私はセネガルの首都ダカールでセレクトショップを経営しております。更に多くの人に 『Maho's』を知ってもらう為、新店舗への移転を決意しました。本気でアフリカから世界に羽ばたけるお店にしようと思ってます。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。Maho’s代表 坂田 洸奨です。

数あるプロジェクトの中からご興味をお持ち頂きまして誠にありがとうございます。

私は西アフリカ最西端に位置する国、セネガルの首都ダカールでセレクトショップ Maho’s  を経営しております。

これから更に多くの人にMaho's知ってもらう為に首都ダカールの中でも最もふさわしい場所への拡大移転を決意しました。

私は幼い頃から洋服が大好きで、いつも誰かの洋服の着こなしを見て真似してみたり、逆に人とは被らないようにしてみたりとずっとオシャレについて考えてました。ホントにずっとです。笑 

いつの間にか自分だけではなく、周りの人達をオシャレにさせたくなって、、

一年前にアパレルブランド「KOSHO」「frarika」を立ち上げ、今ではセレクトショップMaho'sの代表として洋服に囲まれた毎日を過ごしています。

こんなオシャレにしか興味ないような私にどうかご支援お願いします。


プロジェクトをやろうと思った理由

Maho'sはセネガルの首都ダカールにあるものの、中心部からは少し離れています。どうしてもお仕事や観光でセネガルに来れれている方にはMaho'sを知ってもらえないことがほとんどです。

それでも沢山のお客様にご来店いただいております。ですので移転することに少し恐さはありますが、更なる飛躍の為、心機一転 拡大移転することを決意しました。

そして今のお店の面積はあまり広くはない為どうしても置ける商品が限られてきます。

正直に言いますと、ただ純粋にもっとオシャレに囲まれたい!です。笑 




これまでの活動

私はファッション専門学校を卒業後『もっとお洒落になりたい!』と思い

もう一度フランスでファッションの勉強しよう思ってました。その前にたまたま立ち寄ったセネガルで一人のテーラーさんと出会いました。今でも一番のパートナーです。そんな彼とならアフリカから世界を目指せると思い

一年前にアパレルブランド『KOSHO』と『frarika』を立ち上げ、

・そして私たちの思い描くオシャレを表現する為!

・今まで低賃金で安定していないテーラーさんたちに安定した給料を支払えるようにする為!

にセレクトショップ『Maho' s』をオープンしました。フランス行きを辞めた訳ではありません。Maho’sと一緒に必ず挑戦しに行きます。

「アフリカだから」という言い訳は捨て、とにかく私たちのオシャレにこだわって洋服作りや雑貨の仕入れなどを行なってきました。今までセネガルには無かった、出来なかったオシャレを提案し続けています。私が持ってる知識を教え、一年前では考えられなかったオーダースーツも始めることが出来ました。俺たちで魔法をかけてあげようぜ』という想いでMaho’sと名ずけました。Maho'sオープンまで色んな苦労があり長い道のりでしたが、お客様やMaho'sに関わる全てのスタッフの喜ぶ顔を見てるだけで大変だった事なんて忘れてしまいました。笑 なのであまり苦労話をするつもりはありません。



セネガル のテーラー事情

↑彼は私が最も信頼しているパートナーです。彼と出会って全てが変わりました。

セネガルの仕立て屋さんは幼い頃から学校には行かず洋服を作ってきた人がほとんどです。しかし低賃金で安定していない生活を過ごし、夢を聞いても「バイクが欲しい」くらいしか出てきません。

私は700人近くのテーラーさんを見てきましたが高い夢を持ってる人には出会わなかったです。

正直その可能性が無いんです。

学歴も無いしいくら頑張っても低賃金で安定した収入は難しい。だからと言って一着辺りの値段をあげたら仕事の依頼が来なくなる。これがセネガルのテーラーさんの現状です。

Maho'sが更に飛躍すればもっと多くのテーラーさんを採用し多くの夢を与えることが出来ます。

私にはファッションしか無いです。それ以外は何も出来ません。

だからファッションを通じて少しでもアフリカの力になれたらと思っています。

私はこれから先も「Made in SENEGAL」を掲げ、世界に向けてチャレンジし続けます。

番大切なことは仕事を与え続けてあげることだと思っています。他の国から来られて安値で大量に洋服の依頼をしそれが完成したら洋服を引き取って帰国される方をチラホラ見かけます。それでも良いんです。それでも良いんですが、でも私は値段が少し高くても、少量の発注でも毎日仕事がある状況にし毎月安定した給料を支払いたいです。ですので私のブランドでは大量生産は行っておりません。

資金の使い道


今回ご支援いただいたお金のすべては以下の資金として使わせていただきます。

内装費(電気工事費) エアコン、照明取り付け 什器 壁ペンキ塗り直し 床タイル貼り直しなど 計6万5千円

敷金、礼金 30万 

目標金額 50万円 手数料 計8万5千円

リターンの送料 5万円  計50万円 

アフリカでは日本では考えられないような問題や内装工事の大幅な遅れが発生する場合があります。

2020年5月の移転を予定しています。 

リターンについて

支援いただいた方へのリターンは『frarika』のTシャツまたはMaho'sで買い付けたセネガルの雑貨などをご用意します。詳細についてはリターンページをご覧ください。

※今回、私のブランドはTシャツのみにさせて下さい。

これは本気で世界を目指してるからこその意地です。

『KOSHO』と『frarika』は本当に大切にしたいブランドです。立派に成長するまで日本に卸すことは出来ません。

日本に卸して欲しいとの声は沢山いただいておりますがお待ち下さい。更に成長し必ずいつか『KOSHO』『frarika』を日本に持って帰ることをお約束致します。


お支払いについて

お支払い方法は

クレジットカード(VISA、MasterCard,JCB,Diners Club,American Express)

コンビニ払い

ワイモバイルまとめて支払い、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済

Pay-easy払い、Paidy払い

ビットコイン決済 から選択出来ます。 

※目標金額に達成しない場合にも移転プロジェクトは実行致します。支援者様にもリターンさせていただきます。

最後に

Maho’sはこれから更に大きくなっていきます。アフリカから本気で世界を目指しています。目の前に居るお客様のことを第一に考え、多くのお客様に喜んでいただけるよう、そしてまたいつか日本にもお店を出店出来るようにMaho'sに関わる全てのスタッフと一緒に精一杯頑張っていきます。

こんな私ですがご協力のほどよろしくお願いします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください