インドネシア マラン市 Brawijaya大学で、Asia Steel Bridge Competitionが開催されます。日本大会では何度も優勝している私達ですが、昨年初出場したアジア大会では歯が立たず・・・今年2度目の挑戦で、絶対に優勝し、日本の土木技術ここにあり!と宣言させてください!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして、私は本プロジェクト責任者であり、鳥取大学アジアブリッジコンペチームのリーダーをしている、宮内芳維(みやうちよしゆき)と言います。

1995年生まれ兵庫県西宮市出身で、現在鳥取大学 大学院で土木工学を学んでいます。

また、ツナガルドボク中国というNPO団体を発足し、地域の建設業者さんと連携し、土木×◯◯という活動志向で地域活性を目指し、「地方建設業の魅力発信」、「地方中小企業への就職促進」、「学生が羽を伸ばして挑戦出来る居場所つくり」、「建設分野の学生や若手の意識向上」を行っています。
自分自身も鳥取県内の建設コンサルタントに就職します。建設業って本当に面白いんです。
「建設の匠」という建設業界大手Webメディアで記事も書いているので是非見てください!
https://kensetsutenshokunavi.jp/kensetsu-takumi/career/careermy01/


趣味と言えばもう一つ、そう、ブリッジコンペです。

▼ブリッジコンペとは?

通称ブリコン、正式名称はSteel Bridge Competitionです。4mの鋼製橋梁模型を大学生自ら計画立案し、設計、製作を行います。大会では、様々な部門で評価が行われ、多くの部門で最も評価の高い大学が優勝となります。

大会では、3つの部門で評価が行われます。

①「架設部門」は大会当日、橋をどれだけ早く組み上げる事が出来るかを競う部門です。早ければ早いほど評価は高いです。

②「載荷部門」は架設部門によって組み上げられた橋の決まった場所(橋の1/4、1/2、3/4)に合計400kgの重りを載荷します。重りによって橋はたわみます。橋の中央で、そのたわんだ量が計測されており、たわみ量が5mm〜7mmであれば、載荷部門はクリアとなります。また橋の重さも計測され、その軽さも評価の一つになります。軽ければ軽いほど有利です。

③「美観部門」は、その名の通り、橋の外観を競う大会です。参加者による投票によって美観部門の順位が決まります。

開催地によって、Japan Steel Bridge Competitionと言われたり、Asia Steel Bridge Competitionと呼ばれます。前者が日本大会で、後者がアジア大会です。

鳥取大学は2012年に日本大会に初出場し、準優勝を遂げました。以来2018年まで日本大会に出場し続け、計3回の日本一を遂げています。その内2017年は、私がリーダーを務め、日本一の回数に貢献しています。この数は大会史上唯一最多であり、3度も優勝した大学は旧帝大でさえ一切居ません。

鳥取大学の広報記事に取り上げられた例(11P、12P)
https://www.tottori-u.ac.jp/secure/1143/fumon59pdf.pdf?fbclid=IwAR3l04RuY_6llpNUpYQrEJNV1qHSSmrX7G_4NWQbniPx8SrXrEyDCpUeYkM

▼日本大会とアジア大会の現状、そのレベルの圧倒的差。危機感。

私自身は、2016年に初めて日本大会に出場し、残念ながら「載荷部門」で重りを全て載せ終わった際に橋が壊れてしまっており、失格に終わりました。

しかし、その悔しさを胸に、私は2017年の日本大会にてチームリーダーを務め、見事日本一を成し遂げ、頂点の座に返り咲きました。

鳥取大学として初めてアジア大会に出場したのは、2018年の事です。2017年日本大会で優勝した勢いを持って、「絶対に勝ってやる!!」という気持ちの元、挑んだ大会でした。

しかし、アジア大会で待っていたアジアの学生達は私達日本人の想像を絶するレベルでした・・・

ブリッジコンペには、他にもアメリカ大会やカナダ大会があります。しかし、アジア大会が飛び抜けてレベルが高く、日本大会は箸にも棒にもかからないくらいです。以上の事からアジア大会を制するという事は、世界を制する事と同じ事なのです!

日本大会は、橋の重量が20kgを切る大学は、出場大学20校ほどの内、鳥取大学を合わせて2校あるか無いかです。ほとんどが30kg、40kgと言った重量の橋梁ばかりです。架設部門においても10分以内で橋を組み立てが終わる大学は鳥取大学合わせて2校あるか無いか。架設部門には制限時間40分が決められていますが、その制限時間中に終わる大学も数少ない程です。そんな中で優勝しても、アジア大会に参加すると、日本大会は井の中の蛙状態だったのです・・・

一方、アジア大会では、20kgを切るのは当然、出場大学ほとんどが非常に軽量化されています。日本大会の様に、30kg、40kgと言った橋梁は居ません。昨年のアジア大会の最軽量であり、そしてダントツで優勝した大学の橋梁はたった6kgでした(日本大会では絶対にありえません・・・)

架設部門では、橋を組み上げるのに最速で100秒で終わる大学を初めとして、遅くても10分を裕に切ります(今年のルールでは、7分以下のタイムであれば、評価は7分とカウントされます。レベルが高く、速すぎる故に、さすがに大会運営もこのような制限を設けざるを得ない、それがアジア大会です)。それだけ日本の建設分野の大学生のレベルとアジアの建設分野の学生のレベルは圧倒的に違うのです。そしてレベルだけでなく、意気込みや熱量も大きく違います。僕たち鳥取大学も絶対優勝してやる!という気持ちの元、出場していますが、それ以上に、アジアの学生たちは国を背負って大会に出場している雰囲気を感じ、その熱量は本当に感動します。

しかし、感動ばかりで終わりません。僕たちと同じ程の年齢の彼らが社会人になった時、今の日本の大学生の雰囲気では、必ず日本は負けてしまうと考えています。その内、かならず日本の建設技術はアジアの建設技術に抜かれ、アジアの人たちを雇っている側から、今度は日本人が雇われる側に変わる未来も近い将来、今のままでは必ず来てしまうのでは無いか・・・そう僕は昨年のアジア大会に出場し、圧倒的な差を敗北という形をもって見せられてしまった(魅せられた)私は強烈な危機感を覚えました。同時に、2016年の日本大会で橋が崩れ、失格となった時以来の悔しさを覚えました。その悔しさ故に、それを原動力に、2017は日本一に輝くことが出来たのだと考えています。

2019年、私は必ずアジア大会に帰ってくる!2018年の悔しさを原動力に、必ず勝つ!

そして今度こそ二度目の挑戦にして優勝する!今度は日本の未来を背負っていく!そう心に誓いました。

▼プロジェクトで実現したいこと

実現するべきは、アジア大会優勝。それだけ、と言いたい所ですが、私達の世代だけの事は考えずに、私達がアジア大会で優勝する事で、日本の大学生に輝かしい未来を見せたい。

大学名など関係なく、想いをもって一生懸命やれば、日本一を取ることが出来ると2017年日本大会で示した様に、次はアジア大会で優勝し、もっと建設分野を盛り上げたいと考えています。仕方なく鳥取大学に入学した学生に夢を見せたい!
日本の土木技術は非常に高いと言われています。アジア大会で優勝し、日本の土木技術、ここにあり!これが”Made in JAPAN”と宣言したい。それが先人達の恩に報いる唯一の方法だと確信しています。

▼現在の活動

今年のアジア大会は、8/24(土),25(日)に実施されます。これまでの鳥取大学ブリッジコンペチーム史上、最軽量の橋梁を、私達は発想を逆転させることで、設計することが出来ました。
現在、鳥取大学内のものづくり工場という所で、機械加工中&溶接中です。メンバーは、2年生が4人、3年生が1人、4年生が2人、大学院1年が1人、大学院2年の私、合わせて9人で活動中です。

機械加工によって、加工された鋼材は皆可愛いものです。手塩にかけ、丁寧に加工し、橋を作る。橋は生き物です。メンバー全員で、我が子のように、機械加工や溶接を行っています。工場でしか出来ない加工作業以外は、工場の営業時間外で、研究室に持って帰って、夜まで作業します。主にやすりがけやケガキと言った工場で作業する為の準備などを実施して、毎日の作業は終了します。

現在は、工場で機械加工中と溶接の練習中です。今年の大会までのスケジュールは、以下に記しています。

▼実施スケジュール

1/22〜2/28:橋梁設計期間

3/1〜5/17:鳥取大学ものづくり工場にて、機械加工期間

5/19〜6/13:溶接加工練習期間

6/14〜7/19:溶接加工本番。橋梁完成後、載荷試験、たわみ量調整期間

7/19〜8/21:架設練習(目標5分!)

22日(木)、メンバーの車にて、朝3時に鳥取大学を出発します。関西国際空港には朝7時頃に到着し、10時50分関西国際空港からインドネシア デンパサール国際空港へ向かいます。そこから乗り継いで、23日(金)の12時25分にインドネシア マラン市に到着します。

帰りは、26日(月)の13時10分にインドネシア マラン市を出発します。ジャカルタのスカルノハッタ国際空港に14時45分に到着した後、乗り継いで、東京羽田空港に27日(火)8時50分に到着。再び乗り継いで、羽田空港を13時に出発した後、関西国際空港へ14時20分に到着します。19時頃に鳥取大学へ帰還します。

▼支援して頂いた資金の使い道

昨年、アジア大会に出場した際、資金は自分達で準備していました。

メンバーは皆、ひとり暮らしで、学費や電気代や家賃などをアルバイトで賄っており、それに加えてブリッジコンペに参加する費用を捻出していました。

昨年はは火の車状態で、出場しました。今年も火の車状態になるのは目に見えています。各自一生懸命、工場で機械加工もしつつ、アルバイトもしつつです。それ故に、メンバーはあまり集まることが出来ず、アルバイトに忙殺されています。

皆さんに支援して頂く事によって、アルバイトに費やす時間を、よりよい余裕のもった機械加工や、修正設計の時間に費やす事が出来、より質の高い橋梁を製作、より組み立て練習を行う時間を増やすことが出来ると考えています。

以下、募集資金180万円ですが、1人あたり約16.7万かかります。メンバーは9人居るので、合計150.3万で、四捨五入で150万とさせて頂いています。そしてこちらのサイトで募集の際に必要な手数料など諸々を含めると180万になりました。

1人あたり約16.7万の内訳を以下に示します。

・空港の駐車場にかかる費用:1,200円

・往復の飛行機費(ガルーダ・インドネシア航空):110,000円

・大会参加費:17,000円

・宿泊費(乗り継ぎ時に宿泊する空港内ホテル&大学近くのホテル):16,500円

・食糧費(大会中の朝、昼、晩のご飯代):16,000円

・ビザ申請費(マラン市のアブドゥル・ラフマン・サーレ空港の入国審査で必要なビザを申請する為の費用):3,500円

・移動費(マラン市のアブドゥル・ラフマン・サーレ空港から大学近くのホテルまでの往復費):3,500円

是非とも、皆様のご支援よろしくお願いします!!

▼最後に

アジアにどうしても勝ちたい。勝てるだけの準備はもう行いました。あとは資金さえあれば・・・と思い、始めたこのクラウドファンディング。

応援してくださる方に、必ず鳥取大学がアジアのNo.1になれるよう頑張ります!!

そして、もう一つ。

私達鳥取大学ブリッジコンペチームのメンバーは将来建設業界に入ります。

建設業界は日本の基盤を支える重要な業種の一つです。

建設業は、人の生活の当たり前を守っています。普段皆さんが通る道、使う水など全て建設業が支えています。皆さんの愛する人の笑顔を、縁の下で支えているのが建設業、土木なのです。

この業種が無くなれば、私達だけでなく、私達の子孫は、今日のような当たり前の日々を過ごすことは出来ません。

しかし、業界に対する世間の印象は、悪いイメージばかりです。この悪いイメージを払拭し、建設分野の学生にも、まだ先の未来を信じて闘っている人間が居る事を多くの人に知って頂きたい。そして応援して頂きたい。

より、この業界を、この鳥取という地方から盛り上げる為、そしてアジアに日本の力を見せつけ、日本に優勝凱旋し、多くの学生に希望を与える為にも、是非とも皆さんのご支援、よろしくお願いします!!

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 活動報告

    橋の仮組み&溶接を実施しました!もうすぐ橋が完成します★

    2019/06/11 19:04

    【応援して頂いている皆様へ・活動報告レポート②】皆さん、こんにちは!リーダーの宮内です。今日は、以前実施した橋の仮組作業の続きと、溶接作業を一部実施しました!※橋の形は秘密にしたいので、今はモザイク加工をさせて頂いております・・・!橋の完成までまもなくです!最後の完成まで細かい調整と製作精度の...

  • 活動報告

    今日は橋の仮組みを行いました!!

    2019/06/09 00:46

    【応援して頂いている皆様へ・活動報告レポート①】皆さん、こんにちは!リーダーの宮内です。今日は橋を溶接する為に、完成形の精度を担保する為の基準となる台に橋の部材を万力という固定器具で固定する作業を実施しました!この作業がすごく大事で、これをきっちりしないと事前に私達で設計した橋の形に近づかない...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください