大切なペンを持ち歩くのに最適な干渉防止ロールペンケース。ケースを開けば一目で道具の収納場所が分かり探す手間も不要です。お洒落な大人に欠かせない必需品です。そんなロールぺケースをインドネシアの革職人が特別な革を使い手作りで仕上げた逸品をご提供いたします。

プロジェクト本文

ご挨拶

スラマッシアン!(インドネシア語のこんにちは)
初めまして、W-BAHAGIAとしてプロジェクトを立ち上げました、吉岡辰憲と申します。
このプロジェクトではインドネシア産の牛レザーを100%使用した、高品質のロールペンケースをご紹介させて頂きます!


ブランドコンセプト

W-BAHAGIA(ダブル バハギア)

Wは和製英語で「ダブル」、「BAHAGIA」とはインドネシア語で「幸せ」という意味です。
商品を作った職人、商品を受け取ったお客様が、お互いに幸せになれることをモットーにするため、
ブランド名を「W-BAHAGIA」に決定しました。


背景

私は学生の頃、友人の留学生インドネシア人から聞いた文化や習慣などに興味があり、大学卒業後インドネシアに3年間滞在していました。滞在中の3年間で、様々な伝統技術に触れてきました。

インドネシアの自然豊かな広大な大地です。天然資源の豊富な国です。

職人達はすばらしい技術を持っている一方で、この国は腐敗した政治により、まだまだ経済格差も大きく、援助で解決できる問題ではないことを実際に見て知りました。
また今後は海外からの大量生産品の波にのまれ、この技術が廃れていくことも危惧していました。

そんな中、「自分にできることは何か?」と考えた時、伝統技術を始めとしたモノづくりの多様性を維持するため、モノづくりを通じて世界にインドネシアの可能性を伝えることにしました。
この現状を変えることができるのは、援助でもなく、政治でもなく、消費者として職人を支えることです。
そこで、この持続可能な事業として、このプロジェクトを立ち上げました。


プロダクトのご紹介
インドネシア産「クレイジーホースレザー」を使用した「ロールペンケース」

∵クレイジーホースレザー

クレイジーホースレザーとは馬革のことではありません。
品質の良い原皮のみを使用し、植物性タンニン鞣し加工をされた革で、その革の表面にヤスリで凹凸を付け、オイルを染み込みやすくする製法で作られたレザーのことです。

今回ご紹介するロールペンケースは、牛革のクレイジーホースレザーから作られた商品です。
革の表面に特別なワックスでなめらかさと贅沢なビンテージ感を作りあげた「高級革」で、他にないマットな質感と深みのある色合いが特徴です。
最初はマットな質感ですが、磨けば磨くほど光沢が増していきます。
使い込むほど飴色に変化し、自分だけの特別な革が生まれる経年変化を楽しめる逸品です。

また植物性タンニンで鞣された革は、完全に成分分解可能な自然に優しい上質な天然皮革であり、環境保護の観点からも主流になっている素材です。
しかしこの製法は、一般的に化学物質を使うクロム鞣しに比べ、非常に手間がかかり、コストもかかるため、普及率は革市場の2割程度と言われています。
さらにクレイジーホースレザーに仕上げるための手間、コストを加えると、とても希少な革と言えます。


∵ロールペンケース

ロールペンケースとは、ロール状に巻くことができるペンケースのことで、ペンが互いに擦れて傷つくことを予防でき、高級筆記用具の収納に使われる方も多いです。
またケースを開けばどの道具がどこにあるか一目瞭然で分かり、探す手間もなく筆記用具の整理整頓ツールとしてとても有能なものです。

ビジネスシーンにも使うことができ、お洒落で周りと差をつけることができます。
お客様の用途によってはペン以外にも収納できるものが多々あります。
例えば、プルームテック(加熱式タバコ)の本体や付属品の収納にも使用することができます。


ディテール

ポケット5つ+大型ポケットがあり十分な収納能力です。
落下防止フラップによりペンが落下することなく、接触による傷つきも防止します。
サイドの大型ポケットに、ものさしや消しゴム、附箋なども収納可能です。

通常ロールペンケースは巻いた状態ではペンを取り出すことが出来ない構造ですが、急ぎのシーンでもペンケースを開くことなく上からすぐにペンを取り出せる専用ペンホルダーを採用しました。

素材がクレイジーホースレザーですので、他にないマットな質感と深みのある色合いが特徴です。
革の手触りがよく、しっとりとした質感です。
使い込むほど艶が増し、自分だけの特別な革が生まれる経年変化を楽しめる逸品です。


こだわり

∵契約工場の職人による手作り

植物性タンニン鞣しの工程後、クレイジーホースレザーに仕上げ、職人が一つ一つ丁寧に加工し、製品化します。


製品情報・仕様


メンテナンスについて

メンテナンスを行うことで、革の乾燥や傷つき防止などの効果があり、より美しい革の経年変化を楽しむことができます。

メンテナンスを行う目安は、手で触れてカサツキを感じた時です。
まるで人の肌のようですが、そこが天然の革の面白いところであり魅力です。
触れて、お客様の革製品に合ったタイミングを見つけてください。

簡単なメンテナンス方法をご紹介します。

①ブラッシングする
最初は馬毛ブラシなど毛先のやわらかいブラシでほこりを取ります。
強く押し付けたりせず、優しく撫でるように行います。
縫い目部分は特に汚れがたまり易いので、丁寧に行うのがポイントです。

②オイルケア
革専用のオイルを1円玉くらいコットンなどのやわらかい布にとったら、さっと全体に馴染ませます。
付け過ぎるとシミの原因にもなりますので、あくまで薄く、手早くやります。
その後、一時間程日陰に置いて、しっかりオイルを革に馴染ませます。
最後は布で全体を乾拭きして完了です。

時間の経過とともに劣化するのではなく、変化してゆく革製品。
未来の自分に、少しでも美しく、上質なものを手渡せるように。
休日の空いた時間にでも、ぜひ、試してみてください。


ご注意!

・通気性の良い場所に保管してください。
・日の当たらない場所に保管してください。
・水に濡らさないようにしてください。
水に濡れた場合、すぐに乾いた布で拭き取ってください。激しくこすると革の表面が傷んでしまいます ので、布を押し当てて水気を吸い取るようにしてください。

天然皮革のため、革全体に小傷・小皺・若干の擦れ・色むら、製造工程での微量のボンド汚れなどが見受けられる場合がございますが、不良品ではございませんので予めご了承ください。

クレイジーホースレザーならではの、革本来の自然の風合いが活かされており、お使いになるほどにご自分用に馴染み、独特の色や味わいの変化を楽しむことができます。


リターンについて

「W-BAHAGIA」のロールペンケースとなります。
リターン発送時にはペンケース内側のヒモ通し穴付近に、文字サイズ4㎜程度で「W-BAHAGIA」の刻印を行います。

クラウドファンディング限定で本来の販売価格から先着で、割引をした金額でご提供させて頂きます。
・先着10名様限定 10%引き 通常価格3,000円→2,700円
・先着10名様限定 2個セット 15%引き 通常価格6,000円→5,100円
・先着30名様限定 CAMPFIRE限定価格 5%引き 通常価格3,000円→2,850円
・通常価格→3,000円
・2個セット→通常価格6,000円

※すべて消費税・送料込みの価格です。


資金の使い道

・リターン製品の製造費用
・今後の商品開発のための技術開発費用

お求めやすい価格を実現するため中間業者を通さず、価格を最小限に抑えています。
また一般的な状況と比べて、職人に利益が行き渡るように配分調整をしました。

人件費:約1.8万円
材料費:約3.0万円
送 料:約2.4万円(インドネシア→お客様)
関 税:約0.6万円
手数料:約2.2万円(CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料)

合 計:約10万円


チームの紹介

プロジェクトに賛同してくれた職人達の皆さんです!!

左から、イインさん(職人)、ディックさん(工場責任者)、アデさん(職人)、ペルキさん(職人)、
ヤディさん(職人)、デニさん(職人)、ヘルさん(職人)、アルディーさん(デザイン担当)

とても明るく良き理解者です。彼らなくしてこのプロジェクトが始まることはありませんでした。
すばらしい職人達です。


このプロジェクトで実現したいこと

インドネシアの伝統技術を足元から支えることです。
モノがあふれているこの時代だからこそ、モノの価値が試されます。
職人による、「 Made in Indonesia」のすばらしさを、ぜひ皆さんの手で実感して下さい。
まだ活動は始まったばかりですが、皆さんからのご支援がこの活動の第一歩となります。

どうぞご支援の程よろしくお願いいたします!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 活動報告

    進捗状況報告②-2

    2019/04/17 19:40

    予想以上のご支援を頂き本当にありがとうございます!ご満足頂ける商品をご提供できますよう誠心誠意努力して参ります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。W-BAHAGIA 吉岡

  • 活動報告

    進捗状況報告②-1

    2019/04/17 19:32

    ペンケースの製作が始まりました!

  • 活動報告

    御礼:目標達成!!

    2019/04/13 16:14

    ご支援者の皆様おかげさまで4/11時点で支援額が目標の10万円を達成することが出来ました。その後もご支援いただきまして、4/13時点で36名様のご支援により、121%の達成状況となっております。関係者一同本当に感謝しております。また暖かい応援メッセージは、励みにさせていただいております。進捗状...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください