作る塾の名前は「楽進塾」です(^-^)どんな子どもたちも「楽」に生きるために、「進」んで欲しい。僕と講師たちは、進むための手助けをしたいです。勉強は楽しい。勉強はきっと強い味方になってくれます。いつかそれを学んだ子どもたちが、周りを「楽」にしてくれることを信じています。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして。お読みいただいてありがとうございます。

私は、高校教員や他公務員を務めた30歳男性です。

社会に出てからは辛いことが多かったように思います。

人への優しささえあだになる…そんな風に思っていた時期もあります。

しかし、周りの家族や今の妻と出会い、そうではないことに気付きました。

自分がダメだったんだと。自分から愛を出さないと。理解しようとしないと。


働く。


はた(他)を、「らく」にすることです。

そう確信しています。



▼このプロジェクトで実現したいこと

公立高校では学習指導や生徒指導、部活指導で手いっぱいです。

そこから大切なことを学ぶ聡明な生徒もいますが、間違った方向にいく子もいます。

大人の責任です。

勉強ができない子。

不登校の子。

ハンディ(障害とはあえて呼びません)を背負った子。

彼ら彼女らが生きやすくなって欲しい。

「楽」になって欲しい。

それが僕の実現したいことです。



▼プロジェクトをやろうと思った理由

公教育での伝えづらさを感じたからです。

どうしてもマジョリティに合わせなくてはいけない。

ほって置かれたマイノリティを見て見ぬふりはできませんでした。

だから自分で理想の塾を作ろうと思いました。


▼これまでの活動

通信制高校で働いた経験があります。

彼らの大多数が生きづらさを感じていました。

不登校、母子家庭、いじめ…

「自由に生きたらいいんだよ」「でもやることはやろな」

会う回数は少ないですが、貴重な時間でした。


▼資金の使い道

塾開設の初期投資に使わせていただきます。


▼リターンについて

塾が完成したあかつきには以下の物をお送りします。

・塾特製スタンプカード(美術教師の妹にキャラクターをデザインしてもらいます)

・塾総合パンフレット

※ブログ随時更新しますので、ホームページをお教えします。


▼実施スケジュール

2019年1月 プロジェクト発足

2019年2月 現職の退職準備、引継ぎ

        内装等のレイアウト考案(できるだけリラックスできる空間作り)

2019年3月 教材等の選定

        業者の選定

        ホームページ自作(毎日何かが良くなるメッセージを込めてブログ更新)

        末日、退職

2019年4月 当塾のコンセプト等の説明会実施(複数回実施)

        近隣住民・店舗等へのご挨拶

2019年5月 開校

※塾の様子など随時公開していきますが、現状ではあまり画像等がありません。

 今後の更新にご期待ください!

        

▼最後に

ぶっちゃけた話、こういう塾を開きたいのですが、計算したところどうやっても自己資金では少しだけ足りません(笑)

良い立地に理想の物件が見つかったので、このタイミングでのお話となりました。

このタイミングがベストだと思っています。

実施スケジュールについては、上の通り構想があります。

強い理念もあります。

賛同してくださるがいらっしゃいましたら、どうかお力を貸してください。

どうかよろしくお願いしますm(__)m


<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    塾の価格設定等(重大情報あり!!)

    2019/02/02 22:25

    パトロンになってくれる方が現れました!本当に嬉しいです!ありがとうございます(^-^)本日は週末ということで、ゆっくり塾の構想について考えています。今日は主に商品の価格設定について。お客様にも私にとっても大事なことです。むやみに安くするのも、サービスの品質低下を招くと怖いです。しかしせっかくこ...

  • 塾図面
    活動報告

    塾図面(仮)

    2019/01/30 12:52

    塾の図面(仮)です。配置は今後柔軟に変えていこうかな?生徒を見守ってる、でも監視し過ぎない。そういう空間を設計中です。現在内装業者に見積り依頼中です!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください