高校生のための起業家講座NESとは、「社会にGood Impactを」をコンセプトに掲げ、全国の中高生が、社会に混在している課題に対して、解決策を立て、それを実行に移すものです。全社会に貢献する次世代アントレプレナーを早期に発掘育成する、起業養成家講座とビジネスコンテストが融合したプロジェクトです

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

この度は本ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。NES2019運営代表の石川奨之です。

明治学院高等学校3年生で、春から立教大学に入学する予定です。

今回開催される高校生のための起業家講座NES2019の運営代表として、活動しています。

今回は、第8回「高校生のための起業家講座NES」の優勝賞金を募るためにクラウドファンディングに挑戦します。

「NESってなに?」「高校生が起業?!」

僕たちのやりたいこと、やらなければいけない理由をぜひ知っていただき、ご支援をお願いできればと思います。

最後までお付き合いください!


▼そもそも高校生のための起業家講座NESとは?

NESはNext Entrepreneur Summitの略称です。
「社会に“Good Impact”を」をコンセプトに全国の中高生が集い、社会に混在する課題に対して真剣に考え解決策を立てるだけでなく、それを実行に移します。3ヶ月間に渡る活動の中で、全社会に貢献する次世代アントレプレナーを早期に発掘、かつ、育成することを目的とした、起業家養成講座とビジネスコンテストが融合したプロジェクトです。 

今回で8年目をむかえる本コンテストですが、過去には廃校を利用してキャンプをする「廃校キャンプ」や女の子の積極的な恋を応援する「恋カツ」といったプランがプレゼンされました。


▼「決勝大会」ではなく、「結晶大会」である理由

NESの最終審査会はゴールではなくスタートです。3ヶ月の間、ビジネスプランを練り上げてきた中高生たちの努力と社会に対する思いを結晶と表現し、このように命名致しました。

※結晶とは…積み重ねられた努力が1つの形をとって現れるもの


▼結晶大会に向けて

2019年3月31日(日)に、3ヶ月にわたる本プログラムの集大成となる、結晶大会(最終審査会)を開催します!

出場できるのは、中間報告会、予選審査会、敗者復活戦を経て残ったわずか10チーム…
3ヶ月間共に走り続けてきた参加者たち、両親、友達、更には社会の第一線で活躍されている特別ゲストや審査員など、総勢約500名の前で自分たちがつくりあげてきたビジネスプランについて熱く語ります。

そして、この結晶大会にて最優秀賞に選ばれたチームには、起業支援金として100万円を贈呈!!!

今回は、その一部となる50万円を目標金額としてクラウドファンディングに挑戦します。


▼僕がNESの運営代表を務める理由

改めまして、NES2019運営代表の石川奨之です。

僕自身、昨年行われたNES2018に参加していました。

(参加した理由)

起業にとても興味があったからです。

僕が通っていた中学は、前髪は常にオン眉で、髪の毛が耳にかかってはいけないなど、とにかく校則の厳しい学校でした。そんな学校で、不満を抱きながら生活していた僕は、人が作った空間ではなく、自分が作った空間で生活したいと思うようになりました。どんな人がそんな空間を作れるのだろうと考えたとき、”起業家”という人がそのロールモデルの一つになると思ったのです。

そして高校二年生の時、僕が起業に興味があることを知っていた彼女がNESに出ないかと誘ってくれて、自分の成長に繋がるだろうと思い、参加しました。

(どんなプランだったか)

簡単にいうと、「着なくなって家に溜まっている古着をネットを通して共有しよう」というプランです。なぜこのプランを考えたかというと、ゴミに繋がる洋服の量を減らそうと思ったからです。日本では洋服が年間約33億着も捨てられていて、それが環境の悪化に繋がっています。だから、ゴミに繋がる洋服たちにもう一度価値をつけることが大切だと考えました。

(NESから得たものは)

僕がNESで得られたものは、2つあります。

1つ目は、自発的に足を動かす行動力です。NESは社会に良い影響を与えるプランを考えて発表する場所ではありません。実際にそのプランを実行して、初めて評価される場所です。社会に混在する課題とその解決策、起業するまでの過程、そしてそのプランで実現できる社会、を具体的に明記することが大切です。そのためには、”行動すること”以外、手段はありません。「気になる事があったらすぐにアポを取って詳しい人に会いに行く」「アドバイスをもらったらプランを整理し、何度も仮説検証を行う」このように行動することが自分のプランをより良いものにしてくれると同時に、思考力や知識量の向上など自分自身の力にも繋がります。つまり”行動力は他の力の成長にも繋がる”ということです。NESで獲得できた行動力はこれからの活動にも役立っていくと確信しています。

2つ目は、人脈です。NESの3ヶ月間で、多くの人との出会いがありました。起業家や投資家の方たちとの出会いは、新しい発見ばかりで私を大きく成長させました。その中には、1年経った今でもお世話になっている方もいます。そんな出会いや学びは普通の学校では経験できないことなので、高校生のうちにできて本当に良かったと思っています。また同世代との出会いも同様に私を大きく成長させました。志を持っている高校生ばかりの環境でこの子すごいな~と嫉妬する時もありましたが、それが原動力となり自分の力を大きく伸ばすことができました。明確な目標に向かって活動している学生と同じ空間で過ごす時間は、それ自体に価値のあるものだと確信しています。

私は2つ審査員賞を受賞しましたが、上記で述べた2点はどちらも審査員賞のことではありません。もちろん努力した結果が繋がり、賞を受賞できたことは、本当に嬉しかったです。しかし、NESで得ることができるのはそれだけではないのです。むしろ賞よりも価値のあることばかりだと思います。それは参加した人にしかわからないものです。

NESにゴールはなくスタートです。良いスタートをきれる力をNESで身につけることができると思います。

もしNESに参加していなかったら、きっと今頃「起業したいんだよね~」と言っている口だけの人になっていたでしょう。だからこそ、この貴重な機会を一人でも多くの中高生に届けたいんです。その機会を提供すると同時に、私自身も参加者と関わっていく中でさらに成長したいと思っています。参加者と運営の壁をなくし、お互いが高め合っていくような環境を作っていきたい。そのような強い思いを抱きながら、今回NES2019の運営代表を務めさせていただいています。全員が少しでも成長してNESを終えれるように、運営としての活動に励んでいきたいと思っています。

よろしくお願いします。

▼これまでの活動

NESでは、「高校生が社会に触れる機会」を増やすために、毎年たくさんの起業家の方々に講演をお願いしています。 

【今年度講演予定者】

・堀新一郎様(YJキャピタル 代表取締役社長)

・英語のそーた様(英会話OneWay代表)   など

【過去講演者】

・堀江貴文様
・川上量生様(株式会社ドワンゴ代表取締役会長)
・伊勢谷友介様 など、その他多くの起業家・投資家の皆様

ゲストとして講演をお願いする方も、高校生&大学生運営メンバーでアイディアを出し「この方ぜひゲストにお呼びしたい…!」と思った方々を、自分たちでTwitterのDMを送ったり、お問い合わせフォームから連絡を取ってみたりと、体当たりで0から企画・運営をしています。

また、NESに参加したことをきっかけに起業をしたという、NES卒業生の起業家は約20名います!

NES卒業生がプレイベントや本講座などでゲスト・メンターとして参加することも多くあり、縦の繋がりもNESというコミュニティの中で築くことが出来つつあります。

これまでお世話になったメンターの皆さまやVCの皆様のご協力により、若手のスタートアップにおける登竜門的存在のビジネスコンテストとしての地位を確立してまいりました。

 

●NESを卒業した現役起業家・活動家

・一般社団法人ふろぷろ-全国FROM PROJECT 増渕翔

→1995年生まれ。NES2013卒業生。現在は慶應義塾大学に在学する傍ら“ふろぷろ”(一般社団法人 全国FROM PROJECT)という、カリキュラムデザインを通じて「学びのオープン化を目指す」チームの代表理事を務めています。


・株式会社DiverFront 高野悠

→1996年生まれ。通称板前。NES2015で優勝したことをきっかけに株式会社DiverFrontを立ち上げ起業。婚活情報比較サイトAmoreの運営を主な事業として行なっています。

 

・合同会社Amoride 杉田翔栄

→2000年生まれ。通称ダルビッシュ。NES2017で優勝したことをきっかけに合同会社Amorideを立ち上げ起業。現在はブロックチェーン関係の事業を立案中です。慶應義塾大学法学部に在学中です。


▼意欲ある高校生に優勝賞金を渡したい!

今回のクラウドファンディングで募る50万円は全額、結晶大会における優勝賞金100万円の一部として使わせていただきます。
今年度は運営の頑張りもあり、企業様からの協賛で既に50万円程を集めています。
しかし、結晶大会の会場費や設営費、運営の交通費等を考えますと、あと50万円がどうしても必要です。
皆様のお力をどうか貸してください。


▼リターンについて

3,000円
運営メンバー・参加者からのサンクスレター(メールにて)をお送りします!

5,000円
結晶大会での、前方の座席をご用意致します。

10,000円
・決勝大会終了後の参加者&運営の打ち上げへの参加権利(任意)
・運営メンバー・参加者からのサンクスレター(メールにて)

30,000円

・NES2019結晶大会にて、お名前掲載!

50,000円
・NES2019結晶大会にて、お名前掲載!
・運営とのお茶会をセッティング

※お食事代のみこちらでご負担いたします。
※場所は都内で、こちらで候補を出せていただきます。

100,000円
・NES2019の決勝大会にてお名前掲載
・受賞チーム・運営とのお食事会をセッティング

※お食事代のみこちらでご負担いたします。
※場所は都内で、こちらで候補を出せていただきます。

200,000円
個人・企業様向け:結晶大会におけるスポンサー賞設置

結晶大会にてスポンサー賞を授与することができます。


▼最後に

「中高生が社会について考えて、何か意味があるのだろうか?」

こんな疑問を投げかける方がいるかもしれません。しかし、これから先の未来を切り開いていくのは、今を精一杯生きる彼らのような若い世代です。日々複雑化していく社会において、既知の学問をよく習得できる人材だけでは不十分なのです。新しい状況を的確に理解し、最適な状況を作り出すための技術や組織の設計ができる人材が必要とされてくるのではないでしょうか。

NESでは、中高生たちに事業計画を机上の空論として終わらせるのではなく、それを現場で実践し、積極的に社会に関与していくマインドと行動力を求めています。3ヶ月が経過すると、そこにはこれまで何も知らなかった、動くことのできなかった自分の姿はありません。常に自分の考えや行動を自覚し、たゆまぬ「自己の再編成」を続ける姿勢を、一人一人が身に付けているのです。


*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

*掲載した写真に写る方には、掲載許可をいただいております。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください