招待(会場は福岡、東京を予定)

・学びを踏まえてあなた自身について、あなたの人生について一緒に考えます。

(電話等で2時間ほどを予定しています。)

・お礼をまとめた記事を公開

・お礼のメッセージ


*30000円コース『あなたの元で直接!学びを共有します!あなたに向き合います!コース』

・支援してくださったあなたの元へ行って直接あなただけの報告会を開きます。

・学びを踏まえて、直接あなた自身について、あなたの人生について一緒に考えます。(報告会を含めて3時間ほどを予定しています。)

⚠︎上記2つは3月以降を予定しています。支援者様の安全確保のため、面会はカフェなど公共の場所で行い、面会時には同伴者をつけます。後日メールにて、面会日程と場所の打ち合わせをさせていただきます。また、面会場所への交通費は別途負担していただき、滞在費はこちらで負担します。ご了承ください。

・学びをまとめた記事を公開

・お礼のメッセージ


*50000円コース『学びを共有し、継続的にあなたに向き合います!コース』

・学びを踏まえて、直接あなた自身について、あなたの人生について一緒に考えます。
(報告会を含めて3時間ほどを予定しています。)
※30000円コースとは違い、直接一緒に考える時間を設けた後、電話等で半年〜1年の間隔で
『+2回』継続的にあなたについて一緒に考える時間を設けます!

・支援してくださったあなたの元へ行って直接あなただけの報告会を開きます。

⚠︎上記2つは3月以降を予定しています。支援者様の安全確保のため、面会はカフェなど公共の場所で行い、面会時には同伴者をつけます。後日メールにて、面会日程と場所の打ち合わせをさせていただきます。また、面会場所への交通費は別途負担していただき、滞在費はこちらで負担します。ご了承ください。

・学びをまとめた記事を公開
・お礼のメッセージ


*100000円コース

『交通費含めて、全国どこへでも行きます!コース』

・支援してくださったあなたの元へ行って直接あなただけの報告会を開きます。
(別途交通費はいただききません!実費であなたの元へ行きます!!)

・学びを踏まえて、直接あなた自身について、あなたの人生について一緒に考えます。
(報告会を含めて3時間ほどを予定しています。)
※30000円コースとは違い、直接一緒に考える時間を設けた後、電話等で半年〜1年の間隔で
『+2回』継続的にあなたについて一緒に考える時間を設けます!

⚠︎上記2つは3月以降を予定しています。支援者様の安全確保のため、面会はカフェなど公共の場所で行い、面会時には同伴者をつけます。後日メールにて、面会日程と場所の打ち合わせをさせていただきます。また、上記のように、面会場所への交通費、滞在費はこちらで負担します。ご了承ください。


・学びをまとめた記事を公開

・お礼のメッセージ


▼実施スケジュール

今回、学びにいくホイスコーレは、デンマークの中央部にあるフュン島の北西部、ポーゼンゼ郊外にある

ノーフュンス・ホイスコーレ(Norfyns Højskole)』です。

https://nordfyns.nu/ja/forside/kortkursus/ノーフュンス・ホイスコーレ/

デンンマーク国内でも唯一日本人によって作られたホイスコーレで、主に福祉を学ぶことができます。

今回は3月10〜12日の3日間このホイスコーレに行き、現地の様子を学ばせてもらいます。

詳細日程

3月8日羽田空港発→9日コペンハーゲン着→9日ノーフュンスホイスコーレに移動→10日〜12日現地研修→13日〜帰国。

上記が詳細な日程となっております。


▼最後に


今回は僕たちの挑戦に興味を持ってくださり、詳細までご覧いただき本当にありがとうございます。


僕たちは今年で大学を卒業をします。大学生活4年間活動してきた集大成としてこの挑戦を行うことを決めました。


この挑戦に支援をいただくにあたり、僕たち自身も改めて自分たちのこれまでを振り返り、挑戦の目的やそのお返しをどうするべきか何度も考えを練ってきました。

アルバイトでお金を稼ぎ、資金を貯めて行くよりもこの挑戦について多くの時間を費やし、向き合うことができたと感じています。


支援していただく以上、ただ僕たちが学びに行くのではなく、

大学の4年間で高校生に向き合い続け、今回学びにいく経験を元に、支援していただいたみなさんの人生に向き合い、一緒に考える時間を届けたり、学びを共有するという形で僕らなりの恩返しをしたいを思っています。


僕らは今まで高校生や中学生と関わる機会が多かったですが、この挑戦をきっかけに様々な年齢層の方とも関わり、未成年でも、大人でも、多様な人生のタイミングで、自分らしく生きる人を1人でも増やすきっかけづくりをできればと思っています。


1人でも多くの方に僕らの学びを共有し、その学びを元にあなた自身について一緒に考える時間を作ります。そして、1人でも多くの人が自分らしく生きられるきっかけづくりをしたいです。


今回は全体の目標額である経費全体の半額13万円を集めることができれば、今回のチャレンジを行うAll or Nothing 形式を取らせていただきます。


僕らの挑戦にご支援のほど、よろしくお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください