プロジェクト本文

阪神淡路大震災から20年目を迎える神戸。
震災から立ち上った神戸の明るい未来を
MERRY PROJECTは、笑顔で応援するため、
1.17に「MERRY IN KOBE 2015」を開催いたします。

これまでのMERRY IN KOBE

02_kobe

2001年
阪神大震災から6年。神戸からありがとうの笑顔をみんなに。
阪神大震災時に寄せられた支援に対する感謝の気持ちを、
笑顔で発信しようということで、「神戸21世紀・復興記念事業」の一環として開催された「Merry in KOBE 2001」。
神戸で撮影された500人近いMerryな笑顔の写真が手書きのメッセージとともに、
神戸ハーバーランドオーガスタプラザの全館やJR神戸駅 を飾りました。
会期中は来場者の笑顔を撮影。大型プリンターを使用し、
その場でプリントされた笑顔もオーガスタプラザに掲出しました。

02_kobe02

2002年〜2003年
阪神・淡路大震災から7年。神戸は、全国・全世界から…
多くの支援により、2002サッカーワールドカップを開催できるほど元気を取り戻しました。
そして、「これまでのご支援に対する感謝の気持ち」、「復興へ歩むまちのエネルギー」を、笑顔を通して表現する「Merry in KOBE 2002」がデュオドームをはじめ市内各地で開催されました。
サッカーワールドカップ開催にあたり神戸市に訪れる方々を笑顔で迎えようと、
子どもからお年寄りまで約200人の神戸市民の笑顔のポスターをJR神戸駅前の地下「デュオドーム」にて一堂に展示。その他、ワールドカップ開催中には歓迎の意を込めて、市内のターミナル・新長田南 再開発工事仮囲い・KOBEサポーターズヴィレッジ(三宮)でも展示しました。

03_kobe

03_kobe2

2011年1月9日
阪神淡路大震災からの復興を記念し、2001年~2003年に神戸市民の笑顔を紹介したイベント「MERRY IN KOBE」から10年。
復興の笑顔に再会。当時4歳だった穂花ちゃんは、
中学2年生の14歳に成長していました。
笑顔の傘を穂花ちゃんに見せると、懐かし ながらも恥ずかしそうにニコニコと笑って、「将来は看護士になりたい」と夢を語りました。

04_kobe

2012年
東北地方を襲った東日本大震災から1年。
阪神・淡路大震災で被災した神戸市内で11日、東日本大震災の被災地と結ぶ催しが行われました。神戸震災復興記念公園「みなとのもり公園」ではかつて同じように被災し、助け合い、笑顔溢れる復興を果たした神戸の人達が、東北に向けてMERRYを発信しました。

05_kobe

2013年
東北の復興と未来への希望を願い、阪神淡路大震災を乗り越えた新長田の街でチャリティーフェス「LOVEフェス3.11」を開催。
震災のあった14:46には黙祷を捧げ、笑顔の傘を会場で広げて、
神戸から東北へ復興の願いと未来への希望を発信しました。

06_kobe

2014年
震災から3年目のLOVEフェス3.11開催。東日本大震災を経験した東北、阪神淡路大震災の起きた神戸、インドネシアのバンダアチェ、中国四川省などの被災地の子どもたちの笑顔が広がりました。
復興のシンボル鉄人28号のガッツポーズと一緒に
会場のみんなで笑顔を発信しました!

そして2015年…
震災から20年が経つ神戸の街で、MERRY PROJECTを開催します。

イベント概要

「MERRY IN KOBE 2015」
日時/1月17日(土) 5:30〜、9:45〜
会場/ 大正筋商店街 下の町 ステージ・新長田駅前周辺
主催・企画/MERRY PROJECT
協力/大正筋商店街・新長田まちづくり株式会社
※ このイベントには、パトロンの方も一般の方も自由に参加可能です。
是非、みんなで一緒に笑顔の傘を開きましょう!

プロジェクトの流れ

taishosuji_merry

merrywalk

07_kobe

08_kobe

1)MERRY UMBRELLA & MERRY WALK
神戸・東北・世界中の被災地の子どもたちの笑顔の傘を開き、未来への希望を笑顔で、世界に発信します。また神戸・新長田の街を、笑顔の傘を差して歩く「MERRY WALK」を開催し、街中にも笑顔を広げていきます。
(2001年2002年に笑顔を撮影した人たちを招待して、13年前の自分の笑顔の傘を開いてもらう)

ezara01

ezara02

2)MERRY WORKSHOP
「笑皿」は、生活の中にある身近な素材を再利用して「笑顔」を表現する紙皿アート。神戸の子どもたちから、福島の子どもたちに向けての復興への想いを「笑皿」に込めて作ってもらいます。みんなで新長田の街にどんどん笑顔を増やそう!

ezara03

ezara04

3)笑顔あふれる新長田
新長田の商店街に、福島の子どもたちの作った「笑皿(笑顔をテーマにした紙皿アート作品)」に込められた復興への想いを展示するとともに、MERRY PROJECTがこれまで取材してきた神戸の笑顔も各店舗に展示。新長田の街を笑顔・笑顔で埋め尽くします。

soup_love soup_peace soup_smile

soup3 soup_4

4)MERRY SOUP
MERRY PROJECTは、神戸のレストラン「世界のごちそうパレルモ」とコラボレーションし、阪神・淡路大震災20年チャリティスープを販売することになりました!
<私たちが考えた、世界をMERRYにする3つのカラーとキーワード>
■「LOVE」赤色 相手を思いやること ※オレガノ…気持ちを落ち着かせる
■「PEACE」緑色 相手を認め受け入れること ※クミン…消化を助ける
■「SMILE」黄色 相手に興味を持ち、知ること ※シナモン…脳の認識機能と記憶力を高める

「パレルモ」のシェフ本山さんからのメッセージ
来年2015年は阪神・淡路大震災後20年になります。
震災を忘れないように、毎年、笑顔の傘を広げ「神戸は元気だよ!」
と発信してくださっている方がいます。
「MERRY PROJECT」を行っている水谷孝次さんです。
水谷さんは、世界にも通用するデザイナーで、アートディレクターでもあります。北京オリンピックの開会式 でも、笑顔の傘を広げるパフォーマンスをされました。

笑顔のアートでMERRY(幸せ・楽しい・夢)を届ける

「MERRY PROJECT」を応援するために、世界のごちそうでMERRYを願う、
私シェフ本山尚義がコラボレーションをお願いし、
チャリティスープが誕生しました。

私たちは、世界をメリーにする3つのカラーを考えました。
赤「LOVE」緑「PEACE」黄色「SMILE」心を込めて作った3種類のスープを味わって、MERRYな気持ちになってほしいという想いが込められています。

神戸が、日本が、世界が笑顔になるための
「MERRYな味」を、ぜひ味わってみて下さい!!

kobe1995_01

kobe1995_02

kobe1995_03
▲1995年 COME TOGETHER for KOBE がんばろう神戸 のための3点シリーズポスター

皆様から寄せられた支援金について

パトロンのみなさまにいただいた支援金は、支援いただいたお金は、材料費・送料などすべてこのイベントの為に使わせていただきます。このプロジェクトは、日本全国のみなさんにも参加していただけるプロジェクトを目指しています。リターンの中には、実際にこのプロジェクトに参加できるものも用意しております。一人でも多くの皆様の参加をお願い致します!

MERRY IN KOBE に参加できるリターンもご用意!
・パトロン限定/イベントレポートをウェブから見ることができます。
・サポーターとしてのあなたの名前をウェブサイトにいれさせていただきます
・MERRY PROJECT の笑顔と平和と環境のメッセージブック「地球はメリーゴーラウンド」
・がんばろう神戸!笑顔の写真集「MERRY IN KOBE」
・食べたら元気になる!笑顔のチャリティグルメMERRY SOUP。
・世界の子供たちの笑顔がプリントされた“MERRYミニ傘”
・お好きな写真を使って、あなただけの“笑顔の傘”を制作・プレゼント致します。
・あなたの街で MERRY PROJECTを企画しませんか?

farmingkit merrysoup
▲Merry Farming KitとMERRY SOUP(LOVE・PEACE・SMILE)

merrygoround kobebook

▲笑顔と平和と環境のメッセージブック「地球はメリーゴーラウンド」(左)
▲MERRY IN KOBE の本は、現在手に入りづらい神戸の笑顔の写真集!(右)

miniumbrella miniumbrella2
▲世界中の子どもたちの笑顔がたくさんのプチアンブレラ(左)
▲あなたのオリジナルプチアンブレラも!(右)

MERRY PROJECT とは?

全体のアートディレクションを務める「MERRY PROJECT」は、
「笑顔は世界共通のコミュニケーション」をテーマに、MERRYの輪を広げていく
コミュニケーションアートプロジェクトです。
これまで世界28カ国、4万人以上の笑顔とメッセージを集めてきました。

MERRYPROJECTはこれまで沢山のプロジェクトをやってきました。ラフォーレ原宿、ロンドンのセルフリッジ、震災後の神戸、9.11後のNYなど 笑顔が必要な沢山の場所で笑顔いっぱいのプロジェクトを成功させています。近年は地球サミットのリオデジャネイロ、ロンドンオリンピック時のロンドン、昨 年洪水の起きたタイ・アユタヤ遺跡、サイクロンの起きたミャンマーでも笑顔の傘を咲かせてきました。

beijing
▲北京オリンピックでは2008年にちなんで2008本の笑顔が咲いた

london
▲ロンドン五輪に合わせ、東北の子どもたちの笑顔が「ありがとう」のメッセージを発信

ayutaya
▲宮城・東松島の笑顔をタイ・アユタヤの子どもたちが開いた

myamar
▲ミャンマーでは孤児院、寺子屋を周り笑顔で勇気づけた

MERRY SMILE ACTION とは?

被災地の子どもたちに希望の笑顔を咲かそう。
MERRY PROJECTは3.11以降、東日本復興支援プロジェクトとして
「MERRY SMILE ACTION」を立ち上げ、福島県いわき市、
宮城県東松島市、岩手県陸前高田市をはじめとした各地で支援活動を実施。
子どもたちの笑顔の力による被災地復興を目指しています。
MERRY PROJECTは、笑顔という表現のもと、人々の思いをカタチにします。

fukushima01
▲「ふくしまっ子10万人の笑顔プロジェクト」では、福島県内の小学生10万人が笑皿を制作。世界に「笑顔」発信しました!

iwaki
▲笑顔のまちづくりとして、いわき復興のメッセージを笑顔と一緒に発信するために、笑顔の傘で世界最大のMERRYなクリスマスツリーを完成させました

tokyo
▲これまでもチャリティイベントで笑顔の花を咲かせてきました!

この笑顔は、中国・四川省、インドネシア・スマトラ島、
そして日本・東北地方で被災された子どもたちの笑顔です。
子どもの笑顔は大人も元気にしてくれる希望の光。
だからひとつでも多くの笑顔を咲かせる支援をしたい。
私たちは笑顔の力と日本の力を信じています。

MERRY PROJECTからのメッセージ

mizutani 2

  • 2015/01/22 20:38

    MERRY IN KOBE 2015についてのMERRY NEWSレポートを更新致しましたので、是非みなさんご覧下さい。 早朝から夜まで1日の写真をはじめ、360度動画や映像など、ボリューム盛りだくさん!http://www.merryproject.com/news/2015/01/3571/

  • <iframe width="560" height="420" src="//www.youtube.com/embed/OZmirhAmSKY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
    2015/01/19 00:36

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 2015/01/08 21:37

    現在、2001年、2002年に開催したMERRY IN KOBEに 参加していただいた皆さんにご連絡し、イベントへの参加を呼びかけています。 既に何人か参加表明をいただきましたので、 当日、笑顔の再会、笑顔の同窓会になりそうです!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください