今まで語られなかった日本人のための英会話習得方法。日本人は、長く、英語圏外の外国人のための英語勉強法で学んできた。日本人は、外国人ではありません。日本人のための英会話勉強法解説 (外国人の思考習得+日本人にできない発音習得)

プロジェクト本文

英国ケンブリッジ、クック英語学院留学。米国テキサス、HCJカレッジ卒業。

BBS英会話マスター。喜多弘三郎


私は、BBSの喜多です。英会話習得のためもあって、英国や米国で勉強をしてきました。

英語が全く苦手であった私が、沢山の英語勉強法を試みましたが、ダメでした。そして、試行錯誤を繰り返し、日本人と外国人の理解方法が異なっていることに焦点を置き、勉強法を考えた末に、英語が解るようになりました。学生時代の英語苦手の私を知る友人であれば、私が出来たのだから、だれでもできると確信するでしょう。英語が全く出来なかった私であるから、寧ろ説得力があります。この勉強方法で英語は、話せるようになる。

外国に行ったからと言って英語ができるわけではありません。良く知られていませんが、沢山の日本人が英語が出来ずに外国で生活し、帰国します。

英語にチャレンジしている者のみが、英語が話せることが解りました。日本でも、話せるようになる方法で学べば、英語が話せます。

何の対策もなく、直ちに、DVDの英語を聞いたり、重要フレーズを勉強しても、残念ですが、効果はありません。英語勉強に入る前に、日本人にはするべき工程(ハードル)があります。この工程(ハードル)を抜きにして、日本人には英語は上達しません。

このことを確認することが、大変日本人にとって英語を勉強する上で重要になります。

実際の英語を勉強する前に、英会話上達の方法を解りやすく説明する。それには、何故日本人が英会話を苦手とするのかを説明し理解してもらうことが重要です。十分理解し、納得したうえで、初めてその問題点を克服する勉強法へと進めるのです。日本人の問題点を明らかにしないで、勉強をするから、英語は入ってこないのです。日本人の思考パターンで幾ら英語を勉強しても、英語は上達しません。

間違った方法では、必ず迷路に導かれて、挙句の果てには、自らの英語センスのなさを後悔することことになります。BBS英語勉強方法で必ず英語が伸びることを紹介したい。

日本には、沢山の英会話勉強方法があります。残念ながら、私も試みましたが、そのほとんどが、昔ながらの勉強方法で、効果が殆どありませんでした。返って勉強をして、後悔することもあります。

例えば、

・このDVDで英語を聞けば、英語がマスターできる。

・英会話のこの20のフレーズで英語は、心配ない。

・外国人による英会話。

基本的に、日本人が何故英語が苦手であるかの説明もなく、理解もなく。問題点を絞らないで、英会話勉強にそのまま入って、勉強をするのは、無謀です。

日本人と英語圏外の外国人の勉強方法は異なっているはずなのです。

英語圏外の外国人に英語を教えるように、日本人に英語を教えても、効果はありません。

今やられている日本の英語勉強は、殆どが外国人の為の英語勉強方法です。

日本人の為の英会話勉強が必要なのです。

それは、日本人と外国人の思考パターンが異なるからです。

先ずは、日本人と外国人の思考パターンの違いを説明して、日本人思考を横に置いて、外国人思考で勉強をする習慣作りから始めます。英語は英語で勉強する。

日本人以外 外国人思考は、殆ど同じ思考パターンで行われます。

外国人が英語をより早く習得できるのは、母国語が英語の外国人と同じ思考パターンであるという、要因があります。日本人は違うのです。外国人が同じような思考パターンで考える習慣作りを、簡単な英会話を通して、習得することが重要です。習慣は3カ月くらいで身に付きます。外国人と同じ思考のパターンを習慣づければ、後は単語を増やせば、増やすほど英語の上達が進みます。

外国人思考と日本人思考の簡単な違い例を説明します:私は、犬が好きです。

日本人は、私は、と聞くと、その後の推測が付きます。私は、何ナノ。そこで、犬が、と来れば、犬が何ナノと、その後に来る言葉を、次々に推測が可能です。そこで、好きです。が最後に来て、納得となります。これが日本人の思考パターンです。

英語思考パターンでは異なります。:I (私)dog (犬)like (好きです。)

日本語思考パターンでは、I dog like.で、解りそうですが、英語思考パターンでは、I ( 私は)で、I がどうしたのとなって、dogが来ると、私は犬なの?、その犬の私がどうしたの、と思考が進み、likeでその犬の私が、好きなのね。そして、何が好きなの?と次の言葉を待つことになります。いくら待っても日本語では、完結しますので、出てきません。

日本語思考と英語思考のパターンは異なります。日本人が、英語思考のように、理解できれば、英語はそう難しくないものになります。その克服は、習慣です。日本人が日本語をマスターしたように、英語もマスターできます。英語思考の習慣を付ければよいのです。

そして、又日本語にない発音の習得も重要です。本だけでは発音習得は無理です。

英会話を聞くだけでは、日本語にない発音は、マスターできない。元々日本人には、持ち合わせていないのですからね。

日本語にはない発音の英語はそれほどありません。心配いりません。

私のように英語を勉強するほど、英語が全く分からなくなった日本人は、沢山いると思います。

一人でも多くの日本人に、英語勉強が確実に身になる英語勉強法を伝えたい。


色々な大阪の図書館で私の英語勉強法を試しました。

先ずは、何故日本人が英会話を苦手とするのか。

それは、日本人の思考パターンと外国のそれは、異なることの説明を重点的に行ってきました。問題点を絞って、簡単な英会話で、問題点克服を試みます。英語思考パターンに慣れる練習です。

日本人思考を横に置き、外国人の思考パターンの習慣作りによる英会話習得訓練です。英会話思考習慣作りが大変重要です。日本語思考では、英語は上達しません。ダメなのです。

それと、日本語にはない発音の克服です。日本語にはない発音は大体、下記のものです。

F/ R/ V/ W/ TH/ SH に母音a,e,i,o,uの発音練習。

集中的にこの2点を試みることで、上達します。

英語を勉強したが、ダメだと云われる青年や中年又はお年寄りに、教えてきました。勉強方法さえ間違えなければ、英語で質問をしても応えられるように、日常会話はできるようになります。後は、各自のさらなる努力で上達が進みます。英会話上達の基本を徹底的にマスターする。英会話は、単語や文章を覚えるのではなく、新たに英語思考パターンに挑戦、習得することが重要です。

先ずは、手持ちの日本語の考え方の頭では、英語をいくら聞いても、英語習得は無理です。

日本語が解らなかった日本人が日本語を話せるような習慣作りをしたように、今度は日本人が、英語が話せる習慣作りをする。英語思考に立つ、英語勉強が大切です。

そして、正しい英語の発音を習得する。後は、正しい発音の単語を少しづつ増やせば、表現が拡がります。

資金調達で、書籍製作(80ページ程)や、ビデオ製作(45分程度)に掛かります。書籍制作費に40万円、ビデオ制作費に80万円を考えています。その他、諸費用40万円、CAMPFIRE,リターン製作送料等です。

資金調達が出来れば、5月には、書籍制作に入り、大体の構想は進んでいますので、6月には完成させて、7月8月ぐらいで、ビデオ制作を完成させる計画です。今のところは、今回ご援助いただける方々も、その成果を自らが体験を望んでいることと確信します。

今のところ、完成する書籍及びビデオ提供と、勿論、学習の過程でのご質問ご相談、フォローは、その支援者と一緒に進めてと考えています。丁寧に対応させていただきます。

書籍及びビデオ製作に大体5か月から半年を目標に完成する予定です。


英語が苦手で、英語に劣等感を持った私でも、方法さえ間違えなければ、英語は必ず習得できます。

だって、外国では、子供でさえ英語を話しているのです。

日本人の為の英会話勉強があるはずです。その方で進めば、必ず英語は物になります。

難しい事ではありません。英会話の勉強方法さえ間違わなければ、画期的に英語が身に付きます。


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはできません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください