北海道ブラジル100年を祝い、ポルトガル語と日本語で歌う北海道とブラジル100年を祝う歌を、CDを製作してブラジルの北海道協会の皆様にプレゼントしたい。 ◆若本香織(北海道在住)がブラジルで現地ミュージシャンとレコーディング、CD制作 ◆CDをブラジルの北海道協会へ寄贈(目標枚数100枚)

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

北海道在住、WEBクリエイターで小さな実業家でボサノバ・サンバシンガーの若本香織です。

20年前、大学を卒業したばかりの私は、私生活でも社会生活でも生きづらさを感じ、習慣や環境、言葉も文化も異なる、地球の反対側のブラジルへ旅立ちました。
「普遍的な何か。」を見つけられるのではないかと思ったのです。

ブラジルでは、自分に素直に正直に、今を精一杯生きようとする方々がとても魅力的に見えました。
中でも、北海道から移住した先祖を持つ日系人の方々との出会いは衝撃的でした。
同年代でも、自分にできることを積極的に見つけて仕事にして活躍されている方が多く、
「どうして自分で仕事をはじめようと思ったの?」と聞くと、
「親も、おじいちゃんもおばあちゃんもそうしてきたから。私も何かしたいと思って。」
と自然に話してくれました。

この時はじめて、今から100年前に北海道ブラジル移住がはじまったこと、北海道を開拓し、さらにブラジルに渡って人生で2度も開拓を経験された方がたくさんいたことを知りました。

ブラジルには、北海道に先祖を持つ日系の方々がたくさんいらっしゃり、サンパウロにはブラジル北海道協会という大きな会館にたくさんの方が集まり、日本の文化を楽しまれています。
けれど、北海道ブラジル移住が始まったのは100年も前のことで、北海道に親戚や家族もなくつながりに実感を持てない方も多くいらっしゃいます。

親しみを感じる日本の文化、その故郷である北海道につながりを感じられないのは、寂しいことです。
私にも何かできることはないかとずっと考えていました。
そこで昨年、「北海道ブラジル100年を伝える!お祝いする!」と一人で決意し、北海道とブラジルを歌うサンバを作曲して歌い始めました。
「北海道ブラジル100年。100年たっても、遠く離れていても北海道愛はつながってる。」

この歌を、99年前に先祖が北海道から移住したという日系ブラジル人ミュージシャンKaká Nomuraさんに聞いていただいたところ、こんな言葉をいただきました。

「自分の先祖は北海道出身だけれどもう100年も近く昔のことだから親戚もいないし実感もない。
小さいころから、ブラジルでは日本人といわれ、日本に仕事に行けばブラジル人といわれ問題を抱えてきた。
けれど、今この曲を聴いて、魂が救われたようだ。
心からありがとう。」

そして、私の作曲した曲にポルトガル語の歌詞をつけて歌ってくれました。

「Hokkaido Brasil 100 anos」作詞:若本香織・Kaká Nomura 作曲:若本香織

日本語で表現した思いを、ポルトガル語で説明して、ポルトガル語の歌詞にしていただく作業はとても根気のいる作業でした。
先祖が北海道でつながっているとはいえ、育った環境も宗教観も違う。
一つの言葉がつたわらない日が何日も続くこともありました。
言葉を変え、表現を変え、ずっとその奥のつながっている同じ思いに気づいたり、それを見つけていく作業の繰り返し。
何度も「もうだめかもしれない。もともと無理だったんだ。」とあきらめかけましたが、それでも続けられたのは、「北海道とブラジルのつながりを音楽で表現したい。」という共通の思いがあったからだと思います。

100年経った北海道とブラジルに生きる今の私たちが、お互いを知ること、理解しようとすることの入り口を見つけたような気がします。

ポルトガル語と日本語で歌うこの曲は、きっとたくさんの人の心に届いて、思いを共有し北海道とブラジルのつながりを実感できる音楽になることでしょう。

北海道ブラジル100年。
これからの私たちの未来へ、この歌が、この思いが届きますように。

「普遍的な何か。」を見つけられたかどうかはまだわかりませんが、
「今自分にできることを精いっぱいやってみる、それを責任と覚悟をもって挑戦する。」
ということに、喜びと幸せを感じています。


若本香織


このプロジェクトで実現したいこと

◆北海道愛をサンバで叫ぶ!

◆北海道ブラジル100年を記念する歌「Hokkaido Brasil100 anos」レコーディングとCD製作
・Hokkaido Brasil 100 anos(作詞:若本香織・Kaká Nomura、作曲:若本香織)
 デモ演奏(若本香織・Kaká Nomura)
・北海道大好きサンバ(作詞:若本香織・Mary Hiro、作曲:若本香織)
 デモ演奏(若本香織)
・ブラジル日本おなじ時を(作詞:若本香織・Mary Hiro、作曲:若本香織)
 デモ演奏(若本香織)

◆CD100枚を目指し、ブラジル北海道協会へプレゼント
8月にブラジルサンパウロで行われる、ブラジル北海道100年記念式典翌日開催「北海道物産展」にて販売。その金額をすべてブラジル北海道協会へ寄付します。


資金の使い道

・北海道・ブラジルでのレコーディング費用 約35万円
・ミュージシャンへのギャランティ 約18万円
・CD製作費用 約18万円
・CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料 12%:約9万円
※ブラジル渡航費や滞在費などは含みません。



リターンについて

タイプ1 北海道ブラジル100年を一緒に祝うプラン:3000円 
・あなたのお名前をCDに記載させていただきます。(お申し込みの際のお名前をCDに印刷します。)
 または、名前を記載しないでのご支援もお受付いたします。
・あなたの名前が記載されたCDをブラジルに1枚プレゼントします。
 (お名前の記載を希望されない場合は記載いたしません。)
・Hokkaido Brasil 100 anos CD(販売予定価格1500円)をご住所にお届けいたします。(送料込み)
・別途システム使用料216円

タイプ2 CD購入プラン:1500円
・Hokkaido Brasil 100 anos CD(販売予定価格1500円)をご住所にお届けいたします。(送料込み)
・別途システム使用料216円

タイプ3 北海道ブラジル100年を一緒に祝い、プロジェクトを応援するプラン:10000円
・あなたのお名前とお祝いメッセージ(30文字以内)をCDに記載させていただきます。
 または、名前・メッセージを記載しないでのご支援もお受付いたします。
 メッセージ、記載名は申込時の備考欄にご記入ください。団体名での記載も可能です。
・あなたの名前とメッセージが記載されたCDをブラジルに3枚プレゼントします。
 (お名前・メッセージの記載を希望されない場合は記載いたしません。)
・Hokkaido Brasil 100 anos CD(販売予定価格1500円)2枚をご住所にお届けいたします。(送料込み)
・別途システム使用料216円


実施スケジュール

2018年9月 Hokkaido Brasil 100 anos作曲
2019年4月 北海道 レコーディング
2019年5月 ブラジル レコーディング
2019年7月 クラウドファンディング様向けリーターンCD発送開始予定
2019年8月 北海道ブラジル音楽祭 CD発売予定
2019年8月末 ブラジルサンパウロ 北海道ブラジル100年記念式典・北海道物産展 CD販売予定


最後に

「北海道愛をサンバで叫ぼう!ブラジルに届けよう!」

北海道ブラジル100年。100年たっても、遠く離れていても北海道愛はつながってる。
そして、これからの私たちの未来へこの歌が、この思いが届きますように。

若本香織


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください