R4は、Bluetooth対応のローリングワイヤレスキーボードです。

▶くるくるとスティック型に折りたため、カバンにコンパクト収納。

▶Android、iOS、Windows三対応。Bluetoothは最大3台まで接続可能、仕事もプライベートも◎

▶キーボード はX型構造&ABS素材採用、滑らかな打ち心地で快適な文字入力を実現。

▶ スタンド機能搭載、10インチまでのタブレットに対応。

便利なマルチファンクションキー搭載、音楽再生や動画鑑賞の際にも、長めのメールや文章を処理する時にも、重宝する1台です。

スマホやタブレットの普及により、デカいパソコンの代わりに、スマホやiPadを持ち歩いている人が増えています。

持ち運び便利には優れているが、文字盤が小さいため、いざ長い文章の編集が必要な時になると、スマホやiPadで文字の入力がいつももどかしい。そんな時、役立つのがワイヤレスキーボードです。

しかし、今までのワイヤレスキーボードは、

・重たくて、バッグの中に入れると場所取りすぎで、持ち運びにくい。

・スタンドがなく、別途でスタンドを用意しないといけない。

・文字盤が小さくて、入力しにくい...

など、どちらも使いにくいです。

そんな時、今までのワイヤレスキーボードの常識を覆す、軽量&スリムボディ、使いやすさ抜群の「R4 」が登場!

軽量&コンパクトサイズ

軽量200g&長さ25.2㎝。350mlの缶ビール(350g)よりも軽く、A4ファイルの長さ(31㎝)よりもコンパクト。

くるくると巻いて、スティック型に折りたためるため、スペースを取らずバッグの隙間にすっぽりと収納!使いたい時に取り出してすぐ使えるので、快適便利です。

スタンド付き、スマホやタブレットの固定に便利

また、自らスタンドが付いており、別途でスタンドを用意しなくても、デバイスを簡単固定。

スタンド用の溝の長さは24.2㎝、10インチまでのiPad、iPhone、Androidおよび Windowsのデバイスなら、横に置いても縦に置いてもOK。iPad mini1台×iPhone1台なら、スタンドの上に同時に置けるので、2台操作の時に大活躍。

文字入力に操作抜群のキーボード

さらに、キーボードも小さすぎず、普通のキーボードと同じように入力しやすく、効率よく長文入力ができるので、ビジネスマンや学生さん、普段よく外出先でも書類や文書などの処理が必要な方には是非おすすめしたいです。

①簡単ペアリング

キーボードを広げて、自動電源ON。閉めるだけで、自動電源OFF。

「fn+C」を押して青色LEDが点滅すると、ペアリングモードON。デバイスの上の「R4 Keyboard」と接続するだけで、ペアリング完了。

②多デバイス&システムに対応

iOS/Android/Windowsシステムのデバイスに対応、最大3台※に接続可能。

優れた互換性を持っているため、iPadで資料の修正をする時、スマホに切り替えて、受信したメールやメッセージ返信も素早く対応可能。ビジネスにも、プライベートにも大活躍!

※操作できるのは1台だけ、必要な時は簡単STEPで デバイスを切り替えて使用可能。切り替え方法は「よくある質問」をご参照ください。

③高性能チップ搭載、最大10mまで安定した通信を実現

BluetoothはiPad製品と同じように、信頼性の高いBroadcom製チップを採用。最大10mまで安定したワイヤレス通信はできるので、途中で接続出来なくなる可能性も少なく、スムーズな操作が可能です。

①US配列+64キー

5つのキー列、64キーのUS配列は、字面がスッキリしていて、記号の配置が見やすく、アルファベットの入力には優れています。コンパクトながらも、17㎜のキーピッチがあり、タイプミスを軽減できます。

②高感度&静音、パンタグラフ式構造

キーはノートPCに多く採用されているパンタグラフ方式採用、キーストロークは1.4mm、軽くタッチするだけで、素早く迅速なタイピングができるのが特徴。キートップのどの位置からでも垂直にストロークできるため、キーの中心を打たなくても確実に入力が行われます。入力時、手への負担が少なくて済みます。

また、キーボードはポリカーボネートとABS素材を採用しており、耐久性に優れるほか、タイピングはノートPCと同じような使い心地を実現しています。

③便利な「ショートカットキー」機能

fn+F(X)を押すだけで、メールを開いたり、動画や曲を切り替えしたり、音量をUP/DOWNに調整したりするなど、スマホの画面に触れなくてもタブレットを遠距離操作可能。タブレットの画面に指紋や汚れを残らず、操作楽々。

※デバイスのシステムによって、ショートカットキーの機能が異なる可能性がございます。

Android機の場合、fn+F4ではデバイスの中に初期設定された音楽プレーヤーにしか開けません。

●fn+F6から、入力方法を切替

入力の際、日本語から英語に切替したい時は、fnを長押しして、F6をクリックするだけで、好きな入力方法に簡単切替。

●音楽再生&動画鑑賞時にも大活躍

スマホやタブレットで音楽再生や映画鑑賞の時、fn+F11/F12で音量DOWN/音量UP。

fn+F7/F9で前の曲/動画へ、次の曲/動画へ。fn+F8で曲や動画をストップ/スタートさせることもできます。仕事で疲れてきたら、音楽再生や動画鑑賞の時に大活躍!

①スマホなどがズレにくく、安定性向上

安定性向上の固定脚が二つ、スタンドの溝の中にも、底部にも滑り防止用のシリコン仕様を設けており、スマホやタブレットなどがズレにくく、安定性向上!

②単4電池1本で稼働

仮に一日8時間の使用であれば、約25日電池交換をしなくても使い続けることが可能です。電池がなくなりましたら、コンビニですぐ入手できるので、充電用タイプに比べるとより便利です。

開いて何の操作もしなければ、5分後自動的に省エネ運転に入り、電力を節約してくれます。電力が少なくなる場合(電圧≤1.1V)、青色の指示ランプが10秒ごとに2回点滅するので、気づいたら予め予備用の電池を用意しましょう。

③高級感&耐久性に優れた素材

プラスチックの表面にシボ加工を採用。シボ加工とは、表面処理のひとつで物理的にシワ模様(シボ)をつけることです。 

シボ加工をすることにより、「R4 」に高級感を出し見た目を変えるだけではなく、さわり心地・滑り防止、汚れ(指紋)や傷を目立たなくする等、メリットがたくさん。

④マグネット搭載&収納袋付属

キーボードの底部にマグネットが4つ搭載、キーボードを簡単に閉じることが可能。携帯に便利な収納袋も付属しているので、お出かけの際、中に収納すれば、キーボードが不用意に広がってしまうこともありません。

安心の機能と耐久性を兼ね備え、CE/FCC/RoHS、とBluetooth BQBの世界基準の安全認証を取得しています。

※BQB:Bluetooth Qualification Bodyの略。Bluetoothのロゴ認証システムの公認判定者。ロゴの取得を申請してきたメーカに対して,その合否を判定する役割を果たす。

▲出張の際、バスや新幹線での移動中でも、楽々書類の処理ができます。

▲大学やゼミなど、授業中にスマホやiPadでメモを取る時に使いやすいです。

▲外回りの際、書類や履歴書なども素早く編集可能。

▲会議やビジネス場面で、メモや会議の記録を取りたい時にも大活躍!

※200gは電池含めの重量になります。各電池によって、総重量が変わる可能性がございます。

本体×1、収納袋×1、単四乾電池×1、日本語取扱説明書×1

※付属の単四乾電池は画像上のイメージとは違います。

Q:2台接続の仕方&切替方法を教えてください。

A:デバイス①と接続の際は、まずfn+①を押して、fn+CでペアリングモードをON(青色指示ランプが点滅する )にしてから、デバイス①を「R4 Keyboard」とペアリングします。同じように、デバイス②と接続の際は順番にFn+②、fn+C を押して、ペアリングを行います。

※2台接続の際、操作できるのは1台のみ。

※周辺に複数のBluetooth信号が飛び回っている場合、あるいはデバイスはすでに複数のBluetoothとペアリングしている場合、R4が検出されにくい、あるいは検出するまでに遅延が起こる可能性がございます。予めご了承ください。

Q:デバイスを切り替え方法を教えてください。

A:デバイス2台とペアリングした後、fn+①でデバイス①に、fn+②でデバイス ②に切り替えられます。

※デバイス②と接続する時、デバイス①との接続は切断され、デバイス3と接続する際、デバイス②との接続は切断されるのは正常なことです。

Q:LINEでチャットをする場合、改行キーを押して、メッセージを送信することはできますか?

A:できます、ご利用の前に以下の手順に従って設定を行ってください。

Stepː【設置】→【トーク】→【改行キーで送信】をONにする。

Q:Android機を使っているのですが、ショートカットキーの機能は説明書上の記載とは違いますが・・・?

A:ショートカットキーの初期設定はiOSデバイス向け、Android機やWindows機なら、まずfn+Q、fn+Wを押して変換してください。

Q:テンキーはありますか?

Aːいいえ。本製品は軽量コンパクトな64キー配列でテンキーはありません。

Q:キーボードは防水ですか?

A:防水機能はありません。使用の際、水などにかからないようご注意ください。

Q:キーボードはスタンドと分離できますか?

A:一体型になっているので、分離できません。

Q:バックライト機能は付いていますか?

A:ありません。

Q:保証は付いていますか?

A:本製品は1年間の保証が付いています。取り扱い説明書に従った使用状態での商品不良に対して、当社にて送料を負担したうえで商品の交換対応を行います。(※お客様の故意、過失等で生じた故障は除きます)。 

■2020年5月 クラウドファンディング開始

■2020年7月 クラウドファンディング終了

■2020年9月 日本国内発送予定

#メーカーについて

深圳愛恩基科技有限会社(ANG)は中国の深圳市における、Bluetoothキーボード、イヤホン、スピーカーなどのワイヤレス製品の製造・販売を行っている会社です。2011年に設立されました。

創業以来9年、ANGは製品の品質にこだわりながら、実用性&面白い製品の研究開発に努めて、社員数と会社規模共に大きく成長して まいりました。国際展開にも目指し、北アメリカ大陸のアメリカ、カナダ、欧米のイギリス、スウェーデン、ロシア、東南アジアのシンガポール、マレーシア、タイなど、40国以上や地域に製品の販売を行ています。

#起案者について

みなさま、こんにちは。「AFUストア」と申します。

わたしたちは、みなさまに素晴らしい商品をお届けしたいという想いから、2017年にクラウドファンディング事業を立ち上げました。

2020年2月までの実績として、国内の大手クラウドファンディング運営サイトを通じて128件のプロジェクトの立ち上げ、総額5.5億円のご支援を達成しております。何れも日本のクラウドファンディング業界の実行者として1位の記録です。
個々のプロジェクトについても、1億円を達成した「Warm Geek」をはじめ、国内のクラウドファンディングの傘部門では 1~3位、掃除機部門では1、2位をそれぞれ独占、アウターやモバイルバッテリーなど多数のプロジェクトが1,000万円を超えるとともに、様々なメディアにも取り上げられています。

これからもわたしたちは、感動と驚きの商品をそろえ、暮らしが豊かになる良品をみなさまにお届けいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください